現在17271個の困ったを解決できます!

2015月5月5日更新

朝風呂と夜風呂では効果が違う!入浴するのにベストな時間って?

9393 views

朝風呂と夜風呂ってやっぱり何か違いがあるのでしょうか?お風呂に入るベストなタイミングを教えてほしいです。(大学1年生・女性)


朝風呂

お風呂に入るのに最適な時間について考えたことありますか?

お風呂に入ることは身体に良いと言われているけれど、朝風呂と夜風呂では同じ効果が得られるものなのでしょうか。

朝風呂と夜風呂の効果の違いと、お風呂に入るベストな時間帯をまとめました。

正しい入浴方法で、健康的な生活を送ってくださいね。

 

朝風呂と夜風呂、どちらがいいの?



夜風呂

医学的にみると、健康のためには夜風呂のほうがいいようです。

一日中活動した体は疲れがたまっているので、夜ゆっくりお風呂に入って温まることで、血行が良くなりリラックス効果が得られます。

さらに、体内で傷ついた細胞を修復するたんぱく質が増加するため免疫力が高まり、ストレスに強く疲れにくい体質になるそうです。

また、寝る前に体温をあげることで、寝つきや睡眠の質もよくなります。

 

それに対し朝風呂は基本的によくないようです。

朝方は気温も体温も低い状態なので、朝風呂をすることで心臓に負担をかけることになりかねません。

また入浴後にすぐ出かけると身体が冷えやすくなります。

 

朝風呂のメリットとデメリット



リラックスする女性

朝風呂は基本的によくないといいましたが、ただし、入浴の方法にもよります。

気温の高い時期の朝風呂であれば問題なく、時間帯としては日が昇ってからの入浴がオススメです。

朝風呂に入ることで体が目覚めスッキリしますし、お風呂にはリラックス効果もありますので余裕を持って入るようにするとさらに効果的です。

 

朝風呂のデメリットとしては、体臭の原因になることなどがあげられます。

一日の活動で疲労した体には乳酸がたまります。

乳酸が体に増加すると、それに比例して汗の成分にアンモニアが増加するのですが、ゆったりと入浴することで血液の循環がよくなり、この乳酸が減少します。

しかし、朝あわただしく入浴しても、アンモンニア濃度が減少する期間が少なく、相対的には体臭が強いまま一日を迎えるそうです。

さらに朝風呂では、入浴後に汗が十分蒸発しないまますぐ服を着てしまうので、深部体温が下がることができず、日中汗をかきやすい状態となり、体臭の原因になります。

 

入浴するのにベストな時間帯は?



時計

お風呂に入るなら、ゆっくりできる時間帯で入浴後気温があまり低くない時間帯が理想的です。

そのため夕方に入ることがおススメです。

 

身体は夜8時を過ぎると、内臓が休息を取りたいと思い始め、10時にはお休みタイムになります。

そのことから夜10時以降はあまり入浴しないほうがいいようです。

身体が休みたいと思っている時に入浴することで興奮させる事になるからです。

また、お風呂からあがってすぐに布団に入ると心臓に負担がかかってしまったり、皮膚が開いた状態の時に冷たい外気が入ることで体が冷えてしまいます。

そのため入浴後は30分以上起きていて身体を鎮めるようにするか、夜遅くに入る場合には入浴時間を2,3分にとどめるようにしましょう。

 

朝風呂と夜風呂の効果の違い、おわかりいただけましたでしょうか?

入浴に適した時間帯や入浴方法を知ることで体への負担を減らすことができ、質のいい入浴ができそうですね。

2015年5月5日

written

by haru


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop