現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月27日更新

ドバイの気温・気候・服装を知っておこう!

6627 views

 


世界一高いビル、ブルジュハリファや宇宙からも見える噴水ドバイファウンテン、世界最大の人工島パームアイランド、かの有名な7つ星ホテルバージアルアラブとぜひ訪れてみたい豪華な観光名所やたくさん存在し話題を集めるドバイ。


 


しかしドバイは中東、砂漠の国というイメージも強く服装など悩んでしまいますよね。


 


そこで今回はドバイ旅行の前に知っておくべき現地の気温と気候をご紹介いたします。


 



 



季節



一応四季はありますが、春と秋が非常に短いためほぼ夏と冬だと思ってください。夏は6~9月ごろ、冬は11~3月ごろです。また、ドバイの3~5月は、日本の初夏のように過ごしやすい時期ですよ。





想像通りの砂漠の国ですので夏は50度を超えることもありとても暑いです。また砂漠なので乾燥していると想像される方が多いかもしれませんが、実はドバイは海からの熱風が吹き付け湿度が非常に高く、なんと湿度100%という日もあります。日差しも非常に強いので、日焼け止めは忘れずに持っていきましょう。





快適に過ごすことのできる冬は、ドバイ旅行のベストシーズンです。日中は日差しがあり半袖で過ごせる暖かい~暑い気温ですが、日が沈むと羽織りものがないと肌寒く感じるかもしれません。そして、市内と砂漠での温度差が激しいので、砂漠のツアー等に出かける際は温かい服装で行きましょう。


 



気候



天気ですが基本的に晴れです。一年で一回も雨が降らない年もありますが、雨は夏の間は降らず、冬のにたまに降ることがあります。


しかし最近は一日中雨が降る日も数回あるようです。


 




服装



非常に気温が高く、夏は湿度も高いため薄着になってしまいますが、宗教的には大丈夫なのでしょうか?ドバイはイスラム圏ですが観光客も多く服装の面ではほかの国より厳しくありません。露出の多い格好の観光客もたくさんいるので安心してください。(モスクに入る際は黒い布アバヤを借りましょう)


 


実際は現地の方はあまり出歩かず日が沈んでから出るそうです。また、ドバイにはなるべく外に出なくてすむよう世界最大のドバイモールをはじめびっくりするような大きいモールがたくさんあります。


近年、日本の技術によって生まれた世界で一番長い無人鉄道であるドバイメトロもあり、様々な施設につながっているので気温を気にせず快適に移動することができるようになりました。(社内で飲食をしたり居眠りをすると、罰金がとられてしまうので気をつけてくださいね)


 


注意してほしいことがひとつあります。


ショッピングモール内もメトロ内も、施設内はどこもかしこも冷房がガンガンで非常に寒いです。寒暖差で体調を悪くしてしまわないよう、夏でもしっかり羽織るものを持っていきましょう!



(なんと、ドバイモール内にはスケートリンクすらあります)


 


 


以上、ドバイ旅行の前に知っておくべき現地の気温と気候をご紹介いたしました。


お出かけになる前に参考にしてみてくださいね。


 

2014年12月27日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop