現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月27日更新

イタリア旅行に役立つ基本情報まとめ〜気候・コンセント・物価など〜

72 views

旅行はまず荷物の準備からはじまります。季節や場所によってかわってくる旅支度ですから、


必要なものを前もってチェックしておけば、旅行中はより快適な時間をすごすことができるはず!


イタリア旅行をする前に、知っておきたい役立つ情報を紹介します。


 


 


Lyza


 



イタリアの気候は?



 



春(3〜5月)



冬場の雨期が過ぎ、日中は太陽がでてあたたかく過ごしやすい天気です。


朝晩は冷え込むので、カーディガンやジャケットなどを準備しておきましょう。


 


※花粉症がひどい方は、お薬やティッシュなどを日本から持参しておくことをおすすめします。


 種類は日本のものと多少異なりますが、ミモザなどの花粉で症状を発する方がいるようです。


 ティッシュはイタリアでも販売していますが、日本製と比べて少し硬めのつくりなので、皮膚が弱い方は


 日本の柔らかいものを準備しておくとあとあと重宝します。


 



夏(6月〜8月)



5月の終わりからじわじわあらわれてくる暑さは、7・8月をピークにどんどん気温が上昇していきます


しかし日本と比べて湿度がとても低いので汗をかきにくくサラッとした気候なので日中も過ごしやすいです。


 


※直射日光をとても強く感じる方が多いので、サングラス・帽子・日焼け止めなど対策グッズがあると便利です。


 



秋(9月〜11月)



まだまだ日中は夏日が続きますが、少しずつ朝晩の冷えが感じられるようになってきます


イタリアは日本と違って雨期が秋後半〜冬に訪れるので、この時期に観光される際は必ず折りたたみ傘


持ち歩くことをおすすめします。


11月になると寒さはどんと強くなるので、薄手のコートまたは厚手のジャケット・セーター・マフラーなど


持ってきておくと朝晩の冷え込み対策はOKです。


 


※ロンバルディア州やヴェネト州などイタリア北部を旅行される方は、上記のものより少し厚めのものを


 用意しておきましょう。


 



冬(12月〜2月)



大体イタリア中心部が日本の北海道と同じくらいの緯度で、とても冷え込みますが雪は滅多に降りません


以北は特に寒さが厳しいです。厚手のコート(できれば長めのもの)・セーター・マフラー・手袋は必須です。


ブーツや帽子があるとより便利です。


 


ホッカイロが必要な方は日本から持参することをおすすめします。


 


 



イタリアのコンセント規格は?



 


Cタイプと呼ばれる先が丸くなっているものです。


携帯やカメラを充電するためにも、変換プラグは必須アイテム。家電製品店などで安く購入することができます。


また、日本で買い忘れたとしても、イタリアで取り扱っているスーパーもあるので現地購入可能です。


変圧器は実践的には必要ないことが多いです。大抵のパソコンや携帯などは変換プラグだけで使用可能です。


念のため出発前に、イタリアの電圧220Vに対応しているかどうか規格表示を確認しておきましょう。


 


 



イタリアの物価は?



 


日本と驚くほど差があるわけではないですが、観光地でのショッピング・レストランでの食事などは


基本的に高め・または同じくらい、地方へ行くほど全体的に価格帯は安くなります。


イタリア全土を通して、スーパーやカフェ・食料品・生活用品など価格設定は日本より低めなので、


気になるものがあればチェック!


 


 



あると便利なものまとめ



 



雨具



雨期にはかかせないアイテムです。



エコバック



イタリアのスーパーでは、1袋5〜10円ほどの料金が発生します。



虫除けスプレー



夏場、公園・庭園など緑の多い場所で過ごされる方にはとても便利。水の都ヴェネツィア観光には必須アイテムです。



パスポートなど書類のコピー



数日間同じ街に滞在・観光される方で、ホテルに荷物を預けられる方も多いかと思いますが、万が一のためにも


パスポートなど身分証明書のコピーをとっておき、持ち歩きましょう。



地図



イタリアの住所は「Via 〜(〜通り)」「Piazza 〜(〜広場)」などと、細かく表記されます。


もし道に迷ったとしても、行きたい場所の名前さえわかっていれば、


親切なイタリア人は"ここだよ"っと教えてくれるはずです。


 


 




さいごに



 


何か日本から持ってき忘れたとしても、イタリアの主な観光地では大抵のものは揃います。


ただし、胃薬・酔い止め・頭痛薬などの常備薬は事前に用意しておきましょう。


イタリアのお薬は日本のものと比べ、少し強めに調合されているようで効きすぎることがあるようです。


 


快適でスムーズな旅を送るためにも、荷物の準備は念入りにしておきましょう!


 

2014年12月27日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop