現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月16日更新

一度は訪れたい神秘的すぎるスウェーデンの世界遺産4選

72 views

北欧を代表する国、スウェーデン。古い歴史と伝統を脈々と受け継ぐ王国でありながら、自然を身近に感じられるライフスタイルや、スタイリッシュなインテリアなどは日本でもとても人気がありますね。


そんなスウェーデンには現在(2014年12月)、全部で15の世界遺産があります。北欧らしく、かつスウェーデンならではのスポットが遺産として登録されていますが、そんな中でも特にスウェーデンの神秘を感じられるような世界遺産4つをご紹介します。


 


 


 



ラポニア地域(複合遺産)



  


画像出典元:https://www.flickr.com/


 


ラップランド地方の北部に広がる地域で、世界遺産登録地域のほとんどが国立公園か自然保護区となっています。大規模な自然が残っている一方で、先住民族のサーメ人(ラップ人)が現在もトナカイとともに伝統的な暮らしをしているというのも、文化遺産として評価された点です。1996年、世界遺産登録。


 


 



ターヌムの岩絵群(文化遺産)




画像出典元:https://www.flickr.com/


 


スウェーデン西部の町、ターヌムヘーデでは青銅器時代と鉄器時代の岩絵が多数見つかっています。岩絵には船や武器、狩猟や農作業の様子などが描かれており、スカンジナビア半島の太古の生活の身ならず、人類の歴史上重要な時代を知ることのできる例として、世界遺産に登録されました。1994年、世界遺産登録。


 


 



森の墓地(文化遺産)




画像出典元:https://www.flickr.com/


 


「人は死ぬと森へ還る」というスウェーデンの人の死生観と聖書に描かれる風景をもとに造られた、ストックホルムの共同墓地です。墓地を設計したのは近代建築家で、教会や火葬場がモダンなデザインでありながらも自然と見事に融合し、墓地全体が厳かな雰囲気に包まれています。現代建築としても高く評価されている場所です。1994年、世界遺産登録。


 


 




ヘーガ・クステンとクヴァルケン群島(自然遺産)




画像出典元:https://www.flickr.com/


 


ヘーガ・クステンはスウェーデン、クヴァルケン群島はヘルシンキにあります。この地域は、氷河期以後に氷河が溶けて土地が隆起した経過が地球上でもっともよく表れているということから、世界遺産に登録されました。氷河期以来、200m以上土地の高さが上がったところもあり、壮大な景観が広がりを見ることができます。2006年、世界遺産登録。


 


 


 


いずれの世界遺産も、スウェーデンの伝統や文化を如実に感じられるものばかりで、後世に受け継がれるべき遺産としてふさわしいスポットです。北欧の雄大な自然に囲まれつつ、その自然と調和した暮らしを現代まで実現させていることがわかります。


そしてその独特の文化と長い歴史は、人々にどこか神秘的な雰囲気を感じさせ、魅了するものがあります。スウェーデンを訪れた際には、ぜひこの神秘さを体感してみたいですね。

2014年12月16日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop