現在17271個の困ったを解決できます!

2015月5月1日更新

服や小物にうっとり♡自分磨きを始めたくなる恋愛映画7選

1116 views

 服や小物が素敵な恋愛映画を教えてください!(大学2年生・女性)


 

カラフルで可愛いアフタヌーンティー、はたまたフランス女子のシンプルだけどセンスが光るインテリア、清潔感あふれるキッチン…スクリーンを覘いてみると心ときめくような洋服や雑貨を身に着けた華やかなヒロインたちに出会うことがあります。

そんなヒロインたちをさらに輝かせる服や小物を使っている映画をご紹介します。

 

プラダを着た悪魔



プラダを着た悪魔画像出典:Amazon

はじめはおしゃれに無頓着だったヒロインが、

世界的ファッション雑誌編集部の鬼編集長に苦戦しつつも奮闘するサクセスストーリー。

プラダを着た悪魔画像出典:Amazon

高級ブランドを着こなして颯爽と仕事をこなしていく姿が印象的。

プラダを着た悪魔 画像出典:Amazon

 

「決めるのは、あなた」「仕事も恋も、夢もファッションもすべて決めるのは自分なんだ…。」

頑張る主人公、アンディに共感しつつ、彼女を彩る高級ブランドの数々に心躍ってしまいます。

シーンごとにどんどん変わっていくアンディのファッションはずっと見ていても飽きないほど華麗でかわいいのです。

ボーイッシュもガーリーも「かわいい!」と叫びたくなるようなファッションが目白押しです。

そして注目すべきは、小物使い。

シャネルのサングラス、ブーツ、ネックレス…自分では手の届かないような、高級ブランドの小物をとても上手に使っています。

仕事も頑張る、恋も頑張る、もちろんファッションだっておろそかにしたくない。

そんなあなたにぴったりな映画です。

 

マリー・アントワネット



マリーアントワネット画像出典:Amazon

 

「パンがなければクッキーを食べればいいじゃない」でおなじみのマリー・アントワネット。

この映画は14歳でオーストリアから嫁ぎ、少女から妻、母となり女としてのマリーアントワネットを描いています。

ソフィアコッポラ監督の作品で、とにかくスタイリッシュ。女子が好きなものがこれでもかと詰まっています。

カラフルなケーキやマカロン、レースたっぷりのドレスや煌びやかな装飾品の数々。

髪飾りは当時の風潮でとても派手でも、なぜかかわいらしい。

「歴史の映画」ではありません。

「王妃」としてではなく若くして異国へ嫁ぎ、不安や葛藤に押しつぶされそうになりながらも生きた女性の話になっています。

カラフルなアフタヌーンティー、ドレス、靴、髪飾り…そして恋。「どこまでもラブリー。」そんな1作です。

 

 アメリ



アメリ画像出典:Amazon

 

空想好きな少女が、大人になっても空想好きのまま年を重ねカフェで働いている、それが主人公アメリ。

そんなアメリが、ある日恋をして空想の世界と現実の世界に直面するそんな超人気のラブファンタジー。

ここで注目すべきはアメリの部屋。インテリアがとにかく可愛いのです。

豚が傘をさしているデザインのベッドライト、犬やアヒルの絵画、真っ赤な壁に、シンプルな家電、ガラスの香水瓶…

一つ一つはシンプルなのにどこかこだわりとフランスらしい遊び心を感じるインテリアに釘付けになります。

 

かもめ食堂



かもめ食堂画像出典:Amazon

こちらはフィンランドで日本食堂「かもめ食堂」をひらいているサチエ。

個性的な登場人物に、くすっとさせられたりほろっとさせられる人気の作品。こっそりと小さな恋のときめきも味わえます。

決して派手ではないけれど、さりげなく小花柄をあしらっていたり、マリメッコのあの花柄が使われていたりとキャラクターがそれぞれ「かわいらしい」服を着ているのも注目です。

そして食堂のインテリアがとにかく可愛いのです。優しい色合いの木製テーブルや椅子、大きな窓に置かれた小さな植木たち,

タイルは空の色のように青く清潔感にあふれています。

美味しそうな日本食が運ばれてくると、思わずよだれが出てきてしまいそうなあの空間は、ぜひ真似してみたいキッチンのお手本の一つといえるでしょう。

 

ヘルタースケルター



ヘルタースケルター画像出典:Amazon

沢尻エリカと蜷川実花監督の話題作。

とにかくこの映画はすべてが蜷川監督のフォトグラフです。

極彩色鮮やかで、どこをとっても美しい。激しい恋の行方も見ものです。

めまぐるしく変わる主人公りりこのファッションやメイク、靴やバッグなど小物に至っても大変個性的。

劇中りりこの部屋のシーンが多く出てくるのですが、ひときわ目立つのが壁に飾られた「唇」の写真です。

クッションも原色やゼブラを使い、極彩色ド派手なインテリアになっています。

普通のインテリアやファッションに飽きた、またはもう少しインパクトが欲しいとき参考になる一作です。

 

ラブ・アクチュアリー



ラブ・アクチュアリー画像出典:Amazon

 

19名のキャラクターで構成されるさまざまな恋愛模様を描いた作品。

注目は、クリスマスに向けて各々が織りなす恋愛模様。

それを彩るクリスマスの見ていてウキウキするような街や人、そして恋。

決して派手ではないけれど、日本とは違う海外のクリスマスを見られる一作。

温かい、好きな人と過ごすクリスマスの参考にしてはいかがでしょう。

 

 ビッグ・フィッシュ



ビッグフィッシュ画像出典:Amazon

今やチャーリーとチョコレート工場などで大人気のティム・バートン監督の最高の恋愛映画。

夢物語を語り続ける父をどうしても息子は理解できず反発していた。

ある日、父の余命がわずかだと告げられて…ファンタジーとも夢のようなお話とも取れるこの映画は、最高の恋愛映画の一つです。

パッケージにも描かれている黄色い花で埋め尽くされるシーンは息をのむ美しさです。

この監督特有の、おとぎ話のようなかわいらしく美しいシーンには温かみのある美しい色がたくさん使われています。

カラフルで、場面場面の感情をあらわしている色遣いにきっと感動するでしょう。

 

いかがでしたでしょうか

映画の中では、豪華絢爛または質素だけれどもセンスが光るようなインテリアや

ファッションがあふれています。

映画の中のキャラクターになりきって思い切ったイメチェンをしてみるのも楽しいかもしれませんね。

2015年5月1日

written

by rindow


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop