現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月16日更新

ほっこり和食で彼の胃袋を掴んじゃおう!簡単レシピ10選

2607 views

付きあっている彼が和食好きなんです!簡単にできる和食レシピをおしえてください!(大学1年生・女性)


和食といえば何を思い出しますか?味噌汁?漬物?

和食には隠れた魅力がぎゅっと詰まっているんです。

彼の心も胃袋もぐっとつかんでしまう、和食レシピのご紹介です♡

簡単だけど、見た目は手間暇かけて作ったのかと思うほど!

絶品和食を作ってみてくださいね!

 

簡単で美味しい!和食上手♡鮭のおろし煮





出典:http://cookpad.com/recipe/2098163

いつもお肉で胃が疲れている彼に☆

お魚プラス和食で、胃をほっこりさせてあげてみては?

鮭の切り身がしっかり和食に変身です。

鮭は塩なしの生鮭、もしくは甘塩の鮭がおススメですよ♬

 

和食の定番!豚肉で美味しい肉じゃが♡





出典:http://cookpad.com/recipe/2963812

和食といえば肉じゃが!と言いたいくらい定番ですよね。

当たり前の肉じゃがだけど、なかなか上手に作れないことありませんか?

じゃがいもはホクホクに、味をしみしみに。

このレシピで作れば、ホクホクしみしみの肉じゃがが作れてしまいます。

絶品ですよ♡

 

野菜嫌いの彼に♡食物繊維たっぷり!サツマイモとごぼうの和サラダ





出典:http://cookpad.com/recipe/2881480

サツマイモはほんのり甘いので、とても食べやすいサラダになります。

ベーコンや長ネギを加えてアクセントを☆

口当たりを滑らかにするために、豆乳を入れます。

こんな隠し味が入っているなんて、彼はきっと気づかないですね☆

コクとうまみがぎゅっと詰まった、栄養たっぷりのサラダ。

ゴボウは食べやすくコロコロやささがきなど、色々な方法に挑戦してみてください。

 

和食飯♬ブリのほっこり味噌煮





出典:http://cookpad.com/recipe/1760347

脂の乗ったブリの下処理をしっかりしたら、味噌を加えてしっかり煮ると、とろりとした照りが出てきます。

味噌のコクがブリに移って、深い味わいの和食が完成です。

茹で卵も一緒に煮込めば、煮卵にもなりますね♬

 

丁寧和食♡骨も柔らか真鰯の梅煮





出典:http://cookpad.com/recipe/2677000

鰯はとても柔らかい魚です。

魚をさばくのが難しい…無理!と思っていませんか?

なんと鰯は手てさばけてしまうんです。

梅で臭みも取れるし、コクもアップするので苦手だった方はこの機会に挑戦してもいいかもしれません。

 

和味☆ひじきごはん





出典:http://cookpad.com/recipe/2787100

ひじきには鉄分やカルシウム、食物繊維がたっぷり。

素朴な味わいながら、味付けをしっかりすることでとても食べやすいご飯に早変わりです☆

分量の味付けをご飯と一緒に炊くだけなのでとても簡単です。

 

お箸が止まらない!?手作り和ドレの白滝サラダ





出典:http://cookpad.com/recipe/2130735

手作りのドレッシングがとても簡単に作れて、しかも絶品でお箸が止まらなくなってしまう。

白滝を使うから、とてもヘルシーな仕上がりです。

使っているのはかにかまやえのきだけですが、工夫次第で色々な野菜を入れても美味しそうですね。

 

創作和食◎豚挽肉の大根挟みあんかけ





出典:http://cookpad.com/recipe/1822731

大根をしっかり煮ることで、 豚挽肉の旨味が大根に移ります。

こっくりと煮あがった大根と豚挽肉に 生姜や長ネギをプラスすれば、最高の和食が完成です☆

 

和な✿唐揚げ





出典:http://cookpad.com/recipe/2382208

鶏肉は大きくゴロっと切っても、そぎ切りにしてもOK。

しっかり下味をつければ、手作りの味わいが出ます。

使う粉を小麦粉と片栗粉を半々に使うことで ふんわりとした衣が作れます。

小麦粉を使わず、片栗粉のみにすれば竜田揚げにも☆

 

ブリと下仁田ネギの和ソテー





出典:http://cookpad.com/recipe/2973396

ブリにしっかり塩をふることで臭みをとり、 とても食べやすくなります。

下仁田ネギを使うから、柔らかくてとろっ☆

ネギの甘さとブリがベストマッチ!

ブリの煮汁には栄養がたっぷりはいっているので、ネギにしっかり染みこませて盛りつけてくださいね。

 

絶品和食のレシピをご紹介しました。

寒い日には和食でほっこり、ふたりでのんびり癒されてください。

彼の日ごろ疲れた胃にも最適ですね。

このレシピで、彼のすべてをぐっとつかんでくださいね♡

2015年2月16日

written

by ひつじ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop