現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月25日更新

”美人づくりの湯”こと蔵王温泉のおすすめ源泉掛け流し風呂5選

258 views

蔵王温泉が「美人づくりの湯」と呼ばれていると聞きました!源泉かけ流しのお風呂でおすすめを教えてください!(大学3年生・女性)


山形市南東部、標高880m、蔵王連峰の西麓に位置している蔵王温泉は、同じ山形県の白布温泉、福島県の高湯温泉と並び「奥羽三高湯」のひとつとされています。

強い酸性の硫黄泉を源泉に持つ蔵王温泉は、皮膚によく浸透し肌を白く滑らかにするため「姫の湯」、「美人づくりの湯」として女性の支持率が高く非常に人気の温泉地です。

ここで、蔵王温泉にある数々の温泉宿の中から、100%源泉掛け流しの湯を楽しめる人気の宿をご紹介いたします。


蔵王温泉郷  Find Travel

 

和歌(わか)の宿 わかまつや



蔵王温泉の中心部にあり観光やスキーなど利便性がよい「和歌の宿 わかまつや」。郷土の自然の雄大さ・美しさを歌に綴った歌聖「斎藤茂吉」のゆかりの宿として、斎藤茂吉直筆の作品や和歌にまつわる様々な品々が展示されています。

御影石で造られた「源泉内風呂」や「露天風呂」、重さ18tの蔵王目透き石をくり抜いて造った「大石くり抜き露天風呂」や「貸切家族風呂」はすべて源泉100%掛け流しです。


和歌の宿 わかまつや 外観  agoda


源泉掛け流しの露天風呂  楽天トラベル

 

《スポット情報》



※わかまつや 公式サイト
山形県山形市蔵王温泉951-1
TEL 023-694-9525
JR山形駅よりバス45分、車30分

 

蔵王四季のホテル



閑静な森林と湖畔沿いにあるオシャレなホテル「蔵王四季のホテル」は、その名のとおり四季折々の雄大な大自然を感じられる贅沢な時間を過ごせます。

ホテルからカラコロ歩いて108歩で到着、自慢の源泉100%掛け流し天然温泉棟「離れ湯百八歩」。すべてが木造り、岩風呂の露天風呂、乳白色の硫黄泉がスベスベお肌に、雄大な景色を見ながら天然温泉を満喫できます。


蔵王四季のホテル 外観 山形観光協会


離れ湯百八歩 四季のホテル

 

《スポット情報》



※蔵王四季のホテル 公式サイト
山形県山形市蔵王温泉1272  TEL 023-693-1211
JR山形駅より無料送迎バスあり、蔵王温泉バスターミナルより徒歩10分

 

蔵王国際ホテル



標高900m、四季折々の蔵王温泉街を見下ろす高台に位置し、蔵王温泉で随一の大型ホテルである「蔵王国際ホテルは」。ホテル自慢の「八右衛門の湯」は、丸太を剥き出しにした構造で天井が高く開放感があります。間接照明の灯火が落ち着いた空間を醸し出し心身ともに癒されます。

内風呂と露天風呂ともに100%源泉掛け流し、乳白色で硫黄泉、美肌効果の高い天然温泉で癒されてみませんか?


蔵王国際ホテル 外観  楽天トラベル


八右衛門の湯(内風呂) 蔵王国際ホテル

 

《スポット情報》



※蔵王国際ホテル 公式サイト
山形県山形市蔵王温泉933
TEL 023-694-2111
JR山形駅より無料送迎バスあり、蔵王温泉バスターミナルより徒歩10分

 

五感の湯 つるや



客室から蔵王連峰、遠くは飯豊や朝日連峰を眺望できる「五感の湯つるや」は、自噴する自家源泉を持ちすべてのお風呂が100%源泉掛け流しです。

空気に触れると源泉は硫黄の匂いと乳白色の「湯の花」を生むため、大浴場、露天風呂、貸切風呂すべて入浴後はお肌がツルツルスベスベの美肌効果を実感できます。


五感の湯つるや 外観  五感の湯つるや


露天風呂  五感の湯つるや

 

《スポット情報》



※五感の湯つるや 公式サイト
山形県山形市蔵王温泉710番地
TEL 023-694-9112
JR山形駅よりバス40分、蔵王温泉バスターミナルより向かい

 

深見荘 高見屋



享保元年(1716年)創業の蔵王温泉で最も歴史のある老舗旅館「深山荘高見屋」。お風呂はすべて100%源泉掛け流しで様々な趣のお風呂を楽しめます。

宿に一歩踏み入れると純和風の空間が広がり、おもてなし精神、上質の温泉、真心がこもった料理など老舗ならではの古き良き時代を彷彿させ心落ち着いて過ごせます。


深見荘高見屋 外観  深見荘高見屋


せせらぎの湯  深見荘高見屋

 

《スポット情報》



深見荘 高見屋 公式サイト
山形県山形市蔵王温泉54  TEL 023-694-9333
JR山形駅よりバス50分、蔵王温泉バスターミナルより徒歩5分

 

 

いかがでしたでしょうか。

「姫の湯」や「美人づくりの湯」などの異名を持つ蔵王温泉には、まだまだ源泉100%掛け流しの温泉があります。

周辺には御釜や有数のスキー場があり観光地としても人気が高い蔵王。思いっきり楽しんだ後は、ぜひ温泉地を訪れて旅の疲れを癒してみませんか?

2015年2月25日

written

by しんじろう


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop