現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月2日更新

海外旅行初心者へ!海外で必須の変圧器などの電化製品ガイド

3618 views

海外に行くにあたって、理想としては、


パスポート、ある程度のお金、クレジットカード、飛行機のチケット、最低限の着替え。


それだけを小さなバッグに入れて。


これだけあればどうにでもなる、ような気もしますが、そうはいかない物です。


今から海外に持って行って便利だった電気関係の物について書いてみたいと思います。



1.皆が海外に持参する電化製品



 



edion


まず、今の世の中ほとんどの方が持っていかれるのが


デジタルカメラ


携帯電話


でしょう。


そして、女の方だったらこれに


ドライヤー、が加わり、(海外のホテルのドライヤーは風力が弱い物が多いです。ただ、乾燥している気候なので速く自然乾燥しますが。)


家族連れの方ならデジタルビデオカメラ。お子さんならばDSをはじめとするゲーム機を持って行かれる方も多いのでは?


いずれも充電が必要な物ばかりですね。そこで日本の電化製品をそのまま海外で使うために必要な物がいくつかあります。



2.変圧器は必要なのか?




無印良品


日本と海外では電圧が違います。日本のコンセントの電圧は100Vなのですが、多くの国は220-240Vなのです。ですので本来は電圧を下げる変圧器が必要なのですが、、、まず、お手持ちの充電器をチェックしてみてください。


そこに100-240V対応、と書かれていれば自動的に変圧してくれるので変圧器は必要ありません。最近の製品の多くは100~240V対応になっている物が増えているようです。


ただ、これは実際に体験したことなのですが、DSの充電器は100-240V対応なのですが、3DSの充電器は100V対応のみでした。DSが大丈夫なのだから、とちゃんとチェックせずに旅立ちまして、乗り継ぎの海外の空港で子供に指摘されて初めて3DSの充電には変圧器が必要だと知りました。


しかし、どうしようもなく、一応空港の売店を探しましたが売っているはずもなく、子どもの機嫌は悪くなり、旅行最初から険悪なスタートとなってしまいました。結局現地のお友達が持っている3DSの充電器を借りて事なきを得たのですが、ちゃんと出発までに調べておきましょう。




3.電源プラグは絶対に必要




グリプトン


変圧器がいらない電化製品でも、アメリカ以外の国に行く場合、絶対に用意しなければならないのが電源プラグ、です。日本の電源プラグの形状はAタイプと呼ばれるもので、アメリカ、カナダやアジアの国の一部は同じAタイプです。ですが、実はこのプラグには


A,B,C,B3,BF,SE,Oタイプ


とたくさんの種類があり、国によっては同じ国の中なのに何種類か使っている国もあるのです。


お隣の国に行ったらも違うタイプだった、ということもあるので旅行前には行く国ではどのタイプかちゃんと調べてくださいね。総てのタイプがセットになった製品もありますが、使わないタイプを持っていくのも無駄ですので、これは調べて必要な物だけ持って行った方がいいと思います。


この電源プラグは割と安い値段で大型電化製品量販店の旅行用品売り場で買う事ができるのですが、ここで、ちょっと考えてみてください。


友達との二人旅だとします。


となると夜、二人とも携帯、デジカメを充電し、おまけにドライヤーが使いたくなった、とするとコンセントが5か所必要なことになります。海外のホテルではホテルにもよりますが、コンセントが1-2か所しかないこともあります。


そんな場合に備えて絶対に便利なのが3個口くらいの電源タップです。これがあれば一つのコンセントから3台充電できるので安心です。



ヤザワコーポレーション


それでは、よいご旅行を!

2014年12月2日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop