現在17271個の困ったを解決できます!

2015月5月16日更新

食べ歩きも夏の楽しみ♡屋台が充実している大阪の祭り3選

818 views



画像出典:pakutaso.com

夏には、花火や神輿を持った練り歩きなど、楽しい行事がいっぱいです。

普段は着ることのないゆかた姿もその醍醐味の一つです。

そしてなんといっても祭りに欠かせないものといえば、屋台。

食べものから体験型まである屋台も楽しめる大阪の三大祭をご紹介します。

 

愛染まつり(あいぜんまつり)





画像出典:aizendo.com

まずは、日本で一番早い夏祭りといわれ毎年にぎわう「愛染祭り」。

愛嬌と人気と縁結びの神様・愛染さんで有名な『愛染堂 勝鬘院』(あいぜんどう しょうまんいん)が開催するお祭りです。

期間中、多宝塔の大日大勝金剛尊や愛染明王のご開帳をはじめ、初日のパレードでは、紅白の布や「愛染かつら」の造花で飾りつけた宝恵駕籠(ほえかご)に、

一般公募から選ばれたゆかた姿の「愛染娘」を乗せ、谷町筋を練り歩きます。

また、大通りから愛染堂境内まで続く300もの屋台の中には、お馴染みの屋台だけでなく変わりダネもあります。

極めつけは金魚すくいのアレンジバージョンともいえる釣りです。

うなぎを釣る「うなぎつりどり」や亀、ひよこ、カニ、ハムスターなど、通常ではありえないものが目白押し。

さすが大阪といったところですね。

日時:2015年6月30日(月)~7月2日(水)

場所:大阪市天王寺区夕陽丘町5-36

アクセス:地下鉄「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅5番出口から徒歩3分/JR「天王寺」駅から徒歩15分

Web: aizendo.com

 

天神祭(てんじんさい)





画像出典:tenjinsan.com

大阪天満宮で行う日本三大祭りの一つで、例年6月下旬から7月下旬までの一ヶ月間に様々な行事がありますが、多くの観光客を魅了するのは、期間最終に行われる「天神祭」です。

大川を行き交うたくさんの船が美しい「船戸御」(ふなとぎょ)や、大人気の打ち上げ花火5000発、提灯灯りなどです。

屋台は桜ノ宮の川沿いや天満宮などに勢ぞろいします。

 

日時:2015年7月24日(金)~25日(土)

場所:大阪市北区天神橋2-1-8

天満宮までのアクセス:地下鉄谷町線・堺筋線「南森町」駅からすぐ/JR東西線「大阪天満宮」駅からすぐ

花火会場までのアクセス:JR「桜ノ宮」に西口から徒歩2分/京阪鉄道、大阪市営地下鉄線「天満駅」から徒歩5分

Web: tenjinsan.com

 

住吉祭





画像出典:sumiyoshitaisha.net

大阪の夏祭りの中では最も遅い時期に行われる『住吉祭』。

7月の海の日の「神輿洗神事」(みこしあらいしんじ)では、住吉大社と住吉公園を往復しながら、汲み上げた大阪湾沖合の海水によって神輿を清めます。

7月30日から31日には「夏超祓神事」(なごしのはらえしんじ)と例大祭があり、和歌や舞踊が披露されます。

そしてメインイベント「神輿渡御」(みこしとぎょ)では、地元の人たちが参加し神輿を担いで練り歩きます。

そしてこの祭りの屋台は、おどろおどろしく至ってシンプルな「おばけ屋敷」やトロピカルフルーツを串に刺して打っている屋台、伝統的な飴細工など屋台の定番と、やはりここにもありました。

「亀釣り」「うなぎ釣り」です。

 

日時:2015年7月海の日、7月30日(木)~8月1日(土)

場所:大阪市住吉区住吉2-9-89

アクセス:南海本線「住吉大社」駅から徒歩3分/南海高野線「住吉東」駅から徒歩5分

Web: sumiyoshitaisha.net

 

大阪の夏祭り3選はいかがでしたか?

人気のいか焼きやたこ焼きなどのおいしい屋台から、他ではめったに見られないユーモアあふれる変わった屋台もありました。

この夏、ぜひ大阪の祭りに出かけてみてください。

2015年5月16日

written

by anan-17


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop