現在17271個の困ったを解決できます!

2015月5月5日更新

次に会う時に気まずくならない!上手な告白の断り方5パターン

2181 views

実は、さっきLINEで男友達に告白されました。私には好きな人がいるので断りたいと思うのですが、次会ったときに気まずくないか不安です。何ていったらいいのか教えてください。(大学2年生・女性)


沢山の出会いがあって、友情が生まれ、そして恋愛感情に発展していく、人生の中でも、甘酸っぱい時期を経験するキャンパスライフ。

素敵な彼氏彼女を見つけることが、その思い出に華を添えることになりますが、すべての出会いがそうなるわけではありません。

しかし、恋人としては付き合えなくてもいい関係性は続けておきたいですよね。

そのためにも告白された相手に、「この人とは付き合えないなぁ」って思ったとしても、次会うときに気まずくならないために、上手な断り方を探してみました。

悩む女性

 

1.『他にも好きな人がいるんだ…。』



自分も他に好きな人がいるんだって伝え(本当にいなかったとしても)、相手を傷つけない形でやんわりと断るのがいいです。

変に掘り下げられたりすると、墓穴を掘ることもありますので自分から相手のことをどんどん聞いてあげるというスタンスでいるといいですね。

例えば、告白されたというのであれば自分自身のどういったところが気になったのか。

それを十分に聞いて、気持ちは嬉しいけれど、自分には夢中になっている人がいるんだってことを素直に伝えてあげるのがいいですね。

 

2.『夢中になっていることがあるんだ。』



時間はあると思っても、実は結構ぎゅうぎゅうになってしまいがちなキャンパスライフ。

それは、自分にとって興味のある分野がかなり多いからだと思います。

恋愛以上に夢中になれることがあって、今はそれに集中したいんだって伝えることが、相手にとって傷つかない断り方でありつつも、関係性はそのまま。

もしかしたら、応援してくれる人になってくれるかもしれません。

 

3.『勉強が面白くって・・・/馬鹿だからもっと勉強しなきゃいけないんです』



悩む女性

2番にあげた内容と被ることもありますが、大学生活に入ると、勉強の内容も方向性もこれまでと違います。

実際にすごく面白いって思って、ハマる人もいます。

また、単位を取るために勉強について行けてないから頑張って勉強しなきゃいけないんだっていうのも一つ理由になります。

学費を出してもらって、単位を落とすことなんで出来ないって思う人もいるわけです。

学業に専念したいというのも次会うときに気まずくならないポイントです。

 

4.『自分の過去の失恋話を赤裸々に語り、それから立ち直ってない。』



自分の過去の恋愛における失敗談を赤裸々に語り、そんな思いをするならしばらくは恋愛をしないんだって決めていると伝える。

相手が悪いわけではなく、自分が引きずっているんだっていうことにすればいい相談相手になってくれます。

ベクトルを自分に向けることはとても大切ですね。

 

5.『告白されていることに気づかない』



相手との話がかみ合わないのを演じること。

ただ単純に好意だけを受け取って、告白されていることに気づかないパターン。

『付き合って』って言われても、『どこにいくの?』って答えたり。

半ばギャグみたいなものかもしれませんが、天然キャラを演じることで相手にそう思わせることもできます。

次第に恋愛相手として見られなくなると思います。

 

まとめ



告白された時に断るパターンはたくさんあります。

しかし、付き合えないなって思えたとしても狭い学校内、もしくはグループ内また再開してしまう可能性があります。

関係が気まずくなると周りの友達も感づいてしまうことも多々あります。

そうならないように、様々な断り方を屈指して関係を維持させましょう。

ここに挙げた以外の自分流の断り方も探して、活用してくださいね。

2015年5月5日

written

by muu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop