現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月14日更新

フルーツからB級グルメまで☆長野で食べたいご当地名物7選

120 views

長野県に行くことになったのですが長野県といえばっていうグルメがあまり思いつきません。どんなものがあるんでしょうか?(大学2年生・男性)
周りを高い山々で囲まれた長野県は他の土地にはちょっと無いご当地グルメの宝庫です。昔から愛される料理やB級グルメ、気候を生かした作物からフルーツまで選り取りすぐりのグルメを揃えてみました。 

ソースカツ丼


画像出典・komacci.or.jp長野県の駒ヶ根市や伊那市のご当地グルメとして有名なソースカツ丼は、ホカホカご飯の上に千切りキャベツをしき、甘辛ソースにくぐらせたトンカツを乗せたグルメです。お店や地域によってソースやカツに特徴があり、長野でカツ丼といえばソースカツ丼というくらいメジャーな商品です。シャキシャキキャベツと一緒に、ソースがたっぷり染み込んだ熱々のカツにかぶりつけばきっと幸せになれるはず! 

ローメン


画像出典・shatore.jp伊那市のB級グルメでありローメンは、ラーメンとも焼きそばとも違った新ジャンルの麺料理です。麺は固めの中華麺を使用し、具材にはキャベツやきくらげと共にマトンの肉が使われるのが特徴です。スープも独特でウスターソースが使われているものや、汁なしの焼きそば風、冷やしローメンもありバリエージョン豊かです。マトンが苦手な方には他のお肉を選べるお店もあるので、ぜひチェックしてみてください。 

五平餅


画像出典・tabelog.k-img.com長野県の南信州の郷土料理、五平餅は半分ほど潰したご飯を串に巻きつけて甘辛い味噌を塗って焼いた料理です。出来立て熱々の五平餅は焦げた味噌の香りが食欲をそそり、一本でもお腹いっぱいになる位ボリューム満点です。形は地域によって差があり、ワラジ型とメガネ型の2種類があります。南信州の五平餅は味噌や醤油をベースにしたタレにクルミやゴマ、エゴマなどをすり潰したものを加えてあり、香ばしい香りがさらに引き立ちます。ドライブの途中、小腹がすいた時にいかがでしょうか? 

野沢菜漬け


画像出典・mizusiro.co.jp漬物の定番の一つ、野沢菜漬けは実は限られた地域でしか作られないお漬物なのです。シャキシャキとした歯ごたえが美味しい漬物ですが、保存する温度が高いと発酵が進んですぐにその食感は失われてしまいます。だからこそ、寒い長野県・信州が野沢菜付に適していたのかもしれません。乳酸発酵が進んだ飴色の古漬けと、緑が美しい浅漬けがありますがあなたのお好みはどちらですか? 

おやき


画像出典・irohado.com/小麦粉やそば粉で作った皮で野菜やあずきなど、いろいろな具材を包んで焼いたおやきはオヤツにはもちろん、軽食にもぴったりです。中の具は定番の小豆餡から長野名物の野沢菜にスイーツ感覚で頂けるかぼちゃなどなど。また、おやきの製造・販売をしている「長野いろは堂」ではカフェも経営しており、自慢のおやきやアイスや生クリームとおやきの生地をアレンジしたドーナツを合わせたスイーツも頂けます。長野いろは堂は長野県鬼無里にあるおやきのお店で県道406号線沿い、長野市市役所支所・連絡所鬼無里支所の近くにあります。詳しくはこちら→http://www.irohado.com/ 

安曇野のわさび


画像出典・kurobe-dam.com長野県は北アルプスの山々に囲まれているため、自然と川も多い県です。そんな山から流れ出て雪解け水で長野県の安曇野ではわさびの栽培が行われています。綺麗な水でしか育つことの出来ないワサビ。それらを使った料理はまた、格別です。安曇野のワサビを堪能するなら、大王わさび農場がオススメ!お蕎麦と一緒に頂いたり、ご飯の上にわさびと鰹節を乗せてお醤油をかけた本わさび丼はわさびの美味しさをダイレクトに味わえる一品です。大王わさび農場は安曇野ICJR大糸線穂高駅から車で10分ほどのところにあります。詳しくはこちら→http://www.daiowasabi.co.jp/ 

 ぶどう 


画像出典・nagano-tabi.net長野といえば、やはり果物は欠かせません。季節によって桃に梨、ブドウにりんごにサクランボなど、全国でもトップクラスの品質の果物が味わえます。お土産にはもちろん、採れたてを味わいたいという方にはくだもの狩りがオススメです。季節や地域によってくだもの狩りの時期は異なりますので、じっくりと狙いを定めてからお出かけください。詳しくはこちら→http://www.nagano-tabi.net/modules/season/kudamonogari.html いかがでしたか?長野にお越しの際はぜひ、郷土料理をはじめとしたグルメの数々を食べ尽くしてみてください。

2015年7月14日

written

by kamekame


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop