現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月22日更新

卒業旅行こそ壮大な経験を!世界のちょっとキケンな?アクティビティ6選

917 views

卒業旅行で行くのにうってつけな刺激のあるアクティビティのできる場所を教えてください。(大学2年生・男性)


学生生活最後の卒業旅行では、一生忘れられないような壮大な経験をしてみるのはいかがですか?

名所めぐりやショッピングもいいけれど、人と同じような旅行になってしまうと思っている人におすすめなのが、世界のちょっと危険な?アクティビティです。

社会人になると色々な責任を持つことになるので、なかなか大胆な行動をすることができなくなってしまいます。

学生である今の自由と若さがないと出来ないような、スリル満点のアクティビティに仲間とチャレンジして、一生の思い出を作ってはどうでしょうか?

世界のちょっと危険で壮大なアクティビティを7つご紹介します。

 

1、スリル満点!究極のラフティング





出典:ホットホリデー



出典:ホットホリデー

アクティビティの宝庫、ニュージーランドの究極のラフティング!

原生林の生い茂る森の中を、14箇所もの急流を越え、最後は落差7m、難易度5のトゥテア滝を急降下します。

大自然の中、学生生活の仲間たちと一緒にスリルと興奮を味わってはいかがでしょう?

NZ最大の都市オークランドから車で3時間半程のロトルア市にラフティングの基地があります。

 

2、本当に飛べるの?セスナの体験操縦!





出典:VELTRA



出典:VELTRA

自分で空の乗り物を操縦するなんて、考えたことありますか?

このアクティビティでは、離陸から着陸まで自分の手でセスナを操縦し、グアムの美しい海の上を飛行します。

免許は不要で、隣に同乗した教官が操縦の仕方を丁寧に教えてくれるそうですよ。

グアムの青い空と美しい海を堪能する余裕が持てたら最高の気分でしょうね!

グアム島のホテルからの送迎がツアーのパッケージに含まれます。

 

3、暗い洞窟を行く!ブラック・ウォーター・ラフティング





出典:H.I.S



出典:H.I.S

ニュージーランドのワイトモ鍾乳洞の中を探検するアドベンチャー!

タイヤのチューブに乗って真っ暗な洞窟の中を、頭に付けたヘッドライトを頼りに水の流れを進みます。

3メートルの高さから滝壺に飛び込んだり、鍾乳洞内に生息する土ボタルも見たり。

忘れられない学生最後の冒険になりそう。

ワイトモへのアクセスは長距離バスかレンタカーでNZの都市オークランドから約3時間です。

 

4、ギネス認定世界一のバンジージャンプ!





出典:マカオコンシェルジュ



出典:マカオコンシェルジュ

危険なアクティビティといえば、バンジージャンプを真っ先に思いつく人も多いと思いますが、こちらはギネス世界記録に認定された世界一のバンジージャンプです。

マカオのランドマーク、マカオタワーの展望台233mの高さから、時速約200kmの早さで、6秒間急降下!

スリル満点の体験です。

アクセスは、マカオフェリーターミナルからタクシーで5分、マカオ国際空港からは15分程度です。

 

5、スリル満点!シャークツアー





出典:ノースショア シャーク アドベンチャーズ



出典:ノースショア シャーク アドベンチャーズ

ハワイの美しい海で、鋭い歯を持つサメと一緒に泳ぐアクティビティです。

檻の中に入って海に潜りますが、写真を見ると鉄格子の間隔が広そうに感じます。

凶暴と人から恐れられているサメを、間近で見るチャンス!

ハワイ、オアフ島のハレイワ・ボート港で体験できます。

 

6、世界一危険な道「長空桟道」





出典:Wikipedia  By:Ondřej Žváček

中国の華山にある「長空桟道」は世界一危険な道と言われています。

断崖絶壁に作られた、幅が数十センチ程しかない木を繋いだ足場を通って行かねばなりません。

見ただけで足がすくんでしまいそうです。

命綱はあるようですが・・・。

行きと帰りは同じ道を通り所要時間は行って帰って30分程度。

転落事故があるという情報もありながら、現地では5千円以下でツアーをくんでいるところがたくさんあり、ネットで検索するとたくさんの人が訪れているようです。

中国内陸部の都市西安から車で奥武山公園入口まで、その後バスとケーブルカーで登山道まで移動します。

 

いかがでしたか?

どのアクティビティもスリル満点ですね!

もし卒業旅行で仲間と一緒に体験すれば、一生の思い出になりそうです。

でも一番大事なのはあくまでも安全や命ですので、参加する際はよく考えて自己責任でお願い致します。

2015年7月22日

written

by aloha


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop