現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月5日更新

旅行前に知っておきたいベトナムの物価事情

360 views

 


ベトナムの物価


発展途上国に初めて行かれる方にとっては、「ベトナム」=「安い」というイメージがとても多いのかな、と思います。


私も行くまでは日本より安いイメージでした。


 


実際には「安いもの」と「高いもの」の差が大きいように感じています。


そんなイメージで出かけるもっと楽しめると思います。


 



通貨(VND)



ベトナムでは「USドル」ではなく、「VND」と呼ばれる通貨が使われています。


 


「ベトナムドン」という可愛い響きにひかれたのもつかの間。


数字に弱い私は買いものに苦戦。ドンを日本円に直すことに苦戦してしまいました。


 



物価は高いのか?



レートにもよりますが、だいたい日本の1/4くらいでしょうか。


お水であれば、コンビニで7000VND(25円くらい)です。スーパーや市場で購入するとぐっと抑えられます。


 


※ただ、きれいでも稀にふたが空いている(詰め替えられている)こともあるので、飲む前に必ず確認しましょう!



 



安いもの



 


お水、ビール、フルーツ、雑貨類、Tシャツ、フレッシュジュース、マッサージ、ネイル、ヘルシーな牡蠣料理などなど!!


挙げていけば、きりがありません。


ここでは、ビール(333など)、タクシー魚介類(牡蠣)にしぼって紹介します。


 



ビール



特にビールはお水並みのお値段!!


コンビニでも333が100円以下!!ビール好きにはたまらない国です。


 




 タクシー



TAXIは2時間でだいたい5000円くらいでした。


かなり遠くまで行けるので、行きたい場所が遠い人(バスが苦手な人やツアーを組まない人)にはおすすめです。


 宿泊先のホテルの人に止めて乗れば何かと安心です!


あとは、ホテルに置いてある名刺をポケットに入れれば、ばっちりです。


 


 ※TAXIなどでは0を1つ多めに支払ってしま観光客も多いとか。くれぐれメーターを読み間違えないように!!


 



 魚介類



牡蠣がとっても安かったです。


 


<例として:私の内訳>


・ビール4杯


・牡蠣焼いたもの(4ピース)を2皿


・ポテト1皿


・魚介のおかゆ1皿


・三角の揚げ物1皿


 


 


上記で、およそ3000円弱(2800円くらい)でした。牡蠣やカニはキロ単位でも売られていました。


人数が多ければキロ単位で頼むとお得です。屋台はお腹に自信のある人向け、でしょうか。


 



 


 



高いor変わらないもの、雑貨類



シルクなどの衣料品は値段が高いものもあります。


また、ホーチミンにはボディショップや輸入食品を扱うお店もありましたが、、、


ベトナムも輸入しているため、日本とあまり値段が変わらなかったです。


 


逆に雑貨類は可愛くてデザインもよいものがあります。


市場で購入すると値下げ交渉が始まり、だいたい店舗を構えているお店の半値以下で買えます。


正直なところ、市場とお店の商品の見た目は素人では違いがわかりません。より安いほうがよければ、市場で交渉を!




ツアー



 


基本的にツアーは現地で英語ガイドで頼むほうが安いようです。


※ただし、英語が得意でない人はやめておいたほうがベターです。


 


我が家の夫もまったくの英語苦手というより無理という状況なので、英語は断念し、出発前に日本語ツアーで申し込みました。(2014年9月末に旅工房で、一人あたり日本円の1万程度で頼みました。)


 


<内容はというと…>


・メコン川クルーズ


・蜂蜜工房見学(試食つき)


・エレファントフィッシュの昼食(写真参照:かなりのボリューム!皇太子様も訪れた場所らしいです)


・クチトンネルの見学


以上です。


 


すべて日本語ガイド&車移動だったので、お手軽&身軽に参加できました。


※旅工房に限ってかもしれませんが、その日がOKであれば、アレンジもしてくれますよ~。



 




ホテル



こればっかりは、安いところ、高いところとピンキリ。


3年前にスタディツアー(HISを利用)で参加した時のホテルはサイゴンホテルでした。


水シャワーまでいかないものの、太陽光でシャワーを発電しているため、やや冷たいこともしばしば。


私はあまり気にならず、そこも含めて、楽しかったです。


 


当たり前ですが、より快適な旅を求める方は高級ホテルが良いです。


寝るだけ!とこだわりのない人は安ホテルでもいいかなと思います。


 


+α


ホーチミンの中心部に近いホテルを選ぶと、徒歩圏内に写真↓の無料遊具もあり、より楽しめると思います。


よい旅になりますように☆



 

2014年12月5日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop