現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月8日更新

まず「恋愛が怖い」を克服❤慎重派な女子が恋愛を始める6つの方法

4185 views

恋愛に臆病なわたし、克服方法などありますか?(大学2年生・女性)


失恋したり、喧嘩をしたり、何かと傷つくことも多い恋愛。

そんな恋愛を怖く思ってしまい、なかなか恋を始められない女子は少なくないはず。

それでもどこかに恋をしたい気持ちがあるからこそ、悩みになってしまうのだと思います。

そんな慎重派な女子が、恋を少しずつ始められるような6つのアドバイスです。参考にしてみて下さい。

心配
画像出典: flicker

 

怖いと思う理由を探る



「恋愛が怖い」と感じるとき、そこには必ず原因があります。その理由は主に2つ。

 

『恋愛が未知の世界で(経験が少なくて)何が起こるかわからない、どうしたらいいかわからない』

『過去の経験がトラウマになっていて、それがまだ心に傷として残っている』

 

あなたはどちらのタイプでしょうか?

恐怖という感情を抱くとき、人は臆病になって弱くなります。

いつもはできることが、身体が硬直したり頭がパニックに陥ったりして、いつも通りできなくなってしまうのです。

そういう状態になったとき、そのまま恐怖の感情に引っ張られてはいけません。

 

深呼吸をする



通常、恐怖というものは子供の方が強く感じる感情です。

「お母さんとはぐれてしまった」「真っ暗な部屋」など、

大人になればそれを回避する手段を自分で手に入れられるため、段々自分でコントロールできるようになるのです。

ところが「恋愛」というフィールドになってしまった途端、

恐怖の感情に支配されてしまい自分らしさを失ってしまう……

これはいわゆる、あなたの心の中の「小さな子供」の部分が表面化した状態です。

ですから、もし「怖い」と感じたときには、大きな深呼吸をしてみましょう。

深呼吸
画像出典: flicker

 

自己カウンセリング



深呼吸をしたら、その後は自己カウンセリングです。

「どうしたの?何が怖いの?」と、心の中の小さな子供に優しく訊いてあげて下さい。

「大丈夫、怖くないよ」と話しかけて下さい。

初めはわざとらしかったり、しっくりこないこともあるかもしれませんが、

自分の内面と向き合うという意味で、これは非常に意味のある行為です。

 

未知の恋愛が怖い人



恋愛をしてこの先何が起きるかわからなくて恐怖を感じる人は、まず知識をつけることです。

恋愛映画や小説、すでに彼氏のいる友人などから色々な話を仕入れて下さい。

そして、自分に重ね合わせてイメージトレーニングをしてみましょう。

 

 過去がトラウマになっている人



この世には大きく分けて男と女の2種類しかいませんが、2人として同じ人間は存在しません。

過去の男性に傷つけられたからと言って、

他の男性もそうだとは限らないことを実感として自分自身に納得させなければいけません。

例えば幸せな恋愛をしている友人に話を聞いたり、

仲良しのご夫婦と一緒に時間を過ごさせてもらって2人の様子を身近で感じてみたりするのは1つの手です。

しかし、もし心の傷が深いのであれば、一度カウンセリングをきちんと受けてみるのもいいでしょう。

今は電話などでも気軽にできますので、偏見を持つ必要は全くありませんよ。

 

責めてはいけない



そんな臆病で怖がりな自分を、決してせめてはいけません。

自己カウンセリングをしているうちに、あなたは落ち着いて本来の自分を取り戻すことができます。

そうしたら必ず最後に、自分を認めて受け入れてあげて下さいね。

そうすることで、あなたの心の中の小さな子供は安心して、段々恐怖を感じにくくなっていくはずです。

一歩前へ
画像出典: flicker

 

幸せになっていい



「幸せになること自体が怖い」と感じ、いつも無意識のうちに不幸になる道を選んでしまったり、

せっかく幸せになれそうなときに逃げ出してしまったりする人もいます。

これは幼少期の親との関係などが影響してくるので、専門家のカウンセリングを受けることが1番お勧めです。

それでも言えることは、あなたは幸せになっていいということです。

「私は幸せになっていい」と、口癖のように毎日唱えてみて下さい。

 

まとめ



あなたの心の奥をのぞこうとすると、そこはとても深く複雑です。

経験を経て、大人になってそこに向き合って克服できるのか、

それとも誰かの助けが必要なのかは進んでみなければわかりません。

支えてくれる素敵な男性に出会って変われることもあるかもしれません。

もし今は恋愛が怖いという気持ちがあったとしても、

変わろうとすることは怖がらずに挑戦していくことが大切です。

2015年7月8日

written

by ellie


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop