現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月13日更新

お土産にぴったり!青森らしさ伝わる定番スイーツ7選

734 views

青森県に旅行へ行きます!定番スイーツって何がありますか?(大学3年生・女性)


上は津軽海峡、東に太平洋、西に日本海と三辺を海に囲まれ、日本の本州最北端に位置する青森県。世界遺産に登録された白神山地、景勝地で有名な十和田湖や八甲田山などたくさんの自然環境が残され、毎年、多くの観光客が訪れています。

そんな青森に訪れた際、絶対にハズさない定番スイーツのお土産をいくつかご紹介いたしますね。

 

気になるリンゴ



青森といえば「りんご」を思い浮かべますよね。青森の定番銘菓として有名な「気になるりんご」は、甘さを控えめのシロップに漬け込んだリンゴをまるごと1個をパイで包み焼き上げた贅沢なアップルパイです。

見た目はコロンとした可愛いらしく、一口かじるとシャキッとしたリンゴ独特の歯ごたえがたまりません。


画像出典:ラグノオ

※ラグノオ 公式サイト

 

パティシエのりんごスティック



2005~2007年まで3年連続モンドセレクション金賞を受賞、2013年には第26回全国菓子大博覧会で金賞を受賞した「パティシエのりんごスティック」。

シャキシャキ感が抜群の青森産りんごを大きくカットし、スポンジ生地と一緒にサクサクのパイで包んだスリムなアップルパイです。さっとオーブンで焼くと更に美味しさ倍増です。


画像出典:ラグノオ

※ラグノオ 公式サイト

 

朝の八甲田



メディア等でも取り上げられ、なんと4日間で35万個売り上げた大人気の青森産のクリーミーなチーズケーキ「朝の八甲田」。

地元の新鮮な卵をたっぷりと使用し、まろやかさとチーズのコクを生かし、口の中でフワッと軽くとろけるような味わいがリピーター続出の秘訣です。


画像出典:郷アルパジョン

※郷アルパジョン 公式サイト

 

奇跡のりんごかりんとう



サクッとクッキーのような食感が特徴の「奇跡のりんごかりんとう」。

「奇跡」の由来はりんご栽培において農薬利用が不可欠だったのに対し、木村秋則氏が8年間の試行錯誤の結果、無肥料・無農薬でりんご栽培に成功させたことにちなんで名づけたそうです。

袋を開けると甘酸っぱいりんごの香と、果肉はもちろんのこと皮や種も練りこまれており、甘すぎず無添加・無着色なのでお子様も安心して食べられます。


画像出典:レストラン山崎

※レストラン山崎 公式サイト

 

浪岡アップルサイダー



りんご栽培40年以上の職人さんたちが作ったりんごを使用した「浪岡アップルサイダー」は、冷たくして飲むだけではなく、ホットアップルサイダーとしても美味しくいただけます。

ホットアップルサイダーとして飲むときは、鍋にアップルサイダーを注ぎフタをせずに中火で沸騰させてからカップに注いで、リンゴの香りに包まれながら飲むことをお勧めします。

ちなみにサイダーとなっていますが、100%完熟りんご果汁のストレートで、炭酸飲料ではないのでお間違いのないように!


画像出典:浪岡アップルサイダー

※浪岡アップルサイダー公式サイト

 

紅玉のアップルパイ



りんご農から直送の真っ赤な「紅玉のアップルパイ」は、りんご農家で一つ一つ丹精を込めて手作りで作られています。

「プレーン」と「アーモンドキャラメライズ」の2種類の味があり、プレーンはサクサクのパイ生地でシナモンを使用していないのでお子様も安心。アーモンドキャラメライズはパイ底に生キャラメルを塗り、クラッシュアーモンドをまぶし焼き上げているので香ばしく癖になる美味しさです。

どちらも程よい酸味で甘すぎず飽きがこないので、ついつい食べ過ぎてしまいます。


画像出典:まごころふるさと便

※まごごろふるさと便(タムラファーム)

 

雪逍遥(ゆきしょうよう)



大正7年創業の老舗和菓子屋『おきな屋』で作られた銘菓「雪逍遥」は、生産量が日本一の青森産長芋を使用したカルカン風のまんじゅうです。

北海道十勝産の最高級小豆で上品に炊き上げたこし餡、しっとりふっくらとした長芋特有のコク、雪のように真っ白で美しく、見た目も味も上品な感じでお土産にもお使い物にも最適です。


画像出典:おきな屋

※おきな屋 公式サイト

 

いかがでしたでしょうか。

やはり青森といえば「りんご」と呼ばれるように、りんごを使用したスイーツがまだまだたくさんあります。ぜひ、ご当地のスイーツを堪能してみてくださいね!

2015年7月13日

written

by しんじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop