現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月17日更新

【メンズファッション】シンプル、でもおしゃれなファッションを作る6つのコツ

2165 views

今年の春は、シンプルなファッションを楽しみたいと思っています。でもさりげなくお洒落を出したいのですがコツなどありますか。(大学3年生・男性)


今年も様々なファッショントレンドが提案されている中で、新しい着こなし方をするアイテムなども多くあり、自分らしいスタイルであったり、個性的なスタイルが出来ずに、どういう装いが自分には適しているのだろうと悩んでいる人も少なくはないはずです。

また、ノームコアやミニマルなど、シンプルなファッショントレンドも近年人気があるスタイルで、シンプルな中でも個性を見つけ出そうというスタイルに移行している人も世界では多くの人に見られていますね。

そこで今回は、シンプルでも、おしゃれなファッションを作るコツを見ていきます。

いかに、シンプルかつおしゃれなスタイルが何かを、「自分らしさ」を主として見ていければ、皆様の日々のワードローブの参考になるのではないでしょうか。

 

1.外側と内側を理解する





画像出典:Amazon

まずは、外側と内側を理解するということ。

表面的には、一番下のシャツや肌着は見えませんが、そこにある肌着とジャケットの関係や、シャツと肌着の関係など、見えないところにあるアイテムを理解していくことです。

現に、世界でもコーディネート数が圧倒的に少ない日本のルックと、イギリスなどは表面よりも裏地を大事にしているという文化もあります。

また、映画での衣装を決めるときでも、見えない下着に一番こってデザイナーが衣装デザインをしているという話もあります。

肌着がなければ、ジャケットはよりタイトに肌に密着するゆえ、ジャケットの着こなしの幅も広がる事です。

アメリカではジーンズの下に下着をはかないというのも、下着によるラインやデニムのシルエット動きやすさが変わってくるからでもあるのでしょう。

まずは、ジャケットを着ていて、下のシャツが首元・両袖・後ろ身頃の裾と、何箇所からどうみえているのか。

ジャケットを脱いだ時はどういうシルエットなのか。

それを意識するだけでも、着こなしに対しての姿勢が大きく変わってくるのです。

 

2.シャツは、袖を巻くって男らしさを(定型と変化に見えるコツ)





画像出典:Amazon



画像出典:Amazon

例えば、シャツの袖まくりは季節の変わり目や、その日の目的によってする事はあります。

ですが、シャツによって袖のまくり方でその印象はまったっく変わってきます。

男らしく腕や肌が見える事で、より男性的な着こなしは出来ますが、まくらない方が格好としても機能性として良い場合も あるのです。

 

3.アイロンの重要性(センタープレスに見る)





画像出典:Amazon

購入時には、綺麗だったアイテムも一度洗っただけで、しわくちゃになり全く違うアイテムになってあまり着なくなった。

という人も少なくはないはずです。

洋服に水と空気をアイロンで与えることで、生地が伸び綺麗に長く着れるのです。

お洒落な人は、アイロンやアイロン液にも拘っている人は多くいるのです。

 

4.パンツの丈感と裾感





画像出典:Amazon

パンツを選ぶ際に、試着してその時はよいと考えていても、合わせるアイテムや靴、洗うたびに履けなくなってくるアイテムもあります。

どういうときに、どういうアイテムと、どういう靴と履くかを購入時に考え、靴次第では裾を折るスタイリングが出来るように、裾に余裕のあるサイズ感のアイテムを選ぶという事も、おしゃれな着こなしをする上では必要なことです。

 

5.ソックスの重要性(見えない部分のアイテム)





画像出典:Amazon



画像出典:Amazon

ソックスは、シンプルでおしゃれなファッションをつくる重要なポイントです。

洋服を買うときに、ほとんどが立って鏡の前で試着しますが、一日の人の行動の中で、「座る」という行動も立つと同じくらいします。

当然、パンツの丈が短くなりソックスの一部がみえるでしょう。

その座っている場面さえもが、おしゃれの基準ではないでしょうか。

何も、立っているで見える部分に対してがおしゃれの基準ではありません。

 

6.下着の重要性





画像出典:Amazon

下着は、見えない部分(場所によっては見せてはいけない部分)ですが、下着も重要なおしゃれアイテムです。

おしゃれは当然見た目だけではありません。

肌を包む機能性 がそこにあるからこそ、おしゃれが成り立つことも、おしゃれに気を使っている人は理解しているのではないでしょうか。

例えば、シャツの下に肌着を着るのと着ないのでは、シャツスタイルが違ってみえる様に、パンツも厚さや生地感、色味によってその上にあるボトムの履きこなしが変わってくるのです。

白ボトムのときは、薄めの色で、スタイルが良く見えるスラックスの時は生地が厚いものだと型がつきますので、薄いものが理想でもあります。

下着の生地感一つでボトムをかっこよく履ける幅も変わってくるのです。

 

いかがでしたでしょうか。

シンプルに、おしゃれなファッションを作るうえでは、生活の中で立ったり、座ったり、動いたり、360度の角度から洋服を見ることが大切です。

また、見えないところこそ拘るのが、シンプルなファッションをつくる意があるおしゃれなスタイルになるのではないでしょうか。

 

2015年2月17日

written

by stylist-kuro


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop