現在17271個の困ったを解決できます!

2015月5月11日更新

油断は禁物!バンコクの治安事情&トラブル回避法まとめ

722 views

バンコクに初めて旅行に行きます!その際に気を付けておきたいことや、注意しておきたいことなどあれば、教えてください(大学2年生・男性)




画像出典:BANGKOK NAVI

近年人気が上昇中の、タイ・バンコク。

旅行で訪れる人も多いのではないでしょうか。

そんな人気のバンコクでも、旅行にトラブルは付き物。。

今回は、バンコクの治安事情とトラブル回避策をまとめてご紹介します。

トラブルを回避して楽しい旅行にしましょうね。

 

国歌が流れたら起立を。





画像出典:BANGKOK NAVI

基本的なことですが、日本とタイは似ているようで違う部分も数多く見られます。

まず、タイは王室文化であるということを忘れずに。

国家が流れたら国民は起立をしたり、国王の映像が流れたら起立します。

その場の様子を見て、旅行者であってもタイのルールに沿うことが大切です。

今は日本との交流も深く、日本語が理解できる人も中にはいますので、どうせわからない。。と思って何か気に障ることを言うのは絶対にやめましょう。

 

パスポートの保持とコピーを忘れずに





画像出典:写真素材 足成

日本の運転免許証同様、パスポートやIDの保持が必須で、ない場合には両替ができなかったり、不携帯で罰金が科されることがあります。

安全な場所にしっかりと保管し、万が一に備えて、パスポートのコピーを取っておくか、写真を撮っておくと便利です。

また、飲食店に入ったからと安心してはいけません。

隣の椅子に置いたり、椅子の脇にバッグをぶら下げるのは絶対にダメです。

また、タイ・バンコクは特に検問が多く、偽警察官も大勢います。

パスポートの提示を求められたら、すぐに手渡すことはせずに、警察官の写真を撮ることが許可されていますから、写真を撮らせてもらえるか聞くと良いですよ。

彼らが不審な態度であれば、毅然とした態度で対応し、最寄りの警察や周囲に助けを求めるようにしてください。

 

声をかけられてもなるべく足を止めない





画像出典:写真素材 足成

日本が好きだ、とか、日本に行きたいんだ。。などと言われると、やはり嬉しいものです。

本当にそう言ってくれている人もいる中で疑わなくてはいけないのが非常に残念です。

「日本人はお金を持っている」というイメージと、親切なので、足を止めて話を聞いてくれるというイメージが強く、大変狙われやすくなっています。

特に、「日本が好きだから、(行きたいから)日本円を見せてくれないか?」などと言われ、見せているうちに気付けば日本円は取られ、気をそらしていた空きに他の物も取られているなんてこともあります。

窃盗はグループで行っていることもあるので、お金を見せるようなことはせず、なるべく足を止めずに立ち去りましょう。

 

薬や賭けごとには手を出さない





画像出典:タイ国政府観光庁

日本ではなかなか耳にしませんが、3つ大きな組織がキーワードとなる犯罪が起きています。

1, ギャング(マフィア)



非行少年少女の集まりでもあると言われています。

銃の所持も合法であり、手に入れやすいことから、銃での抗争もしばしば。

メインストリートから他の道に興味本位で入ったりするのはやめた方がいいですね。

 

2, タイのヤクザ



タイ在住の人や、旅行で出来ごころで賭博に手を出して、彼らと関わり合いになる人もいます。

日本人を目当てにして、野球賭博やカジノなどをしていますので、出来心で決して手を出してはいけません。

 

3,タクシン派と反タクシン派



この言葉は時々日本のニュースで耳にすることがあると思います。

政府と反政府というかたちで、話し合いでは留まらず、クーデターやデモが行われます。

暴動に発展することも多いですから、もし旅行中にこういったことが起こりそうであれば、近づかずに距離を取りましょう。

 

参考になりましたか。

たくさんの見どころが詰まったタイ・バンコク。

トラブルに合わないように、まずは自分たちで気をつけることで

さらに楽しい旅行が待っています。

軽犯罪が多いので、持ち物には十分に気を配りましょう。

2015年5月11日

written

by westgate


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop