現在17271個の困ったを解決できます!

2015月5月9日更新

お土産からグルメまで!石見銀山の魅力を巡るおすすめ観光コース5選

2421 views

岩見銀山に旅行に行こうと思っているのですがおすすめの観光コースを紹介してください。(大学2年生・男性)


はじめに



皆様は世界遺産の石見銀山をご存知でしょうか?

石見銀山は島根県のほぼ真ん中、大田市という所にあります。

石見銀山は鎌倉時代の頃に発見されたとされており、時の大名や経営者が戦国時代から昭和の初め頃まで運営をしていましたが、最終的には鉱山としての運営が出来なくなってしまい、閉山されました。

そして平成に入ると銀山の調査が行われ、2001年には世界遺産の暫定リストに登載されました。

2006年にはユネスコに世界遺産登録推薦書が提出され、翌2007年に正式に世界遺産として登録されました。

さて、そんな石見銀山ですが、世界遺産に登録されてからは観光客が激増し、今でも多くの観光客が訪れています。

今回はそんな石見銀山の魅力を皆様にご紹介させて頂きます。

 

1.石見銀山世界遺産センター





「画像出典:石見銀山世界遺産センター公式サイト

石見銀山に到着したら、まず、こちらで石見銀山について勉強しましょう。

石見銀山の最盛期であった16世紀頃には世界の銀は3分の1が日本製であったと言われており、さらにその殆どの部分が石見銀山で産出されていたものであったと考えられているようです。

こちらの施設では当時の資料や発掘調査の資料等が展示されており石見銀山を観光する前の予備知識を学ぶのに最適です。

 

アクセス



JR山陰本線 大田市駅よりバスで約30分 世界遺産センター下車すぐ

または

JR山陽新幹線 広島駅より「石見銀山号」にて約2時間40分

 

 2.龍源寺間歩





「画像出典:島根県大田市観光サイト

「間歩」とは銀を採掘していた坑道の事で、石見銀山には大小合わせて600以上の間歩が確認されています。

この龍源寺間歩は石見銀山で唯一、通り抜けが出来る間歩となっており、600m以上ありますが、現在公開されているのは273m(新坑道含む)だそうです。

坑道の壁面にはそのまま残っており、排水用に掘られた竪坑等も見学出来ます。

 

アクセス



JR山陰本線 大田市駅よりバスで約25分 大森下車 徒歩約40分

または

JR山陽新幹線 広島駅より「石見銀山号」にて約2時間50分

 

3.温泉津温泉





「画像出典:薬師湯 温泉津温泉公式サイト

温泉津と書いて「ゆのつ」と読みます。

石見銀山地区からは車で約20分位の所にあり、こじんまりとした温泉街ですが、一千年以上の歴史があるとされていて、その昔、怪我をした狸がその傷を温泉に浸して癒しているところを、通りがかった猟師が見つけたのが始まりと伝えられている「元湯」と明治五年の浜田地震の際に湧き出した「薬師湯」の二種類の共同浴場があり、日帰りでも楽しめます。

また全国的にも有名な「薬湯」で湯治客からの人気も絶大です。

 

アクセス



JR山陰本線 温泉津駅より車で約5分

または

大森地区(石見銀山周辺)から車で約20分

 

4.三瓶こもれび館 三瓶バーガー





「画像出典:三瓶バーガー公式サイト

今や全国各地にあるご当地バーガーですが、こちらの大田市にもご当地バーガーがあります。

ボリューム満点のお肉は島根県産の牛と豚を100%使用しており、レタスやトマトなども地元産の物を使用し、バンズは三瓶山をイメージしたものを大田市内の事業者に特注しているそうです。

石見銀山にお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

 

アクセス



JR山陰本線 大田市駅より車で約40分

または

大森地区(石見銀山周辺)から車で約1時間

 

5.銀の店 シルバーアクセサリー





「画像出典:石見銀山徹底ガイド

石見銀山と言う事でやっぱりお土産には銀を使った物がいいと言われる方も多いはず。

こちらのお店では銀を使ったアクセサリーを販売しており、オーダーメイドやメッセージ等の彫刻もしてもらえるので、世界でひとつだけのアクセサリーを作ってみては如何でしょうか?

 

アクセス



JR山陰本線 大田市駅よりバスで約25分 大森代官所跡下車 徒歩約5分

または

JR山陽新幹線 広島駅より「石見銀山号」にて約2時間50分

 

まとめ



皆様の参考にはなりましたでしょうか?

今回は石見銀山の魅力を巡るおすすめ観光コースを紹介させて頂きました。

今回ご紹介出来なかったスポットありますが、世界的に見ても貴重な世界遺産ですので、まだまだ見どころが沢山あります。

ですが、石見銀山の周辺はかなり散策範囲も広くなっていますので、是非動きやすい服装でお出掛け下さい。

2015年5月9日

written

by hide0926


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop