現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月14日更新

モンペリエ観光ガイド!南仏の中世を感じる街へ行こう

2760 views

モンペリエはフランス南部ラングドック地方に位置する、フランスで8番目に大きい都市


都市型観光地であると同時に大学都市としても知られるモンペリエは多くの学生がおり、アカデミックな雰囲気があります。


また、旧市街と新市街で異なる表情をもち、とても魅力あふれる街です。今回は、南仏の中世を感じる街モンペリエをご紹介します。


 


Wolfgang Staudt


 



 旧市街と新市街



旧市街はクリーム色を基調とした建物が立ち並び、細く曲がりくねった路地がたくさんあります。現在の駅や裁判所、郵便局など主な建物はすべて旧市街の造りです。新市街はアンチゴンヌという現代建築の大きな住宅や、ショッピングセンターなどがあり、生活に便利で若者が集うエリアです。


 



Trey Ratcliff


 



コメディ広場



街の中心で、もっとも賑わっている広場です。オペラ座三美神の噴水があり、周りは南仏を思わせる建物に囲まれています。歩行者スペースとしてはおそらくヨーロッパでも最大級の広さがあります。


コメディ広場から入る旧市街の細い路地はカフェやブティックが並び、また大学都市らしく、多くの学生が闊歩しています。



Joel Mann


 



オペラ座



パリのオペラ座を設計したシャルル・ガルニエの協力者であるジョセフ・マリー・カシアン・ベルナールによって設計されたモンペリエのオペラ座です。コメディ広場の中でもひときわ存在感のあるとても美しい建物です。


 


Pedro Szekely


 



凱旋門



モンペリエの凱旋門は、パリの凱旋門と比べると、可愛らしい印象を受けると思います。高さ15メートル、幅18メートルと小ぶりで、モンペリエの街に溶け込んでいます。クリーム色の明るい色や装飾が特徴的で美しい凱旋門です。


モンペリエノ凱旋門の歴史は古く、17世紀に建造され、ルイ王朝を称えたものです。


 


Ana Rey



モンペリエ大学(医学部校舎)



モンペリエ大学はフランスの大学の中でも屈指の歴史ある大学です。中でも医学部はヨーロッパ最古とされています。作家のフランソワ・ラブレーや、預言で有名なノストラダムスもこの医学部に在籍していました。


 


Jori Avlis


 



サン・クレマン水道橋



18世紀に造られた水道橋で、高さ22メートル、長さ900メートルの大きさです。サン・クレマンの井戸からモンペリエの街に飲み水を送るために建設されました。八角形の給水塔もあり、水道橋で運ばれた水の貯水の為に造られました。


現在ではモンペリエの郊外が見渡せる市民の憩いの場となっています。



Bruno Monginoux


 



ファーブル美術館



古い邸宅を改装して造られた美術館です。フランスのみならずヨーロッパ各地から集められた膨大な数の絵画、彫刻、陶磁器などが展示されています。前期印象派の画家バジール、20世紀初期の画家デュフィなど、フランス近代絵画の遍歴をたどる作品があります。


印象派のマネ、ドラクロワ、ドガ、セザンヌ、シスレーなどの作品も展示されています。


 



市内の交通



モンペリエの街はさほど大きくなく、主な見所は徒歩で移動できます。また観光名所を効率よく回るなら、プチ・トランという観光用の小さな列車も走っているのでおすすめです。またトラムが4本走っており、歩き疲れたら利用してみても。


4本それぞれ外装が異なり、カラフルで柄も個性的でとてもユニークです。


 


Chez Julius Livre 1


 




建物?それとも絵?



一見普通の建物に見えますが、実は「だまし絵」です。建物の一面がすべて描かれたもので、窓にたたずむ住民や、ガラスに反映している教会、そして建物を撮影しているカメラマンなど、細部までとても詳細に描かれています。


 


Kaisaje


 


いかがでしょうか。やさしいクリーム色の建物が立ち並び、明るく美しい風景と真っ青な空が印象的で、地中海性気候で温暖な南仏特有のあたたかさと親しみのあるモンペリエ。パリとは違った、南仏地方ならではの魅力がたくさんあります。是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

2014年12月14日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop