現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月27日更新

ハワイ観光定番スポット10選

444 views

海外旅行で一番人気のリゾート、ハワイ。老若男女に愛されるハワイの観光地は、有名なワイキキビーチだけではありませんよ。ハワイは6つの島からなる州で、どの島も大自然を満喫出来る島、絶景の多くある島です。


今回は比較的日本人観光客の多い、オアフ島、ハワイ島、マウイ島、カウアイ島の4つの島の見どころを、10のエリアに分けてご紹介します。



1 オアフ島 ホノルル・ワイキキ




Chris James


初めてのハワイ旅行では必ず訪れるのがホノルル。オアフ島のみならずハワイ州の観光の拠点にする人が多いです。


ホノルルにはダイアモンドヘッドやタンタラスの丘などの景勝地、有名なワイキキビーチ、カラカウアアヴェニュー・アラモアナセンターなどのショピングエリアがあります。


ホノルルの定番観光地は別で詳しくまとめてありますので、そちらもご参照ください。



2 シュノーケリングポイント ハナウマ湾




Chris James


ホノルル市内の東部、美しい入江になっている場所がハナウマ湾。この辺りは自然保護区域に指定されていて、シュノーケリングで人気のスポットです。ちょっと覗いただけでも沢山の魚が泳いでいるのが見えるくらい、オアフ島の中でも最もキレイな海の一つです。


オアフ島での海のアクテビティというとまずサーフィンが人気なので、波が高く近場ではあまりシュノーケリングやダイビングが適さないのですが、ここは湾になっているので波もほとんどなくシュノーケリングが楽しめます。


ハナウマ湾は入場料が必要で一人$7・50、13歳未満の子供、及びハワイ居住者は無料です。尚、火曜日は定休日です。



3 サーファーの街 ノースショア




Chad Podoski


オアフ島の北のエリアが、ノースショアと呼ばれるエリア。


この辺りはサーファーに人気のエリアで、世界中からサーファー達がビッグウェーブを求めて訪れるエリアです。サーフィンUSAにも歌われたビッグウェーブで有名なワイメアがあるのが、ここノースショアです。



ハレイワ




Ryan Ozawa


このエリアの定番観光スポット、ハレイワ・タウン。サーファーガールのカワイイ看板が見えると、サーファーたちが集う街に入ります。


意外と穴場のショッピングエリアでもあるハレイワ・タウン。Tシャツを買うのもカワイイ雑貨やアクセサリーなども、ちょっとロコっぽいファッションが楽しめるお店が多いです。


日本の観光客に人気があるのは「ハッピーハレイワのノースショア店」と「ストロング・カレント」。どちらのお店もロゴマーク入りのグッズが人気でノースショアショピングの定番です。アウトドアブランド「パタゴニア」のハワイ直営店もあります。


またハレイワはハワイのB級グルメを楽しむのにもベスト。安くて美味しいものが沢山あります。ガーリックシュリンプやココナッツシュリンプ、ハレイワの定番スイーツとなっている松本シェイブアイスなど。


鮮やかな色のシェイブ・アイスを、日差しの強いノースショアで食べるのが人気です。



joel



ドールプランテーション・ポリネシアン文化センター




Jennifer Boyer


旅行会社のオアフ島観光ツアーでお決まりのスポットがこの2つ。


ドールプランテーションは、パイナップルで有名なドールのテーマパークといった所です。


施設には3つアトラクションがあります。プランテーションガーデン、巨大迷路、パイナップル・エクスプレス、どれも有料です。


ここの目玉は何と言っても、おみやげ屋さんでしょう。メインのカントリーストアというおみやげ屋さんがかなり充実しているので、日本人観光客に人気です。ドールブランドの品物を皆さん沢山買って行かれます。


ちなみにカントリーストアだけであれば入場は無料です。


 


Daniel Ramirez


 


ポリネシアン文化センターは、ハワイに限らずポリネシアの島々の伝統文化を体験できるテーマパークです。


ポリネシアというのはハワイ、ニュージランド、イースター島に囲まれた太平洋の広い地域です。


ウクレレやフラダンスなどのハワイらしい文化を体験したい方におすすめの場所です。


このテーマパーク一番の見どころはイブニングショー。ファイヤーダンスやフラ、タヒチアンダンス、などストーリー仕立てで楽しめるショーで見応えがあります。


イブニングショーを見たい方は、ショーとディナーをセットにした送迎付きツアーを組んでいる旅行会社が多いので、それを利用するといいと思います。



4 海と山を楽しむ ウィンドワードコースト



オアフ島の東部に位置するウィンドワードコーストエリア。


この辺りは波が穏やかで海が澄んでいてキレイなビーチが多く、またコオラウ山脈がそびえていますので、緑の多い自然豊かなエリアです。


そのためこのエリアは景勝地や大自然で遊ぶスポットが多くあります。



キャプテンブルース 天国の海




yasa_


数多くのTVCMやTV番組で撮影されている場所で、幻のサンドバーが人気の「天国の海」と呼ばれている場所があります。


ここはキャプテンブルースという現地ツアー会社が行っている「天国の海ツアー」で行くことが出来る場所なんです。


なのでこのツアーに参加した人だけが見ることの出来る美しい景色です。


天国の海と言われるのは、ウィンドワードコーストエリアにあるカネオヘ湾に干潮時にのみできる、神秘的なサンドバーのことです。上記のキャプテンブルース社がこの場所を天国の海と名づけ、TVのCMの撮影などで使われるようになり話題となりました。


このツアーでは干潮時にはくるぶしほどの浅さになる海に下りて、歩いてサンドバーを楽しむことができます。


このあたりはハワイ諸島で唯一バリアリーフを形成している場所で、白い砂浜とエメラルドグリーンの海が美しい景色を作っています。カップルやハネムーナー、もちろん友達同士の旅行にも人気のスポットです。


キャプテンブルース 天国の海、詳細はHPまたは旅行会社のオプショナルツアーなどをご参照ください。


キャプテンブルース 天国の海



ヌアヌ・パリ




irene.


賑やかなホノルルからパリハイウェイを北東へ進むと、一気に大自然の中へ入ります。そのパリハイウェイの途中にある景勝地が、ヌアヌ・パリ。その昔、カメハメハ大王が戦って勝利を収めた歴史的な場所です。


 


ヌアヌ・パリからの絶景はオアフ島観光では必見。カネオヘ、カイルアといったウィンドワードコーストの街とビーチ、コオラウの絶壁、奥に太平洋まで広がる清々しい景色です。オアフ島NO1の絶景スポットとも言われている、ヌアヌ・パリ。


ノースショアやウィンドワードコーストエリアへのオプショナルツアーの途中で立ち寄ることが多いと思います。



カイルア・ビーチ、ラニカイ・ビーチ




Jun Seita


ワイキキからほど近いエリアですが、雰囲気が全く違うカイルア地区は古き良き田舎町という感じの、ローカル感が漂う町です。


最近はハワイで人気のオーガニックマーケットが出来たり、パンケーキや雑貨屋などなど、グルメやショッピングに最適のおしゃれなタウンとして人気が出てきています。


このカイルア地区にある2つのビーチがカイルア・ビーチとラニカイ・ビーチ。


カイルア・ビーチは全米ベストビーチに何度もランクインするほどきれいなビーチ。このエリアは常に貿易風が吹いているのでウィンドサーフィンやカイトサーフィンが人気。カヤックやパラセイリングなども楽しめます。


おとなりのラニカイ・ビーチもカイルア同様、全米ベストビーチに選ばれています。白い砂浜とブルーの海の美しいビーチ。ビーチパークとして整備されているカイルアと違って、こちらはトイレやシャワーもないほぼ隠れ家的なビーチです。


カイルアビーチから徒歩15分ほどなので、カイルアで遊び、散歩がてらラニカイを見に行くのがいいと思います。



James Sullivan



クアロア牧場




Daniel Ramirez


東京ドーム450個分の広さを持つクアロア牧場。敷地内には緑豊かな山と渓谷、ビーチがあり、乗馬や4輪バギー、ジープ、クルーズなど様々なアクテビティが楽しめるスポットです。


「ジュラシックパーク」や「ゴジラ」の映画のロケ地としても知られています。まさに恐竜たちが出てきそうな大自然を満喫できる「映画村バスツアー」もあります。様々なツアーが用意されているので目的に合わせて楽しめます。



5 戦争と歴史を学ぶ・パールハーバー&アリゾナメモリアル




Christopher Chan


ホノルル空港からほど近いオアフ島中央部の定番スポットは、アメリカにとっても、日本にとっても忘れられない場所、パールハーバーです。


ハワイの中でもひときわ重みのある歴史的な場所。


太平洋戦争が始まった場所としてあまりにも有名、映画「パール・ハーバー」の舞台です。日本の攻撃によってたった9分で沈んでしまった戦艦アリゾナは、今もこの海に沈んでいます。


沈んだ戦艦アリゾナの上に立つアリゾナ・メモリアルには、戦争で命を落とした兵士たちの名前が刻まれた慰霊碑があります。実際に沈んでいるアリゾナの先端部分、もうすっかり錆びてしまっているのですが、しっかり見える形で残っています。


明るいイメージのハワイですが、このパールハーバーはやはり厳粛な気持ちになる日本人は多いと思います。


この近くには第二次世界大戦や湾岸戦争などで使用された、戦艦ミズーリも展示されています。


 


ここで上映される第二次世界大戦の映像などは、アメリカ側の視点で描かれているので、日本人として色々意見の分かれる場所ではあるのです。訪れたことのある方の中には、もう二度と行きたくないと思う人もいれば、とても勉強になったという人もいます。結局ここでどう感じるかは行ってみないとわからないというところでしょうか。


なので色々意見はあるかもしれませんが、一度は訪れておきたい場所として人気はあるので、今回定番スポットに選びました。


歴史に興味のある方にはおすすめのスポットです。



6 静かなビーチリゾート リーワードコースト コ・オリナリゾート&マリーナ




Andy Castro


ワイキキから48km、海岸線が美しいことで有名なエリアがリーワードコースト。このエリアの定番スポットはコ・オリナリゾート&マリーナ(以下コオリナ)です。


ワイキキの喧騒が苦手な方、静かなハワイを求めている方にはこの地区の宿泊がおすすめ。ハネムーナーやカップルに人気のリゾートです。



skyseeker


ハワイで結婚式を挙げたい人に人気の、海が見えるチャペルが数多くあるコオリナ。この地区のチャペルはどれも人気で素敵なチャペルばかりです。代表的なのが、ダイアモンドをイメージして作られた教会、コオリナ地区で人気NO1の「コオリナ・チャペル・オブ・ジョイ」、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが式を挙られてテレビ放映もされ話題となった白亜の教会「パラダイスコーブクリスタルチャペル」などなど。海外挙式でもダントツ人気のハワイ、そのなかでもコオリナは教会の激戦区といったところですね。



Steve Miller


コオリナはゴルファーにも人気です。


LPGA女子ゴルフの試合が行われるのが、この地区のコオリナ・ゴルフクラブです。女子プロゴルファーの宮里藍さんがここで優勝をしたこともあって、ゴルフ好きの方には有名なハワイの定番コースです。オアフ島NO1ゴルフコースにも選ばれているほど人気のコースで一度はここでプレイをしてみたいゴルファーの方は多いのではないでしょうか。


 


 


そして今コオリナで最も注目されている場所が、アウラニ・ディズニーリゾートアンドスパ。2011年にオープンした比較的新しいホテルで、その当時ハワイにディズニーが出来るとかなり話題になりました。


ディズニーランドでもお馴染みのキャラクターブレックファーストが楽しめるレストランや、ディズニーキャラクターが登場するプールパーティーなど、ここならではのショーが楽しめます。ここではやはりリロ&スティッチが大人気のようです。


宿泊者はインクルーシブプラン(宿泊料金に施設内サービスが利用できる料金も含まれているもののこと)で色々なアクテビティを体験できます。キッズクラブやチャイルド向けサービスも充実しているので、初めての家族旅行にもおすすめです。



Peter Lee



7 クルージングの定番 スター・オブ・ホノルル 




Daniel Ramirez


オアフ島最後の定番スポットは海上。ハワイではクルーズにのって広大な太平洋と景色を楽しむのも魅力です。


初めてハワイの方に、ぜひおすすめしたい定番中の定番のクルージングが、サンセットディナークルーズの「スターオブホノルル」です。


ワイキキの海に沈む美しい夕日を見ながらクルージング、そしておいしい食事、食事をしながらのワイキキの夜景など、最高に優雅なひとときを過ごせます。


スターオブホノルルは、ホノルル市内ダウンタウンエリアのアロハタワーから出港。


料金は、料理と席のグレードにより4タイプに分かれてます。パシフィックスター、1スター、3スター、5スター(2と4はなぜか無い。)の4つ。


パシフィックはビュッフェタイプの食事、テーブルサービスは1スターがスタンダード、3スターが料理グレードアップ、5スターは料理も席もグレード最高となっています。


 


5スターは色々条件があって、まず男性のドレスコードがあります。スラックス&ジャケット要着用のこと。短パン、半ズボンダメです。開襟のアロハシャツはOKなので、現地で買ったアロハシャツを来て参加されていたおじさまもいらっしゃいました。12歳以下のお子様は5スターの利用はできません。


5スター以外は特に指定ありませんのでカジュアルな格好で大丈夫ですが、アロハシャツやムームーを着て参加すると気分も上がっていいと思いますよ。


またカップルプランもあるので、ハネムーナーや銀婚式、金婚式などのお祝いに使われるかたもいます。


毎週金曜日にはワイキキで花火が上がるので、花火クルーズも開催されています。


詳しくはスターオブホノルルHPまた旅行会社のオプショナルツアーなどでご確認ください。


スターオブホノルル



8 ビッグアイランド ハワイ島



ここからはオアフ島を離れてみましょう。


まずビッグアイランド、ハワイ島へ。



キラウェア火山







ハワイ島の定番スポットといえば世界遺産ハワイ火山国立公園のキラウェア火山。


今なお噴火を続けている活火山として有名です。


地球を肌で感じることが出来る溶岩ウォークツアーは、ハワイ島の大人気ツアーです。


流れ出る溶岩はいつでも見られるわけではありませんが、黒くかたまった溶岩もかなり迫力あります。


キラウェアに初めて行く人はおそらくツアーで参加されると思いますが、個人で行く場合でも必ず公園内のルールは守りましょう。世界一安全な火山と言われているとはいえ、あくまでもキラウェアは活火山です。決められた指定ルートにしたがって進み、立入禁止の場所には絶対入らないのがルールです。今なお活動している火山ということを忘れず行動しましょう。



Sathish J



マウナケア山頂星空観測




Christopher Chan


ハワイ島滞在の方のみ行くことが出来る、定番観光がマウナケア山の星空観測です。


世界有数の天体観測所として有名なマウナケア山 。日本の国立天文台が設置したすばる望遠鏡もここにあります。


ハワイ最高峰の山から見る星空は格別の美しさです。だいたいサンセットかサンライズと組み合わせているツアーが多いので日の出もしくは夕日と合わせて満点の星空を楽しみましょう。


マウナケアの星空は、ハワイ島に泊まった人だけが見ることが出来る、ハワイ島の醍醐味です。



9 渓谷の島 マウイ島・ハレアカラ国立公園




Sheila Sund


ハワイ州で2番めに大きい島のマウイ。自然が多く残る島のマウイ島近郊では、冬場にザトウクジラの群れがやってくるのが人気です。ホエールウォッチングツアーもありますし、岸の展望台からもクジラが見えます。


そんなマウイ島の定番観光がハレアカラ国立公園。


ハレアカラ火山は休火山で、ここの山頂からの星空観測がマウイ観光の定番です。


山頂域までハワイ州道が続いているので、雲海広がる頂まで舗装された道を車で行くことが出来ます。オアフ島からの日帰り星空観測ツアーも催行されているので、オアフに泊まっていても見に行くことができます。


サンセットと組み合わせの日帰りツアーが多く、眼下に広がる雲海と沈む夕日、その後の頭上に広がる満点の星空、ロマンチックなひとときを過ごせます。



Ed Hunsinger



10 ガーデンアイランド カウアイ島 



大自然を満喫できる島、カウアイ島。島の至る所に手付かずの大自然が残っていて、雄大で迫力のある景色を堪能出来る島です。


カウアイ島では多くの映画が撮影されていて、映画好きにはたまらない島かもしれません。ディズニー映画のリロ&スティッチの舞台。有名な所では「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」や「アバター」などなど、他にも多くの映画がこの島で撮影されています。


そんなカウアイの定番スポットをご紹介します。 



ワイメア・キャニオン




Jeremy Piehler


カウアイ島の定番観光スポットがワイメアキャニオン。通称「太平洋のグランドキャニオン」。


ハワイの中ではここでしか見られない、グランドキャニオンさながらのところどころ土がむき出しの山が連なっていて、壮大な景色です。


展望台は全部で5つ、トレイルコースも充実していますので初心者さんからベテランさんまでトレッキングを楽しめます。



ナ・パリ・コースト




Davide Vosti


カウアイ島のおすすめの絶景スポットが秘境ナ・パリ・コースト。


私個人的には、ハワイ一の絶景スポットだと思います。残念ながらまだ見たことはありませんので、いつか行きたいと思っているあこがれの絶景スポットです。


全長25km、標高差1000mの断崖絶壁、カウアイ島ノース・ショアにある海岸線がナ・パリ・コーストです。


ジュラシックパークの撮影地にもなった場所。まさに秘境という名にふさわしい場所。


ナ・パリ・コーストからみる太平洋の景色も素敵ですが、トレッキングで海が見えるところまで行こうと思うと軽く3日はかかるそうなので、これはちょっと本格的すぎます。近くのアレン港からボートツアーがでているらしく、それに乗れば海からの壮大な景色を見ることが出来ます。


運が良ければザトウクジラやイルカ、ウミガメに遭遇することもあるようで、二度美味しいツアーです。



jim.cassady




さいごに




Allan


どうですか皆さん、賑やかな観光地ワイキキとは又違う顔のハワイがあるのも知っていただけたでしょうか。


グルメやショッピングやエステも、もちろんハワイの素敵な過ごし方ですが、今回紹介したような絶景スポットがハワイには数多くあるので、日本では見られない雄大な景色の数々をぜひその目で見て来て欲しいと思います。


今回ご紹介した多くの場所は個人でレンタカーで行くことも出来ますし、初めてのハワイ旅行であればどれも旅行会社でツアーが組まれているところばかりです。(天国の海はツアーのみとなりますが。)


時間が限られている中で多くの観光地をめぐりたいのであれば、ツアーをおすすめしますし、個人でのんびりと行きたい方はレンタカーでいくのも有りだと思います。


初めてのハワイ旅行の計画の参考にしてみてください。


 

2014年12月27日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop