現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月2日更新

日本とはやっぱり違う!ドイツ人の生活文化まとめ

10757 views

ドイツのライフスタイルは基本「ゆったり」な日常を過ごしています。


日曜日は原則として、街のほとんどのお店が閉まり1日中静かな日を過ごすことが出来ます。


日本とは違うドイツの生活と文化にスポットを当ててみました☆ 


 


 Filipe Garcia


 


ドイツのトリビア感覚でお楽しみください♡



ドイツの祝祭日は「復活祭」が盛大。



ドイツの「復活祭」は、クリスマスの次に重要な祝祭日でドイツ全土が連休になります。


復活祭はイエス・キリストが十字架に吊るされた3日後に復活したお祝いとなり、復活祭の前夜祭もあるほどの盛大さです。


復活祭本番である日曜日を「グッド・フライデー」と呼び、まずは「イースター(卵)」探しから始まります。



didilodo


 


ちょっとした宝探しの感じで庭やお家の至る所に、お菓子や小さいプレゼントのお楽しみが隠されています。


復活祭の日にはウサギをメインにしたコスプレやフェイスペイントなどが多く見られ、ブティックのマネキン達もウサギの耳を


付けていて街は「ウサギと卵」一色で染められます。



 Andreas Nadler


 


 日本ではお正月的なドイツの復活祭。お正月が最大の行事である日本にとっては面白い祝祭日ですね♡



ドイツの伝統ってなにがあるの?



 ドイツの伝統には、誰もがなじみのある「グリム童話」や伝統衣装の「ディアンドル」という伝統衣装があります。


「ディアンドル」とは、いつかは一度は着てみたい前掛けエプロンのワンピース形式の伝統衣装です。


伝統行事の1つに「オクトーバーフェスタ」というビール好きにはたまらない


古くから伝わるお祭りにも「ディアンドル」の衣装はよく目に止まります。


また、ドイツには「おもちゃ博物館」もあり古くからの玩具が展示されています。


木の優しい温もりが溢れるドイツのおもちゃは、どことなく懐かしい感じがします。あの「くるみ割り人形」もドイツの伝統工芸品ですね♡



ドイツを訪れる前にチェック!!最低限のマナーは知っておこう。



 ドイツと日本でのマナーはやはり違いが出てくるもの。最低限のマナーだけは知っておいて旅行に備えたいものです。


 



「チップ」



日本にはない「チップ」もドイツにおけるマナーです。タクシーやレストランなどサービスを受けた時に支払うサービス料で


タクシーは料金の5%~10%程度で、常に1ユーロと50セントは持ち歩いていた方が無難です。



Tom Raftery


 



「レディーファースト」



ドイツの紳士的な男性陣の常識「レディーファースト


お店に入る前や、エレベーターでの女性優先はドイツでは日常的なマナーです。


 



「写真撮影」



ドイツでは写真撮影について禁止区域があるので、空港でも撮影する時は守衛さんなどに伺ってからの


撮影が無難となります。



Alexandre Dulaunoy



日本とは違う‥ドイツの食文化。(ドイツの美味しい物あれこれ♡)



 ドイツでは「ジャガイモ」が食にとって重要で、女の子はジャガイモ料理を作れないとお嫁に行けない。と言われるくらい大きな存在です。


温かい料理は1日一回程度で、パンやサラダ、ハム・チーズなどの食材が食卓に並べられます。


主食は「肉」であり、ドイツのソーセージは美味しくてとても有名ですね♡


ドイツソーセージの種類はなんと1500種類があるというから驚きです。



Kate Hopkins


 


日本でもなじみのある「バウムクーヘン」は木のケーキと言う意味で、結婚式やお祝いには欠かせないお菓子です。


バウムクーヘンの年輪の精密さは職人さんの熟練した技術の高さを表しています。



Bopuc


 


バウムクーヘンはドイツのお店やスーパーで置いてある物ではなく、専門店でしか取り扱っていないため購入する際は


自前に調べておくと良いですよ☆バウムクーヘンで有名なお店は「ハイネマン」で、ドイツでは人気の専門店です。


専門店で売り出しているバウムクーヘンは、しっとりと味わいも深く最高の一品です。


本場のバウムクーヘンをぜひ堪能してください♡



ドイツの生活を覗いてみよう。



 ドイツには「自転車道」があり、自転車専用の道路で歩行者は入ることが出来ません。


自転車もかなりのスピードで走っているため、道路を渡るときなどは注意しましょう。


日本にはない交通制度ですね。



Tejvan Pettinger


 


ドイツでは、日常でも挨拶はとても重要でお店に入るときは必ず「hello!」と挨拶します。


お買い物を済ませお店を出る時も「danke!」=ありがとう!と言ってお店を出ます。何気ない事ですけど挨拶する方もされる方も


気持ちよく一日過ごせますね。



*Lie




おわりに



古くからの伝統が現在も築いてる魅力溢れる国「ドイツ」


旅行に行く前にその国の生活事情や意外と知られていない文化をリサーチして訪れるのも


また違ったドイツ旅行が楽しめます。素敵なドイツでの旅をお過ごしください☆

2014年12月2日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop