現在17271個の困ったを解決できます!

2015月5月22日更新

思い切って遠出してみない?夏にオススメの九州旅行スポット8ヵ所

1083 views

夏に九州へ旅行したいと思うのですが、絶対に行った方がいい観光スポットを教えてください!(大学2年生・男性)


陸続きの本州の方から見ると九州は北海道に匹敵するほどの「未開の地」のようですね。

私が九州出身で友人と車で帰省した際に、本州と九州を結ぶ関門橋を渡りきるとその友人結構興奮してました。

今でこそLCCなどで簡単に行ける場所になりましたが、皆さんは各地のイチオシスポットばかり行ってませんか?

今回はもう一歩踏み込んだ「九州」に遠出してみましょう、しかも夏だからこそ行けるところだとか。

そんな九州の穴場をご紹介させていただきます。

 

能古島アイランドパーク(福岡)





画像出典:よかなび

福岡は玄界灘に面した海の幸を味わえる町だけではありませんよ。ちょっと足を伸ばせば驚くほどの大自然。

姪浜(めいのはま)の渡船場から約10分でそこは花に囲まれたファンタジーな世界です。

一年を通じて四季折々の花が咲き植物園以上の名所であり、またふれあい動物園やバーベキューハウスもあります。

海の青さと季節の花のコントラストは絶景ポイント、コテージもあるので宿泊も可能です。

URL:能古島アイランドパークホームページ

所在地:福岡市西区能古島

アクセス:姪浜港より「市営能古・姪浜フェリー」乗船

能古島渡船場から西鉄バス「アイランドパーク行き」10分

入場料:大人 1,000円 小中学生  500円 3歳以上 300円

営業時間:平日 9:00~17:30  日祝日/9:00~18:30

休業日:年中無休

問い合わせ:092-881-2494

 

虹の松原(佐賀)





画像出典:Wikipedia

特別名勝として日本三大松原のひとつに挙げられる景勝地で、約100万本のクロマツが群生しています。

17世紀初期、初代唐津藩主が防風・防潮のために海岸線沿って植林したのが起源とされています。

反対方向には鏡山があり、ここから見る海岸線もまた最上級の景観です。

虹の松原には七不思議と呼ばれる言い伝えがありますが、それは地元の方とのコミュニケーションで探って下さい。

URL:あそぼーさが

アクセス:JR駅利用 JR筑肥線「虹の松原駅」下車。 松原の中程にあります。

車利用:長崎自動車道多久ICから車で40分

問い合わせ:0955-72-9127

 

九十九島パールシーリゾート(長崎)





画像出典:九十九島パールシーリゾート

長崎県佐世保市と言えば皆さんご存知の「ハウステンボス」が鉄板スポットですが、夏を感じるならこちらへ。

1日コースなど滞在時間によって様々な組み合わせを楽しむことができる九十九島のリゾートパークです。

遊覧船「パールクィーン」での九十九島巡りは是非夕日が沈む時刻に乗船して頂きたいオススメアイテムです。

ヨットやシーカヤックでちょっとした海のお散歩や水族館でイルカと戯れることも出来ます。

皆さんの知らない九州の島々を目に焼き付けて、かつ潮風をたっぷり受けてより元気になって頂く事を願います。

URL:九十九島パールシーリゾート公式ホームページ

所在地:長崎県佐世保市鹿子前町1008番地

アクセス:JR「博多駅」より特急みどり利用「佐世保駅」下車 約1時間50分 JR「佐世保駅」より車で25分

料金:各コースにより相違があるため要確認

営業時間:3月~10月 9:00~18:00 11月~2月 9:00~17:00

休業日:年中無休

問い合わせ:0956-28-4187

 

由布院(大分)





画像出典:楽天トラベル

鉄道ファンの方に大人気「ゆふいんの森号」が走る町です。全席指定席で内装もレトロ感漂う豪華さに惹かれます。

野山に囲まれた温泉地ですが、自然をモチーフにしたアートに力を入れていて、23カ所の美術館等が存在します。

雄大な由布岳の緑を背に温泉で心と体をほぐすも良し、馬車に揺られて自然の息吹を体感するのも良いでしょう。

せっかくの九州旅行ですから、九州の「中身」に入り込んでその魅力を堪能してください。

URL:由布院温泉旅館組合公式サイト

所在地:大分県由布市湯布院町川上2863 ※由布院温泉旅館組合の所在地

アクセス:JR「大分駅」より「ゆふいんの森号」利用「由布院駅」下車 約60分

問い合わせ:0977-85-4464

 

穂積水中鍾乳洞(大分)





画像出典:おきらく・ごくらくCAVING

穂積水中鍾乳洞の起源は3億年前に形成され、30万年前に起こった阿蘇火山噴火で水没し現在の形が生まれました。

阿蘇山を挟み西側が熊本県、東側が大分県なので大分県にもこのような現象が起こっても不思議ではありません。

洞内には世界的にも珍しい無数の鍾乳石や、未開の洞奥から湧き出る清流が洞内とのコントラストを演出します。

まさに全て自然が産み出した幻想空間です。洞内は通年16度でまさに「涼」を感じる事ができます。

またマイナスイオンが発生しているためヒーリングスポットとして多くの方が癒しを求めて訪れます。

URL:穂積水中鍾乳洞ホームページ

所在地:大分県豊後大野市三重町大字中津留300番地

アクセス:JR豊肥本線「三重町駅」下車 「三重町駅」より車で約20分

料金:大人 1,200円 大学生 1,000円 中高生 800円 4歳~小学生 600円

営業時間: 9:00~17:00

休業日:年中無休

問い合わせ:0974-26-2468

 

青島(宮崎)





画像出典:宮崎市観光協会

かつて青島は新婚旅行のメッカとして一大ブームを築いたことをご存知でしょうか?

周囲1.5kmほどの小島は「鬼の洗濯板」と呼ばれる岩に囲まれて、引潮になると陸続きになります。

小さな島ですが亜熱帯性植物27種を含む200種の植物が生育しており、国の特別天然記念物に指定されています。

神話の舞台としても有名で、かつては「淡島、歯朶(しだ)の浮島、鴨就島(かもつくしま)」とも呼ばれました。

かつての賑わいを知らない皆さんに、ご両親が愛を語り合った場所を見て頂きたいものです。

URL:宮崎市観光協会

所在地:宮崎県宮崎市青島

アクセス:JR 「宮崎駅」より油津・志布志方面(下り)   約20分

問い合わせ:0985-65-1120

 

知覧武家屋敷庭園(鹿児島)





画像出典:鹿児島県観光サイト

鹿児島薩摩の小京都とも呼ばれる「知覧武家屋敷」、鹿児島は桜島や天文館だけが観光スポットではありませんよ。

母ヶ岳山麓に広がる整然と佇む街並みの中に知覧武家屋敷庭園はあります。

約260年前から変わらないその姿は武家の精神を受け継ぐ象徴であり、異種独特な世界観があります。

敷地内には国の名勝に指定された庭園が7つあり、端正にして凛とした空気を体感できます。

薩摩軍師の息づかいを想像しながら、何事にも打ち勝つ「強い心」を宿してください。

URL:鹿児島県観光サイト

所在地:鹿児島県南九州市知覧町郡6198番地

アクセス:鹿児島市(山形屋バスセンター)より鹿児島交通バス(知覧行き)「武家屋敷入口前」下車 1時間15分

料金:大人 500円 小人 300円

営業時間: 9:00~17:00

休業日:年中無休

問い合わせ:0993-58-7878

 

球泉洞(熊本)





画像出典:球磨村観光サイト

九州最大の規模を持つ大鍾乳洞は1973年3月に発見され、全長4.8km、洞内温度15度という好環境にあります。

起源は3億年前まで遡り、海底にあった石灰岩層が隆起して出来たと言われています。

3億年という長い時間をかけて現在の形を作り出しましたが、未だ現在進行形で浸食は行われています。

自然の神秘を体験する「探検コース」もあり、ヘルメットに長靴という装備で地底探検を楽しむことも可能です。

誰にも真似することのできない、この世にふたつとない芸術作品を心いくまで堪能してください。

URL:球磨村森林組合

所在地:熊本県球磨郡球磨村大字大瀬字平野112

アクセス:JR「球泉洞駅」より徒歩20分

料金:入洞1,050円 探検コースはプラス630円

営業時間: 8:30~17:30

休業日:年中無休

問い合わせ:0966-32-0080

 

いかがでしたか?

九州という土地は古くから「神が宿る国」として自然が産み出した神秘的なスポットが多々あります。

観光で訪れる方々の大半は各県の市街地にほど近いスポット巡りで時間を費やすことがほとんどだと思います。

もう一歩奥へ入ると、また別の世界が開けて違う印象を受けることでしょう。

どうぞ皆さん、自然の神秘を肌で感じるために思い切って遠出して九州を極めてください。

今回は夏に楽しめる九州の旅行スポットをご紹介させて頂きました。

2015年5月22日

written

by toraninarunoda4003


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop