現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月22日更新

梅雨時の体調不良を和らげてくれる食べ物まとめ

767 views

梅雨時に体調不良によくなってしまうのですが、何か食べ物などでそれを和らげられるものってないでしょうか?(大学2年生・女性)


ジメジメとした雨の日が続く梅雨の時期は体調が崩れてしまうことが多いですよね。

そんな時でもなるべく薬に頼りすぎずに体調不良を改善したいものですよね。

薬に頼らずに、食べる物で体調不良が和らいだら健康的ですね。

ここでは、梅雨時の体調不良を和らげてくれる食べ物をご紹介いたします。

 

頭痛



梅雨時には偏頭痛を起こす方が多いです。

これは、気圧の変化により血管が拡がったり自律神経の乱れを招くため、雨で気温が下がり体温が下がるため、湿気が体に入り込み体が重く感じられるため・・・など複合的な原因があるようです。

偏頭痛を和らげる効果があるのが、コーヒーです。

これはコーヒーに含まれるカフェインが脳の血管を縮小させて偏頭痛を収める効果があるためです。

コーヒーでなくとも、緑茶などカフェインが含まれているものなら効果があります。

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/t-east/mn-h1-1004-0/

コーヒー

 

むくみ



梅雨時にはどうしても湿気が多くなり、湿気は身体をむくませます。

むくみを放置すると太りやすい体質になると言われています。

むくみを取るための成分として有効なのが、ビタミンとミネラルです。

ミネラルの中でも特にカリウムの多い食品がおすすめです。

カリウムを多く含む食品として、果物、ナッツ類、豆類、海藻、キノコ、玄米などが挙げられます。身近な果物の中では、スイカ、キウイ、バナナ、リンゴ、ナシなどに多く含まれます。

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/mizuumeya/1094203/

スイカ

 

下痢



梅雨時の湿気は下痢を招く場合もあります。

湿気が消化吸収の力を弱めるためだと言われています。

下痢に効く食べ物として、らっきょうが挙げられます。

らっきょうの匂いの成分である塩化アリルに強い抗菌性があり、腸の調子を整えてくれます。

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/soukennosato/1468367/

らっきょう

 

体の冷え



気温の寒暖差が大きく、雨に打たれて冷えてしまうことも多いため、梅雨時は体が冷えます。

体を温めてくれる食べ物には、ねぎ、しょうが、かぼちゃ、たまねぎ、にんにくなどが挙げられます。

スープにするなど温かくして食べるのがポイントです。

冷えは万病のもとと言いますから、食べ物で意識して冷えを防ぎたいものですね。

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/oyasaimura/10000041/

かぼちゃ

 

気分の落ち込み



日照時間が少なくなる梅雨の時期は気分が落ち込むという方も多くなります。

これは、季節惰動障害と呼ばれるのだそうです。

気分の落ち込みに有効なのがビタミンDです。

ビタミンDを多く含む食品には、イワシやサバなどの青魚、紅鮭やキクラゲが挙げられます。サプリメントもいいですが、こういったもの食品を積極的に摂りたいですね。

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/tsuchiwa/705/

いわし

 

肩こり



意外に思われる方もおられるかもしれませんが、梅雨の気候は肩こりも招くと言われています。

気圧が低い状態が、炎症物質であるヒスタミンの分泌多くさせるためだと言われています。

肩こりによいとされる食べ物には、大豆、梅干し、レモン、プルーンが挙げらます。

大豆は、含まれるビタミンEが血行をよくする働きをするためで、梅干とレモンは、含まれるクエン酸が疲労物質を押し流してくれるためです。

また、プルーンにはビタミンとミネラルが多く含まれ、これが肩こりに非常によい働きをしてくれます。

 

いかがでしたか?

梅雨時の辛い体調不良を、ぜひ食べ物で和らげて乗り切ってくださいね!

2015年7月22日

written

by komina


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop