現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月8日更新

結婚式にお呼ばれしたらどうすれば?これだけは知っておきたいマナーまとめ

219 views

先輩の結婚式に呼ばれました!でも、初めてのことなので自分がどのような行動をしていいのかわかりません。(大学3年生・女性)




結婚式とは人生の3大イベントの一つといわれています。

そんな大切な人から招待された結婚式にはもちろん失礼のないように、最低限のマナーは覚えてから参加をしたいですよね。

今回は結婚式にお呼ばれしたときのマナーについてご紹介します。

 

まず招待状を受け取ったら



早速招待状を確認し返信しましょう。

まずは表書きですが「行」または「宛」になっている差出人の名前を「様」に変えます。

本状では出席と欠席の上に書いてある「御」を二重線で消して出席か欠席に○をします。

その際に出席ならお祝いの言葉や欠席の場合理由を記入するようにしましょう。

またあなたの名前と住所に書かれている「御」も二重線で消しましょう。

また、招待状は新郎新婦が料理や引き出物などの数を把握するためにもとても重要です。

前もって電話やメールで参加表明をした場合でも必ず期限までに返信しましょう。

 

会場には余裕をもって到着する



当日の式には開始の30分前には会場になるべく着くようにしましょう。

そのためにも前もって会場の場所の確認も大切です。

もしご親族にお会いしたときは「本日は誠におめでとうございます」などお祝いのお言葉を伝えましょう。

もしも遅れてしまう場合は、早目に友人に連絡をするか、友人からも返事がない場合は直接会場に連絡しましょう。

ただし式に遅れるのはとても失礼なことになりますので気をつけてください。

 

挙式中のマナー



式が始まる前に必ず携帯電話をマナーモードにするのを忘れずに確認しましょう。

式の流れがもし分からなくても席に式次第(式のプログラム)があります。

キリスト教式の場合は讃美歌を歌いますので式次第を見ながら歌うようにしてください。

 

受付の流れ



まずは受付の方に「新郎友人の○○と申します。本日はおめでとうございます」と、お祝いの言葉を述べて芳名帳に名前と住所を記入します。

そのあとにご祝儀をカバンから取り出しお渡ししますが裸ではなくふくさに包むのが決まりです。

ふくさとはお金を包む布のことです。ない場合は小さい風呂敷でも大丈夫です。

今後も使う機会がありますのでもし持っていない場合は1枚購入しておきましょう。

 

披露宴中のマナー



結婚式のマナー

宴というように披露宴は全員が楽しむお食事会です。

新郎新婦が入場する前に同じテーブルに知らない方と同席の場合もあります。

そんなときは積極的に声をかけて場を和ませましょう。

主役の二人が登場したあとには主賓の方のスピーチや乾杯の挨拶などがあります。

このときに料理や飲み物が用意されていることもありますが乾杯をするまで口をつけないようにしてください。

そして友人と話しをしたりせずに話をしっかりと聞きましょう。

 

お開きのあとは



披露宴が終わり会場を出る際は出口に一番近いテーブルの方から出口に向かいます。

最後に新郎新婦ご両家が出口にてゲストのお見送りをしていますのでそのときにも「本日は本当に素敵なお式でした」「本日はおめでとうございます」などお祝いの言葉を述べるようにしましょう。

 



画像出展: フリー素材屋Hoshino

どうでしたか。参考になりましたでしょうか?

ここまで学んでおけば式の当日はあなたも主役の二人と一緒に式を楽しめるはずです。

一生に一度の大切な結婚式のゲストとして招待されたあなた。

当日に失礼のないようにしっかりと覚えて参加してくださいね。

2015年7月8日

written

by Sam12


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop