現在17271個の困ったを解決できます!

2015月5月21日更新

もしかして夏バテ予備軍?真夏のだるさ解消法5選

123 views

夏バテ気味です。ダルさを解消する方法を紹介してください(大学1年生・女性)


だるさ解消法

毎年、この暑さで夏バテしている人も多いのではないでしょうか?

今年こそ、もう夏バテしたくない!と思いますよね。

そこで今回は「夏バテ予備軍?真夏のだるさ解消法」5つを紹介したいと思います。

 

夏バテとは??



高温・多湿の場所にいると、体温を一定に保とうとして、いつも以上のエネルギーを消費し、体にはかなりの負担になります。

そして、その負担が強くなったり、毎日続いたりすると、夏の暑さに対応することができなくなってしまいます。

その結果、体にたまった熱を、外へ出すことができなくなってしまいます。

この症状が続くと、次のような症状が出できます

・熱っぽい

・体がだるい

・全身の疲労感

・立ちくらみやめまい、ふらつき

・胃腸の働きの低下

・食欲がなくなる

などがあります。

夏バテになる前に、対策できたらいいと思いませんか?

次では、その対策の方法を紹介しています。

 

1 夏野菜や豚肉(たんぱく質)をとる



夏野菜や豚肉にはミネラルやビタミンが豊富に含まれています。

積極的に、夏野菜や豚肉をとるようにしましょう!

食欲がない時には、夏野菜を使ったスムージーやトマトジュースもおすすめです。

夏は特に、たくさんの汗をかきますよね。

その汗によって、体内から多くのミネラルやビタミンが失われてしまいます。

汗によって失われた、ミネラルやビタミンを補充することがポイントになります。

 

2 体温調節をしっかりする



冷房の効いた室内と、外の暑さの気温差で、人の体温を調節するための「自律神経」が乱れてしまいます。

「自律神経」が乱れると、夏バテの原因にもなってしまいます。

冷房の効いた室内では寒い!と思う前に、上着を着るなど服装に工夫をしましょう。

 

3 適度に運動する



汗をかくことは、体の体温調節のためにも良いことです。

この時期の日中は、日差しも強く気温もとても高くて暑くなるので、早朝や夕方の涼しい時間帯がおすすめです。

ウォーキングをするなど、適度な運動をしてみましょう。

また、運動中は熱中症や脱水にならないように気をつけましょう!

運動中は、スポーツドリンクや夏におすすめの麦茶で、こまめに水分補給をしましょう。

 

4 リラックスできる環境をつくる



乱れた「自律神経」が、正常になるようにリラックスできる環境をつくりましょう。

夏の暑さで、疲れた体をお風呂でリラックスさせるのもいいですよね。

お部屋で、好きなアロマを焚いてみるのもおすすめです。

自分に合った、リラックス方法で、暑さで疲れた体をリラックスさせてあげましょう。

 

5 睡眠をしっかりとる



この時期は、熱帯夜が続いて、毎日寝不足になりがちですよね。

寝不足は、夏バテの原因にもなります。

ぐっすりと寝るためには

・適度に運動をすること。

・お風呂に入ること。

・冷却グッズを使うのもおすすめです。

Fotolia_79491853_Subscription_Monthly_M

いかがでしたか?

だるいな!と感じる前に、ちょっとした対策をしておけば、夏バテしにくくなります。

普段の生活習慣にプラスしてできることなので、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

2015年5月21日

written

by meisui


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop