現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月2日更新

メープル街道で感じる秋。カナダの紅葉の楽しみ方について

98 views

カナダと言えば、国旗にも象徴されるようにメープル(楓)がシンボルツリー。そして、カナダに観光、というと秋の紅葉を思い浮かべられる方も多いのではないでしょうか?


さて、そんなカナダには「メープル街道」という街道があります。地域的には、広大なカナダの東側の地区、ナイアガラからケベックまでのおよそ800kmを指すものになります。



Billy Wilson


 


それでは早速、そんなメープル街道の紅葉が見られる時期が早い順に紅葉の見所をまとめてみました。


 



ローレンシャン高原(モン・トランブラン)




He Zhu


 


モン・トランブランとはフランス語で震える山という意味。紅葉まっさかりの時期にはあまりの絶景に身体が震えてしまうかも。オタワとモントリオールの間に位置するのですが、やや北にあり高度が高いので紅葉が訪れる時期がだいたい9月の終わりと一番早くなります。


山頂に行くにはゴンドラにに乗る必要がありますが、そこからの眺めは抜群!街全体がテーマパークの要な美しくて可愛い観光地です。


 



ケベックシティ&モントリオール




AILAFM



Djof


 


両都市ひっくるめて、日本人には「フレンチカナダ」という名称でおなじみでしょうか。カナダの中でもフランス語が話される地域で、カナダの他の地域から移動してくると同じカナダなのにまた別の国に移動したような印象を持たれる方も多いようです。


また北米のパリ、と称されるモントリオールは先に述べたモン・トランブランへの窓口ともなっている町でケベック州の中では英語話者も多くモダンな町です。モントリオールからケベックは列車で3時間の距離。ケベックの方が東側にあり、北米唯一の城郭都市であり、世界遺産にも登録された歴史を感じさせる町になります。


石畳の道路や町を行く馬車など、紅葉だけでなくてもとっても画になる町並みに映える、色とりどりの紅葉が本当に綺麗!可愛いお土産物屋さんなども充実しているので、お買い物に紅葉見物に一粒で二度美味しい旅になること間違いなしです。


 



ナイアガラ




公式サイトより http://www.niagarajapan.com/naturally-beautiful/


 


ナイアガラと言えば霧の乙女号(船に乗り滝壺に近づくアクティビティ)に代表されるように夏がハイシーズンであり、あまり秋に訪れるイメージがないかもしれません。


ですがメープル街道のなかでも最南に位置するこちらの観光地は秋になっても見所がたくさん。滝を背景の紅葉は見事ですし、近くにはカジノ、子どもたちも喜ぶテーマーパーク風のお店もたくさんです。また北米でも有数の観光地であることから高級ホテルもたくさん。



James Wheeler


 


また、ナイアガラはカナダ最大の都市トロントから、バスで2時間程度ととてもアクセスがよいのも魅力。トロントの市街地でも公園や街路樹に楓の木がたくさん使用されているため赤や黄色の紅葉を見ながら町歩きが出来ます。トロントとセットで訪れると両場所の特徴が楽しめてよいですね。


 




まとめ



一言でメープル街道といってもカナダは広大な国であり見所はたくさんです。紅葉だけではなく、周辺の都市の特徴を知った上で組み合わせを楽しむのもおすすめですよ〜!

2014年12月2日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop