現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月27日更新

スペインの気候と服装のポイントとは?

14798 views

「さあスペインにいこう!」そう意気揚々としているそこのあなた!スペインってどんな国なのか・・・ちゃんと理解していますか?「スペインは暑いから薄着で大丈夫だよね!」そう考えている方も少ないのでは?それは大きな間違いです!


スペインといえど広い国・・・行く場所によって温度も気候も違います。たとえばマドリードとバルセロナ。この2つの都市、有名ですよね。どちらも暑そう・・・そんなイメージありませんか?しかしそうではないのです!


今回はそんなバルセロナとマドリードに主に焦点を当てて、気候とそれに合った服装をご紹介していきます。要チェックです!



1月~3月の気候



sasakibon.blog.shinobi.jpより抜粋


この時期、内陸部はかなり冷え込みますよ。内陸部といえばマドリードがあります。温度は東京よりは高いですが、1月は似たり寄ったりです。このマドリッドを中心とした内陸部は、実は昼と夜で気温差が激しくて、夏は暑くて冬は寒いという特徴があります。対して、バルセロナなどの地中海沿岸部は、年間を通して暖かくて乾燥しています。


バルセロナでは、もう3月には平均気温が15度前後まで上がります。もう一つ、北部のバスク地方など、カンブリア海沿岸は、夏は涼しく冬は温暖で、雨が多いという特徴があります。当然ですが、日本と同じで地域によって違いはあるんですね~。


 



☆服装



この時期マドリードなど内陸部に行く方は、かなり寒いので厚手のコートなどの上着を必ず持っていきましょう。北部やバルセロナなどにいく方は、比較的温暖なので、薄手の上着でも大丈夫です。



SBA73



4月~6月の気候



supeingogakka.cocolog-nifty.comより抜粋


どの地方もこの時期が一番のベストシーズンだとされています。マドリード、バルセロナともに6月の段階で平均気温が25度を超すので、かなり暖かいですね。また、5月~7月にかけては、ひまわりも開花シーズンを迎えますよ。


 



☆服装



この時期は、地域によっては朝と晩で冷え込むことが多いので、羽織れる上着を持っていくといいですよ~。暑いからと言って、薄着だけで行くのはひかえましょう。



7月~9月の気候



plaza.rakuten.co.jpより抜粋


この時期はかなり高温の日が続きます。マドリードでは8月の平均気温がなんと32度と、かなり暑いです。対してバルセロナは東京よりも少し低めです。だからと言って暑いことには変わりはないので、水分補給を心がけましょう。


 



☆服装



この時期は薄着で大丈夫です。ただし日差しがかなり強いので、紫外線対策は必至です。特にアンダルシア地方などは十分に注意してください!



Martin Pilát



10月~12月の気候



ja.gde-fon.comより抜粋


この時期、マドリードなどの内陸部は、東京よりも平均気温が低く、寒いです。乾燥はしていますが、対して北陸部では雪が降ることもあります。バルセロナは東京と同じくらいです。


 



☆服装



北部はかなり冷え込みますので、防寒対策をしっかりしましょう。コートや手袋、マフラーなどは必須です。



Mark




★おまけに時差について



スペインの時間は日本マイナス8時間です。日本より8時間遅いんですね~。しかし、3月末~10月末はサマータイムとなりますので、時差は7時間になるので注意しましょう。


 


いかがでしたか?以上のことを頭に入れて、ぜひ快適なスペイン旅行を楽しんでください♪よき旅になることを祈っています♪



I can Win

2014年12月27日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop