現在17271個の困ったを解決できます!

2016月9月5日更新

行ってから後悔する前に!アジア圏で英語が通じる国・通じない国まとめ

49266 views

初めてアジア圏に旅行に行こうと思っています。その前に英語を勉強しようと思っているのですが、通じる国と通じない国を教えてください(大学1年生・女性)





はじめに


今や国際的な共通語となった英語。


世界中のどの国に行っても通じると思っていませんか?
実は案外そうではないのです。
でも反対に、意外な国で英語が通じることもあります。


我が国日本はどうでしょうか?


通じる所もあれば、通じない所もある、と言えば正しいでしょうか。
もっと言えば、通じる人もいれば、通じない人もいる、と言った方が正確かもしれません。

同じアジアの国々の中にも日本のような英語力の国から、日本よりも高い英語力の国、反対にそうでない国と様々存在しています。
今回はアジア圏に絞り、英語が通じる国・通じない国についてお話ししていきたいと思います。



アジア圏で英語が通じる国



William Cho




まずは英語が通じる国から。
有名なのはインド・シンガポール・フィリピン・マレーシアでしょう。
特にシンガポールは英語を公用語としています。



ただ、シングリッシュと呼ばれる独特の英語を話すので、時々わからない言い回しや単語が出てくることがあります。
旅行に使うような英会話でそう支障は出ないと思われますので安心して大丈夫だと思います。
マレーシアの人は綺麗な英語を話すなぁと感じました。
それもそのはず。
英語を母国語としない国の英語力ランキングというのがあるのですが、マレーシアは上位にランクインしているのです。
そしてインド・シンガポール・マレーシアは旧宗主国がイギリスだったため、英語を話す人は多いです。
都市部はまず通じますし、地方や田舎の方へ行くと若干微妙かもしれませんが、それでも観光地であればまず通じるでしょう。

筆者の体験談ですが、フィリピンでは市場のおばちゃんにも英語が通じ、びっくりしました。


日本に仕事で来ていると言うフィリピン人と一度話したことがあるのですが、日本語よりも英語が堪能であったことから、結局英語で話したこともあります。
また、最近ではフィリピンへの語学留学と言うのも流行り始めています。
実際に語学学校もたくさんありますし、日本人でも理解ができるスピードで話してくれるので初心者にはおススメです。


また、パキスタン・バングラデシュ・ネパールも日本人には意外かもしれませんが、英語は通じます。


そして中東諸国は割と英語が通じる地域が多いです。




アジア圏で英語がまあまあ通じる国



Christian Moser




続いてまあまあ通じる国はどこでしょうか。
韓国や中国は若い人にはよく通じる気がしました。
近年英語教育に力を入れている賜物でしょうか。

ただ、中国の場合は都市によって差が大きいので注意が必要です。
香港や上海、北京などの大都市は通じる場合が多いです。
それ以外は観光地であれば通じたような気がします。
台湾は通じる人と通じない人がいて、日本と似ています。
観光地で働いている人には通じることがおおいですが、街の店員さんなどに道を聞くと通じないことがあります。
日本からも旅行先として大人気のタイ・カンボジア・インドネシア・ベトナムはホテルや観光地であればまず通じます。



アジア圏で英語が通じにくい国





筆者の経験上と一般的に言われている国になりますが、ラオスとミャンマーは厳しい…とよく言われています。
それでも観光地や都市部であれば、若干理解でき、片言で返してくれる人もいます。
そして、そういった地域では何故か日本語が通じることがあります。不
思議だなぁとよく思ったものですが、それもそのはず。
戦前に日本が進出していた地域では日本語が通じることがあるのです。
ただこれはお年寄り限定になってしまいます。
若い人に通じるとすれば、日系の企業で働く人には通じるかもしれません。





まとめ



David Cosand




アジア圏で英語が通じる国・通じない国にフィーチャーしてお話ししてまいりましたが、いかがでしたでしょうか?


まとめると、アジアの国々でも都市部や観光地であれば比較的どこの地域でも英語は通じます。
英語が本当に全く通じない国と言うのは、このグローバル化が進んだ現代で存在するのかな?と筆者は思っています。
通じるか通じないかではなく、通じる度合いが高いか低いかです。
そして、英語圏からの観光客が多い国は割と英語が通じますが、英語圏からの観光客が少ない国は都市部や観光地でも通じる度合いは低いと思います。
そういった多くの地域でも、空港やホテルでは通じることがほとんどです。


英語のみに頼るのではなく、現地の言葉も織り交ぜながら旅行することが言葉に困らずに旅行できる秘訣だと思います。それでは良い旅を!

2016年9月5日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop