現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月15日更新

忘れ物はない?ハワイ旅行持ち物チェックリスト

3195 views

ハワイに行く時に限らず、海外に行く時って「あれもっていかなくちゃ!これも」といろいろ荷物が増えてしまっていませんか?


ハワイはおすすめのお土産やハワイでお得に購入できるもの、ハワイ独自のものと帰国時の荷物は確実に増えてしまうので、できれば荷物を最小限に抑えるのがベター。


 


そこでこれだけは押さえておくと便利なグッズを紹介します。



シャワーキャップ



シャワーキャップ、何に使うの?シャワー浴びる時?と言われそうですが、いえいえ、靴のカバーとして使用します。


例えば冬にハワイに行くと日本ではいていたショートブーツなどじゃまですよね?


 


もちろん機内ではくから邪魔にならない方もいるかと思いますが、ハワイについてから暑いですよ~。


その他ドレスアップ用のヒールだったり、逆にハワイで買った靴を持って帰るという時。足をシャワーキャップでカバーすると周りの荷物も汚れずかさばらないので便利ですよ!


 


また割れものを買った際、タオルで巻いてシャワーキャップをかぶせるとタオルが外れにくくなるので、そういった使い方もできますよ。



Photo byChris Lott



日焼け止め



これは便利、というよりも必須です。


もちろんハワイにも日焼け止めやサンオイルはたくさん売っています。


しかし日差しは本当に強い!念の為、日本で使い慣れたものは持っていきましょう



Photo bycamknows



アイスノン



必ず日焼けをしてしまうハワイ。そのままにしておくとひどくなって体が痛くなってしまいますよ!


日焼け止めで予防するのももちろんですが、アイスノンを持って行ってホテルの冷蔵庫で冷やしておきましょう。



上着



常夏の国故に冷房が尋常ないほどかかっているハワイ。機内でも日系以外はかなり寒く設定してますよね。


あまりの寒暖差に体調を悪くする人も多いです。


脱ぎ着が簡単なパーカーやカーディガン、ストール等を必ず持っていきましょう。



Photo byLollyKnit



ナイロンバッグ



折りたためるナイロンバッグ(ふたがきちんとしめれるもの)はハワイでお土産をたくさん買いすぎてしまった時など便利ですよ。


筆者は帰国の際、割れやすいものはスーツケースに、衣類など洗濯するものはナイロンバッグに入れて、そのままランドリーにいれてしまいます。


 


ただし、気をつけなければならないのが、各航空会社による預け荷物の規定量です。


例えば、エコノミークラスですと以前は23kgであれば、スーツケースが2個でも3個でも預かっていたのですが、今は23kg、1つの荷物のみと規定されているところが増えているので、必ずご利用の航空会社の確認してくださいね。



ウェットティッシュ



もちろんハワイでも購入できるのですが、海外のウェットティッシュって香料がついてることが多いです。しかもこれが結構キツイにおい。。。


子どもですと荒れてしまうこともあるので、できればウェットティッシュは日本で購入していきましょう。


 


ビーチで汚れた足を拭いたり、マラサダやマーケットで購入したものをそのままそこで食べる時のおしぼりにといろいろ使えるのでマストです。



Photo byTatsuo Yamashita



 シャワーポーチ



筆者が旅行する時、いつも悩むのが洗面周り。


清掃の人が入るから散らかっているのも悪いし、化粧品やらコンタクトやらひげそりやらとこまごましたものが多数あるんですよね。


 


いろいろ試した結果、やはりシャワーなどにひっかけられるポーチがぬれても平気ですし、帰国の際はそのままポーチをスーツケースに入れればOK。


たくさんの種類があるので自分の要領に合わせたサイズを探してみてくださいね!



歯ブラシ



これ、日本での国内旅行であれば、気にしないことも多いのですけどね。


ビジネスホテルでもハイクラスホテルでも必ずありますから。コンビニで売っていますし。


もちろん、ハワイもハイクラスであれば用意があります。しかし!


 


「靴磨きかよ!?」と突っ込みたくなるようなサイズ!!


筆者も忘れた際、このサイズを使いましたが、「おぇっ」ってなりながら歯を磨いた思い出。。。


本当に大きい。ですので、歯ブラシは絶対持参しましょう!!



Photo byAnderson Mancini



ドレスコードの服



やはり欧米文化ですので、ドレスコードがきちんと決まっているレストランが多数あります。


ハワイの正装、男性はアロハシャツとスラックス、女性はムームーを購入して着るのもおすすめですが、日本からお気に入りのワンピースなどをもっていくのも、急に予定が決まった際に対応できますのでおすすめです。


男性はデニムパンツ、ハーフパンツ以外にチノパンにポロシャツに靴が定番でしょう。


(筆者の夫は知らずにハーフパンツで入ったので、お店の方に着替えを持ってきてもらい着替えたことがあります。恥ずかしい!)



Photo byTim Kretschmann



帽子とサングラス



日傘をさすことがほとんどないハワイ。むしろ日本独特の文化ではないでしょうか?


日焼け対策は必ず行った方がよいですが、日傘はういてしまいます。


またカラカウア通りなどメインの道路は混み合っていることが多いので邪魔になってしまいます。


またサングラスも必須です。目から入った日光で日焼けがおこることがあります。


 


ですので、帽子とサングラスは必需品。


プラス、日焼け止め効果の入ったリップも持っていきましょう。


ケアをしないともれなくたらこ唇になりますよ。



Photo byPedro Ribeiro Simões




まとめ



いかがでしたか?


旅慣れしていないとどうしても不安になって「あれもいるかな?これもいるかな?」と心配になってしまいますよね。


ハワイの場合、日本人観光客も多く、比較的旅慣れしていなくても大丈夫なので心配いりません。


 


基本は体に直接使うもの(薬、化粧品など)や、ここに記入した日本独自の物、すぐには買いに行けないものを持っていけば大丈夫!


体調に気をつけて楽しんできてくださいね。Have a nice trip!

2014年12月15日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop