現在17271個の困ったを解決できます!

2015月7月4日更新

カレは私のもの♡絶対オトす覚悟のある人だけに知ってほしい5つのアタック方法

7595 views

本当に大好きな人ができました。彼に好きになってほしいです。いいアタック方法はありませんか?(大学2年生・女性)


好きな彼ができたらいつまでも片想いは嫌ですよね。

両想いになりたい!とアプローチを仕掛けようとします。

「どうかこの恋だけはものにしたい!」という方にお勧めのアタック方法をご紹介しております。

さて、男性はどのようなアタック方法だとオチやすいのでしょう。

 

1.メールやLINEはさりげなく。



さりげない姿勢

彼をオトすテクニック一つ、「メールやLINEはさりげなく」です。

好きになったら熱烈アプローチをしたくなる人もいます。

ただいきなりのアプローチは男性が引いてしまう可能性大なのです。

「追いかけられると逃げたくなる」のが人の心理。

あまりにガツガツ追いかけられると、大概の男性は逃げたくなります。

なのでメールやLINEで何か話題を提供したい場合は気を付けましょう。

彼がウザったくなるようなアプローチは避けるのがベストです。



2.彼を褒めたり尊敬することを言う。



好きになった男性に猛烈アプローチする前に一呼吸置きましょう。

好きという感情を持ったのは自分です。

相手も好きという確信があるのなら、積極的なアプローチも有効です。

ただ彼の気持ちがあやふやな場合は、猛烈アプローチは待つべきです。

その前に彼とあった時、さり気なく彼のことを褒めましょう。

例えば着ている服を褒めてみたり。

「その服似合うね。私そういうファッション好きだなぁ。」

など、彼が身に着けているものを褒めてあげます。

男性はプライドが高い生き物です。

褒められることで相手に好感を抱くのです。

 

3.さりげなく会う回数を増やす



カフェで会う

彼の後を尾行して・・・というのは絶対にやめましょう。

彼が行きそうな場所にさりげなく行ってみる。

例えば彼がカフェでバイトをしていたら、彼のお店にさりげなく行ってみる。

彼がサークル活動をしているのなら、練習場所を通ってみる。

毎日ではなく、時々で徐々に増やしていきます。

最初は彼との会話も長々とではなく、さりげなくです。

バッタリ会って偶然を装いながら、毎回長話をしてしまうと男性は引きます。

なかなかオチません。

なんとなく意識させるのが目的ですので、ここでは存在を植え付ける程度でやめておきましょう。

 

4.ミラーリング効果を使ってみる



心理学でミラーリング効果というものがあります。

相手の動作を真似ると、相手が共感を持つという心理学の話です。

これもアプローチでも使ってみましょう。

人間は共通点が多いと親近感が湧いてきますよね。

それを動作でも有効に使いましょう。

しかし何から何まで彼の真似ではなく、仕草や話し方など不自然にならない程度ですよ。

あまりにも全ての動きを真似してしまうと「馬鹿にしてる」と思われますからね。

例えば彼とカフェに行ったとします。

そこで彼がコーヒーを注文したら同じものを注文しましょう。

ただ注文の仕方も、直ぐに真似するのではなくちょっと悩みましょう。

その後「同じの注文していい?」とかわいく聞きます。

そこでダメという人はいないと思いますので、その後注文します。

彼がおしぼりで手を拭いたら、自分もさりげなく手を拭く。

完璧に同じことをするのではなく、ここで大切なのはさりげなくです。

ミラーリング効果を利用して徐々に彼に自分の存在をアピールしていきます。




5.アプローチはじっくり煮詰める



長期戦で頑張る女性

彼をオトしたい場合、計画はじっくりと煮詰めて行うことをお勧めします。

やはりどんなことも短期戦で挑んだものは儚く散る傾向があります。

恋愛も同様、確実にオトすためには焦らずに段階を踏んでアプローチをします。

最初から「両想い」とお互いの気持ちを知っていたら別です。

ただ大概は距離のある関係から縮めていかなければならない状態。

長い距離を、明日からいきなり超至近距離の関係にするには不可能に近いでしょう。

無理に近づこうとしたら相手が引いてしまいます。

最初は自分のことを知ってもらうことから、その後自分の存在を相手に意識させること。

アプローチは階段を一つずつ上るように徐々に積み重ねていってください。

 

いかがでしたか?絶対オトす覚悟のある人だけに知ってほしい5つのアタック方法でした。

本物の恋を掴みたいなら長期戦をお勧めします。

2015年7月4日

written

by uzuranotamako


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop