現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月31日更新

観光都市オーストラリアメルボルンの厳選スポット7選

113 views

メルボルンはオーストラリアの南東部ビクトリア州の州都で、ポートフィリップ湾に面したオーストラリアでシドニーに次ぐ第2の都市です。また「世界一住みやすい街」に選ばれた都市でもあります。歴史的な建物と緑あふれる公園が調和したとても美しい街です。住みやすいのはもちろん、観光地としても見所がたくさんありますので紹介したいと思います。


 



メルボルン市街地の歴史的建造物







イギリス風の建物が残る歴史ある町並みとレトロな外見のトラム走る街中はとてもおしゃれです。無料のトラムが環状になって走る市街地は、徒歩で行ける範囲にたくさんの歴史的な建物があります。フリンダース・ストリート駅は1854年に建てられたオーストラリア最初の駅で、その見事な外観はメルボルンのシンボルとなっています。他にもセントポール大聖堂を代表とする数ある教会や、ビクトリア州立図書館なども必見です。 


 



グレートオーシャンロード







これを見ないなんてもったいない!メルボルンに来たら絶対外せないスポットです。素晴らしい絶景や奇岩が楽しめる全長200km以上の海岸沿いの道路です。波や風によって削られたこの海岸線の絶景は、自然の雄大さを感じさせてくれます。一番有名なのは、12使徒と呼ばれる112個の奇岩が立ち並ぶ場所です。他にも、ロックアードゴージと呼ばれる息を呑むほど美しい入江や、ロンドンブリッジと呼ばれるアーチ状の奇岩も必見です。


ぜひこの美しい海岸線をドライブしてみたいところですが、個人で行くのはなかなか難しいので現地ツアーに参加するのが簡単でおすすめです。メルボルンから日帰りで行けますし、野生のコアラが見れる国立公園に立ち寄ってくれるツアーもあります。


 



フィリップ島のペンギンパレード







世界一小さいフェアリーペンギンのパレードで有名なメルボルンから車で約90分程のところに位置する島です。毎晩日が暮れたあとに、漁から帰ってきたペンギンが浜辺をよちよち歩く様子がとってもかわいいです。シーズンによっては、1000匹以上のペンギンの大行進になることも!ペンギンの目の保護のために写真撮影は一切禁止なので、その可愛らしい姿をしっかり目に焼き付けましょう。


こちらも個人で行くのは難しいので、日帰りツアーに参加されることをおすすめします。


 



ダンデノン丘陵・パッフィンビリー鉄道







おもちゃのような姿がかわいらしいオーストラリア最古の蒸気機関車で家族連れにおすすめです。汽車の窓の枠に座って足を出して乗るのがメルボルンっ子流で子供たちは大喜び間違いなし。大人も美しいダンデノン丘陵の風景を見ながらのんびり汽車の旅を楽しめます。


パッフィンビリーとは「煙を吹き上げるやかん」という意味だそうで、汽車から吹き出る蒸気はとても雰囲気があります。野外火気使用厳禁期間はディーゼル車の運行となるので事前の確認がおすすめです。


メルボルンシティから電車でアクセスすることができます。



王立展示館・カールトン庭園







1880年にメルボルン博覧会のために建てられた建築物で、世界遺産にも登録されています。内部見学ツアーに参加すれば、内部の美しい装飾や絵画を見ることもできます。手入れの行き届いた美しいカールトン庭園と荘厳な建物が調和してとても美しいスポットです。



 クィーンビクトリアマーケット







お土産探しならここ!1878年創業の歴史ある市場で、オーストラリアのお土産から、服、食材までいろんなものを安く売っている大型市場です。とても広いので、何時間いても飽きることはありません。




王立植物園と戦争慰霊館







メルボルン市街地の南側に広大に広がるのが王立植物園で、手入れの行き届いた園内ではさまざまな植物や野鳥を観察することができます。地元の人達に人気の憩いの場で、それぞれ思い思いの時間を過ごしています。隣には、戦没者を祀る厳粛な雰囲気の建物で、常に炎が絶やされることのないようになっています。


 


以上、オーストラリアメルボルンの厳選スポット7選でした。他にも、メルボルンは世界各国の料理が集まるグルメの街として知られていますので、カフェやレストランもぜひ楽しんでください。

2014年12月31日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop