現在17271個の困ったを解決できます!

2015月5月21日更新

ふくらはぎが太いのは、立ち方が原因?NGな姿勢と矯正方法

941 views

ふくらはぎが太くて本当に気にしています。なにが原因なのでしょうか。(大学2年生・女性)


太もも、ふくらはぎから足首にかけて細くなっていき、キュッと引き締まった脚。

その様子は「美脚」という言葉があるように、世の女性たちの憧れです。

色々なダイエットをしても下半身、特にふくらはぎがなかなか細くならないというのはよく耳にします。

そもそも、わたしたちのどんな姿勢や立ち方が、ふくらはぎを太くしているのでしょうか。

また、それらを解消する方法なども一緒にご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

Fotolia_81031220_Subscription_Monthly_M

片足を重心とした立ち方



片方にだけ重心を寄せると、左右の足の太さが変わるため、見た目のバランスが悪くなることはもちろん、むくみや骨盤のゆがみへと発展してしまいます。

 

むくみ



そもそも、女性のふくらはぎは、男性に比べて、筋肉量が多くありません。

ポンプの役割を担う筋肉が不足しているため、余分な水分や老廃物がきちんと流れずに、そこに留まってしまうことから「むくみ」を発生させてしまいます。

痩せている人ほど、ふくらはぎが太かったりするのは筋肉不足による、むくみが原因という方も多いでしょう。

むくんでいる人の特徴としては、筋肉量の他にも、立ちっぱなしや座りっぱなしなど、ふくらはぎの筋肉がほぼ動かない状態で居続けていることなども挙げられます。

その中でも、片足を重心とした立ち方は、片方にだけ負荷がかかることから身体のバランスが歪み、歪んだ箇所は血行不良を起こし、これらを原因とし、さらにむくみやすくなってしまうのです。

ふくらはぎを太くするむくみの解消法は、ずばり「ふくらはぎの筋肉を伸縮させること」。

バレエダンサーのように両足でつま先立ちをするエクササイズがおススメです。

つま先立ちは下半身全体の筋肉を刺激し引き締めながら、バランスを保つための体幹も鍛えられます。

壁につかまりながら、まずは20回ほどから挑戦してみましょう。

 

骨盤のゆがみ



片足にだけ体重の負荷がかかると、骨盤に歪みを生じます。

骨盤が歪むと、特に下半身の外側の筋肉が張りやすくなり、ふくらはぎの外側・すねの方に力が入ることから、ふくらはぎが太くなってしまいます。

また、片方の膝や股関節にも圧が加わることでO脚やひざ下O脚を悪化させてしまうこともあります。

 

筋肉が張るような立ち方



筋肉を使いすぎてしまっているということも、ふくらはぎを太くする大きな要因のひとつです。

生活習慣は様々ですが、身に着けているものなどでも姿勢や立ち方はずいぶん変わりますね。

 

高いヒールで歩いている



普段からつま先に力の入るような高いヒールを履いている方はどうでしょう。

さきほど、バレエダンサーのつま先立ちのエクササイズをおススメしましたが、ふくらはぎの伸縮というエクササイズと、これとは全くの別物。

高いヒールを履くと、重心が前のめりになることから、膝が曲がる姿勢になり、ふくらはぎの筋肉を異常に緊張させてしまいます。

ヒールで歩くときは、できるだけ膝を曲げないように気を付けて、かかとから着地するようことを意識しましょう。

重心を後ろにするような姿勢の方が、見た目もより美しく見えます。

sundress-336590_640

いかがでしたでしょうか?

以上のことを参考に、普段から立ち方や姿勢を意識することで

スッキリふくらはぎも夢じゃありません。

この夏は、涼しげに素足ファッションを楽しんでくださいね。

2015年5月21日

written

by maime


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop