現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月31日更新

オーストラリアのシドニーの天気・気温について

83 views

オーストラリア旅行を満喫したければ、まずは天候を調べてましょう!



 オーストラリアの気候は日本と真反対です。大きく別けて5つの気候がオーストラリアにはあります。シドニーを含め南のエリアは温帯性気候で、ブリスベンやゴールドコーストのエリアは亜熱帯性気候で、エアーズロックのエリアは砂漠性気候、ケアンズは亜熱帯性気候と熱帯雨林気候の境目で、そしてダーウィンは熱帯雨林気候に位置します。では、どのような四季があるか、何を準備しなくてはいけないか、詳しくお話ししましょう。



シドニーの四季のお話




Abdulrahman Bin Mohammed Alzahim


 


 


 春は9月から11月、夏は12月から2月、秋は3月から5月、冬は6月から8月になります。夏は最高で26℃前後で、冬は最高でも16℃、最低で8℃です。オールシーズンで10℃ほどしか違いません。秋から冬にかけて雨が多く、降水量は3月が特に多いようです。しかし、毎日雨が降るという事はないようです。


気をつけたいのは、年中、クールチェンジといって、曇って来たら一気に−4、5℃に下がったり、雷雨の際は−10℃になる時もあるようです。ではどのような気候の対策をすればいいか、詳しくお話しましょう。



観光ベストシーズンは?




Carlos Silvestre










シドニー旅行に必要な持ち物は?



 






 


 シドニーは紫外線が日本の3倍です。まずは日焼け止めが必要になってきます。空港に降りたところから使用した方がいいので、日本から持参がベストです。その他にサングラス、帽子など、日差しを遮るものが必要になってきます。サングラスは現地でも購入出来るので心配は入りません。ショッピングモールなどで手に入りますよ。もし日焼けしたくなければ日傘を持参したら良いですね。


現地ではデパートでしか売っていないので、日本から持って来た方が良いそうです。晴れ、雨兼用のものがベストです。紫外線が強く、空気が乾燥しているので、目薬飴また薬用リップを準備して行くのもお忘れなく!夏の後半では羽織ものを持って外出する事をおすすめし、いつでもシドニーでは1日の気温差が激しいので夜まで外出する際は持っておいた方がいいですよ。


 


 オーストラリアのシドニーは、観光地の中でも治安がよく、景色もいい素敵な観光地です。気をつけたいのは気候に適した持ち物を準備する事です。もし違うエリアの観光もある際は、行くエリアの気候もチェックして行く事をオススメします。冒頭に書いた様に地域によって全然違う気候だからです。楽しい旅行をする為に事前に観光しに行くエリアの気候や持ち物をチェックして、しかっり準備して、無理の無い楽しい旅行にしてください!


 

2014年12月31日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop