現在17271個の困ったを解決できます!

2015月5月9日更新

シンガポールの新アイコン、「マリーナベイサンズ」でしたい5つのこと

3003 views

夏休みにシンガポールに行く予定です。マリーナベイサンズに行ってみたいと思います。どんなところなのか詳しく教えてください。(大学3年生・男性)


近年、日本人の海外旅行先としてシンガポールが人気急上昇中。

その理由はフライト時間が短いこと、南国気分の味わえるリゾート地でありながらショッピングが楽しめること、世界各国の料理が楽しめることなどが挙げられています。

さらに高級ホテルが格安に宿泊できることでも有名です。

そして人気に拍車をかけているのが2010年に開業したばかりのシンガポールの新アイコン、「マリーナベイサンズ」ではないでしょうか。

ホテル・レストラン・アミューズメントスポット・ショッピングアーケードの全てを兼ね備えている都市型テーマパークなのです。

このページでは次の旅行計画に是非検討したい、マリーナベイサンズの魅力についてご紹介していきます。

 

1 エンターテインメント



マリーナベイサンズの中にはたくさんのアミューズメントスポットがあります。

 

ショー・イベント





画像出典:マリーナベイサンズHP

ミュージカルやバレエなどの芸術作品から、有名歌手のコンサートなど、連日連夜数多くのイベントが催されています。

まだ日本では見られないショーが上演されていることも。

ブロードウェイやラスベガスまで足を運ばなくとも先取りできてしまうのもウレシイですね。

短期間で上演内容は変更になるため、事前にホームページでチェックをしておくとよいでしょう。

 

ミュージアム





画像出典:マリーナベイサンズHP

近未来的な外観を持つミュージアムではアート、サイエンス、デザイン、メディア、建築、テクノロジーの展示があります。

常設展は他博物館では類を見ないような芸術と科学の分野を融合した作品が多数展示されています。

また特別展示スペースも常にメニューは変わりますが、どれも目を魅く斬新なテーマが特徴。

是非、何度も立ち寄りたくなりますね。

 

展望台





画像出典:マリーナベイサンズHP

 

サンズ・スカイパーク展望台からはシンガポール市内が一望できます。

立ち並ぶ高層ビル郡を真横に眺めることができるのです。

快晴の昼間でもよし、夕焼け時でもよし、光り輝く夜もよし。

24時間違う顔を見せるシンガポールの風景は一見の価値がありますね。

 

レッドカーペット





画像出典:マリーナベイサンズHP

世界各国のセレブが訪れ、新作映画や大型商品タイアップのプロモーションとして使われるイベントスペースがマリーナベイサンズのレッドカーペットです。

旅先で大物セレブに逢えたらビックリですね。

 

2 ショッピング





画像出典:マリーナベイサンズHP

マリーナベイサンズにはシンガポール最大級の高級ショッピングモールがあります。

有名ブランドのショップがぎっしりと立ち並んでいます。

ちょっと手が出ないというあなたも、ウィンドウショッピングで構いません。

どうぞ立ち寄りましょう。

ただ歩いているだけでも楽しいのです。

中央には運河があり、ベネチアさながらに船頭さんが水の旅へと誘います。

視線を上へと向ければ、円形の窓があり、ここで願い事を唱えるのがシンガポール流。

またこの運河には一時間ごとに秘密の滝が現れます。

写真に残しておきたいスポットですね。

 

3 リフレッシュメント



旅先で日頃の疲れや運動不足が解消できると、気分も上がりますね。

そんな贅沢な希望を叶えるスポットもマリーナベイサンズにはあります。

 

プール





画像出典:マリーナベイサンズHP

開業当初、最も話題となったのがこのプールです。

眼下に高層ビル群を見据えられる、神秘的な景色で世界中を驚かせましたね。

端っこに掴まって南国都市を一望しながら涼んでみませんか。

 

スケートリンク





画像出典:マリーナベイサンズHP

ええっ、シンガポールって常夏じゃないの?

そんな質問が聞こえてきそうです。

600平方メートルの小さな人工リンクなのですが、日本でもお馴染みのオリンピックメダリストミシェル・クワン女史が監修しています。

熱帯の風に吹かれながら氷の上を駆けるなんて幻想的ですよね。

 

スパ





画像出典:マリーナベイサンズHP

ホテルの55階にあるバンヤンツリー・スパはシンガポールのスカイラインを眺めながらアジアンブレンド、バリ式、アイランド・デュー、ロミロミ、スコータイ、スウェーデン式、テンダータッチ、バック、スポーツ、バンヤンフットのマッサージを受けられます。

ウェルカムフットバスに始まり、トリートメントの後は飲み物のサービスもあります。

セラピストはみな厳しい訓練を受けており、技術も折り紙つき。

安心できますね。

 

4 レストラン



旅の醍醐味と言えばやっぱりグルメ。

マリーナベイサンズには旅を盛り上げる素敵なレストランが満載です。

 

KU DÉ TA





画像出典:マリーナベイサンズHP

マリーナベイサンズの最上階にあるレストラン。

メニューは現代アジア料理。

景色もさることながら、クラブも併設している、という優れもの。

カップルで訪れれば盛り上がること間違いなしですね。

 

セレブリティシェフ レストラン





画像出典:マリーナベイサンズHP

世界各国の有名シェフが一堂に会したレストラン街。

和洋中と各国料理が集いますが、どの店舗もスマートカジュアルの服装で入店可能です。

店舗によって営業時間が異なりますので、訪れる際にはチェックが必要です。

 

5 ナイトライフ



一年を通して温暖なシンガポールは夜も眠りません。

充実した夜のプログラムがマリーナベイサンズには豊富にあります。

 

WONDER FULL





画像出典:マリーナベイサンズHP

東南アジア最大の光と水のショー。

世界共通の旅の物語を表現する光、音楽、サウンドの驚異的な融合が13分間に渡って上演されます。

 

AVALON





画像出典:マリーナベイサンズHP

マリーナベイの海に浮かぶエンターテイメントの複合施設。

最先端のカラーレーザー、3Dマッピング、ファッショナブルなインテリアでさまざまなビジュアル効果を追求。

著名人が集まるクラブです。

 

ナイトミュージアム





画像出典:マリーナベイサンズHP

といっても展示物が動くわけではありません。

月に一度、ミュージアムが夜の空間に変わります。

オーディオビジュアルパフォーマンスや電子音楽のイベントが行われます。

それに併せてバーのメニューも特別なものが提供されるのでチェックしたいですね。

 

マリーナベイサンズについて興味が沸いてきましたでしょうか?

当ページで紹介している以外の店舗やイベントも盛りだくさんです。

イベント内容は常に変化するのもマリーナベイサンズの特徴であり長所。

こまめにホームページで最新情報を確認して、思う存分にマリーナベイサンズライフを満喫しましょう。

楽しい旅になりますように。

マリーナベイサンズ公式HP:https://jp.marinabaysands.com/

 

 

2015年5月9日

written

by tomochan


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop