現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月30日更新

一度は行きたいペルー観光!既成ツアーでは味わえない旅の方法教えます!

111 views

ペルーの海外旅行と言えば全て行き先が決められたパッケージツアーが一般的。
金額も10日間前後で約40~50万円と高額です。


海外旅行が初めての方なら安心・安全が確保されているパッケージツアーは
最高ですが、決められた場所しかいけないのが難点。
それに、パッケージツアーは限られた時間内に、限られた人気観光スポットを
巡ることが殆どなので、どのパッケージツアーも似たり寄ったりになってしまいます。


 


そこで、パッケージツアーではなく、フリーの旅行を楽しみたいという方に
オススメのルートをご紹介します。


 



◆ペルーのフリー旅行



ペルーを旅行するのには、リマを中心に大きく分けて北部と南部に分かれます。
有名な「ナスカの地上絵」「マチュピチュ」「チチカカ湖」があるのは南部
北部には、インカ帝国以前の文明の遺跡(世界遺産)が沢山あり、
歴史好きにはたまらないエリアです。


 


今回は、南部をフリーで楽しむ方法ということで
「ペルー南部周遊ルート」ご紹介していきます。
南部の主要観光地や世界遺産は含まれています。


 


リマを出発 (市内観光/世界遺産巡り) で、2泊


  ↓ バス移動 (5~7時間)


イカ又はナスカ (ナスカとフマナ平原の地上絵/世界遺産巡り) で1泊


  ↓ バス移動 (6~8時間)


アレキパ (市内観光/コルカ渓谷など/世界遺産巡り)2~3泊


  ↓ 飛行機又はバス


クスコ (市内観光/郊外遺跡観光/世界遺産巡り) 2~3泊


  ↓ 専用列車


アグアカリエンテ (マチュピチュ) 1泊
  ↓ 専用列車


クスコ (空港/駅)


  ↓ 飛行機又は電車又はバス(プーノ行)


フリアカ (空港/駅)


  ↓ バス又はタクシー


プーノ (市内観光/郊外遺跡観光/チチカカ湖)2~3泊


  ↓ 飛行機


リマに戻る



Shawn Harquail


 



◆フリー旅行のデメリット



上記で立てたプランは、あくまでも効率よく巡る為のもので、
自身が訪れてみたい場所に滞在していたい期間行くのが、
あなたにとってのベストプランです。


 


しかし、フリープランで行くには幾つかのデメリットもあります。


 


まず


 


①殆どの手配を自分でしなければいけない。


パッケージツアーだと旅行会社が全て手配してくれますが、フリーの場合、
それを自分でしなければいけません。
現地の旅行代理店に依頼をするのも、全て自己判断となります。
ただ、パッケージツアーにはない面白い現地ツアーを見つけられることもありますが…


 


②予測不可能な事態にも、自分で対応しなければいけない。


南米では、よくあることですが…時間がかなりルーズです。日本のように分刻みの流れではないため
バスや電車、たまに飛行機も大幅に遅れたりします。(天候などの状況ではなく…)
なので、かなりの余裕をもって(時間と心の)計画を立てておかなければいけません。
イライラしても仕方ない…くらいの気持ちでいてください。


 


③パッケージツアーより長期旅行になってしまう。


コンパクトに計画されたパッケージツアーでも日本を出発して10日前後の日数が必要です。
上記の最短プランでも2週間程度の旅行になってしまいます。
ゆっくりと巡ろうとすれば3週間位は必要かと思います。
どうしても日数が確保出来ない方には、難しいかもしれませんね。


 



◆フリー旅行のメリット



とは言え、デメリットだけではありません。


 


①高山病になりにくい


移動時間のハードなパッケージツアーでは、クスコなどの標高の高いところに
短時間で移動すると高山病になる確率がとても高くなります。
リマから飛行機で移動して、すぐに観光などをすると大抵の方は調子が悪くなります。
しかし、徐々に高度を上げていくフリー旅行だと体が慣れていくので
高山病にかかる確率がかなり低くなります。


 


②現地ならではのツアーや料理、人との関わりに出会えます。


パッケージツアーでは、絶対出会えない面白ツアーや地元で人気のレストラン、
そして一期一会の温かい交流に出会えたりします。
これが時間に囚われることのないフリー旅行ならではの醍醐味です。


 


③旅費が安い


なんと言ってもこれです。
10日間で、40~50万円かかるパッケージツアーとは違い 2週間~1ヶ月滞在したとしても
30~40万円でおさまります。(時期によって航空券代金が異なります)


 



Suedehead


 




◆まとめ



フリー旅行のメリットとデメリットを押さえておけば、既製のパッケージツアーでは味わえない
時間を楽しむことが出来るはずです。


今は、インターネットで簡単に現地旅行代理店とアクセス出来る時代です。
ぶらり、完全フリーの旅…じゃなくても重要ポイントだけ日本で手配を済ませておくのも
いいかもしれませんね。

2014年12月30日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop