現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月13日更新

カンボジアの中心地プノンペンの絶対はずせないスポット9選

2282 views

プノンペンは、カンボジアの行政、文化、経済の中心地で、東洋のパリと謳われたフランス植民地時代の美しい街並みが残っています。


トレンサップ川沿いには、観光スポットも多数あります。


プノンペンの観光スポット9点をご紹介します。



flickr/ND Strupler



flickr/ Allie_Caulfield



◆首都の変遷



15世紀にタイから独立したポニャーヤット国王は首都をアンコールトムからプノンペンに移し、プノンペンでの首都が始まりました。


その後、首都の場所は移り変わりますが、1866年にノロドム国王によって、今のプノンペンの地に落ち着きました。


当時カンボジアはフランスの植民地となり、プノンペンの都市開発はフランスの力で行われ、道路区画が整然としていてとてもわかりやすくなっています。


1975年、ポルポトによる政策により人々は地方への移住を強要され、街は無人化、続く内紛などで次第に廃墟と化してしまいました。


しかし、1993年に新生カンボジアが誕生し、シアヌーク殿下が王位についたことで、首都プノンペンの再建が始まりました。


以来、街並みが復興され、沢山の観光客も訪れるようになり、カンボジアの政治経済の中心都市として今なお発展を続けています。




◆プノンペンの観光スポット



マーケットでお買物




photo by kfcatles


 


セントラルマーケット


プノンペンの中心的市場で、食品から生活用品、貴金属、衣料品、観光客のみやげ物まであります。


早朝7時頃から夕方5時頃まで年中無休で開いています。


ナイト・マーケット


ナイト・マーケットは毎週金・土・日曜の夜に開催されています。


多種の店と共に、食べ物の屋台が並びます。



寺院・王宮巡り



ワット・プノン



photo by shin--k


伝説によれば、流木の中で見つかった4体の仏像を祀るために、丘の上に小さな寺院を築き、多くの人が祈りを捧げる聖域となったということです。


その後、クメール王朝最後の王であるポニャー・ヤットがプノンペンに新しい王宮を建てた際に、丘をより高くし、現在のプノンペン最古の仏教寺院のひとつになりました。


王の死後は、聖域の西にある著名な仏塔に王とその一族の遺灰が納められた。


ワット・プノンは、クメール暦における新年と日本のお盆にあたる亡人節の間、カンボジアにおける祈りの中心となっています。


王宮



photo by Mark & Andrea Busse


 


1866年に建設され、1919年現在のレンガ造りのスタイルに改装されました。


現在国王と王妃が居住中で、建物の内部には入れませんが、王宮敷地内の見学は問題ありません。


贅沢な作りではありませんが、現在のカンボジアの文化に触れることができる場所です。


シルバーパゴダ



photo by shin--k


王宮のとなりにあり、王室の式典などに使用される重要な寺院です。


1892年にノロドム王が創建して、1962年にシアヌーク王が再建しました。


中でも、17世紀ごろに作られたエメラルド仏像が有名で、テンプルオブザエメラルドブッダとも呼ばれています。


等身大のゴールデンブッダ(金の仏像)も有名ですね。



博物館で歴史見学



国立博物館



photo by Richard Hopkins


 


1917~1920年にフランスによって建てられ、クメールの歴史的絵画や仏像などが展示されています。


アンコール王朝の貴重な出土品や、歴史を知る展示品も見学できます。


トゥール・スレン博物館


ポル・ポト時代の刑務所を博物館にしたものです。


カンボジアの負の歴史を知るために欠かせない訪問地です。



エンターテイメントでお楽しみ



アプサラ・アーツ・アソシエーション


土曜日の夜に定期的にアプサラ・ダンスの公演を行っています。



photo by Seyemon


 


開催や時間を確認してから行きましょう。


・影絵芝居


毎週末金&土曜日の夜の公演です。


大きな型紙で作られた背景や人物を動かす、カンビジア伝統の影絵芝居です。


こちらも、スケジュールを確認してからお出かけください。


 


近年、プノンペンも治安的によくなってきましたが、軽犯罪は多発しています。


ですので、防犯意識をしっかり持って、プノンペンに浸ってください。

2014年12月13日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop