現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月2日更新

【台湾旅行】空港から市内へのアクセス情報

203 views

台湾旅行をお考えの方、計画済みの方、空港から市内へのアクセス方法はもうお調べ済みでしょうか。


ツアーやホテルからの送迎バスがあれば調べる必要はありませんが、『自由に旅したい!冒険したい!』って方のために、日本から直行便が出ている空港から市内へのアクセス方法をまとめてみました。是非、ご参考ください。



Tony Lin


 


 



【北部エリア】台北市



若者に人気のショッピングエリアや歴史に触れることの出来る博物院、また少し足をのばせば九份や淡水などの近郊の町が近い台北。台湾旅行といえば、台北に行くことを考える方も多いのではないでしょうか。


北部エリアの国際空港は『台湾桃園国際空港』と『台北松山空港』の2つになります。


 



台湾桃園国際空港から台北市内への行き方



方法はタクシーか長距離バスのいずれかになり、タクシーの場合は約1300元で、長距離バスなら100元~140元、約70分になります。また『もっと安くしたい!』って方でしたら、バスで45元、30分程の場所に国鉄桃園駅もありますので、桃園駅から台北駅までなら43元程、トータル88元で行くことも可能です。(新幹線や指定席はもっと高くなります。)


 



台北松山空港から台北市内への行き方



松山空港はすでに台北市内にある空港ですので、交通機関も充実しており、市内バスやMRT(地下鉄)文湖線『松山機場』駅から各駅へ行くことが可能です。


 


もし空港を選ぶことが出来るのであれば、交通機関が整っている松山空港が便利だと思います。



Chris


 


 



【南部エリア】高雄市



台湾第二の都市と言われ、交通等の再開発が進む高雄。グルメや観光名所など台北とはまた違った台湾を味わうことが出来る場所で、台北を十分堪能できたのでちょっと場所を変えたいって方にはおススメです。


日本から高雄まで直行便が出ていますが、台北から高雄市内まで行く方法も同時にご紹介します。


 



台北から高雄へ行く方法



方法は長距離バス、特急列車、飛行機、新幹線も開通しています。


長距離バスなら約5時間(500元~715元)、特急列車なら約5時間(845元)、飛行機なら高雄国際空港まで約1時間(1200元)、新幹線なら約90分(1490元)で到着します。


新幹線の場合、高鉄台北駅から高鉄左営駅まで行き、市内まで行く方法は台鉄新左営駅に乗り換え、高雄駅まで行くか(約10分、15元)、MRT左営駅に乗り換え、市内中心部まで行く(20~60元)のどちらかになります。


 



高雄国際空港から高雄市内へ行く方法



台湾南部エリアの玄関口で市内へは市営バス、タクシー、高雄MRT(地下鉄)で行くことが可能です。


バスなら市内までは約30分(12元)、タクシーなら約20分(約500元)、MRTなら約10~15分(35元)市内中心部に到着します。



Jirka Matousek


 


 




おまけ



日本から直行便がでている代表的な空港を南部と北部から上げましたが、そこから国内線や列車を利用すれば、花蓮や台中も意外と身近に行くことが出来ます。


 


アミ族の民族舞踊や太魯閣號で有名な東部の花蓮、また気候が安定し過ごしやすく、中部にあることから日帰りで台北や高雄、花蓮に移動しやすい台中なども魅力的です。


 




【南部エリア】花蓮へ行く方法



アミ族の民族舞踊や太魯閣號で有名な東部の花蓮。飛行機だと台北松山空港から約40分(1550元)で到着します。


台北から国鉄で行く場合は約3時間。太魯閣號などの特急列車なら、445元で、約2時間で到着しますが、チケットの入手が困難のようですので、入手できない場合は座席の取りやすい、自強號(ジキョウゴウ)という特急列車もあります。


また特急の他に急行列車の莒光號という列車もあり、340元で、約3時間半で花蓮に到着します。


花蓮駅から市街地へは徒歩30分程掛かってしまうので、駅前から出ている市内バスかタクシーを利用されると良いと思います



Brian Haberer


 


 




【中部エリア】台中へ行く方法



ノスタルジックなレンガ作りの街並みや台湾最大の湖で美しい、湖がある台中。


台湾高速鉄道で台北から台中駅へは約1時間(765元)、特急列車で台北から台中駅までは約2時間半(375元)、長距離バスなら2時間半(260元)になります。


台湾中部にあるため、日帰りで高雄や花蓮等に足を運びやすく、また気候が安定しているため、過ごしやすい街なので、ここを拠点として観光するのもいいかもしれません。



Mark Kao

2014年12月2日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop