現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月5日更新

気をつけて!バリで起こったダイビング事故について

680 views

2014年2月、バリ島で起こったダイビング事故は、皆さんの記憶にも新しいのではないでしょうか。ダイビングでも有名なバリ島、リゾート地で起こった事故。被害にあわれた方をはじめ、周りの方々に心安らかな日が来ることを願わずにはいられません。



事故の起こった場所、時間



バリ島レンボガン島サケナンというポイント。午後13時頃。天候は朝から晴天というわけではなかったのですが、穏やかな天気でした。しかし、13時頃、突然空が暗くなったと思ったら、ゲリラ豪雨のような降りかたで、雨が降ってきました。風も強く吹きました。わずか、数分の出来事でした。通常でも潮流の早いこのダイビングポイント、この時の潮流はどのくらいの早さだったんでしょうね。



Andreas Fusser



事故の起こった場所の特徴



ダイバーなら潜ったことのある方もいらっしゃると思います。マンタの見れるドリフトダイブを楽しむ所です。珊瑚礁もあり、人気のポイントです。



Angelo DeSantis



2012年の事故



2012年に、ヌサペニダのクリスタルベイで日本人1人と欧米人 1人が亡くなる事故がありました。今回の事故のあった場所の近くになります。日本人のかたは、行方不明になった次の日に、海中で発見されました。欧米人のかたはその次の日に海中で発見されました。原因究明のため、このポイントは事故後しばらくダイビング禁止となりました。




バリ島の日本人常駐ダイビングショップ



やっぱり、日本人のインストラクターが居たほうが安心できますよね。言葉の心配もないし、感覚も気遣いも同じ日本人なら、安心です。インストラクターとの出会いもダイビングを楽しむためには、大事なポイントですよね。日本人常駐のダイビングショップは、結構ありますのでお気に入りのショップを探してみてくださいね。



sarah faulwetter


海が好き、潜るの大好きという気持ち、とても素敵なことですよね。筆者は超初心者ダイバーですが、何か好きなことがあるって、とても大切なことだと思っています。でも、やっぱり自分の周りの人を悲しませることは、避けたいですよね。楽しいことと、危険は背中合わせなのかもしれません。バリ島での楽しい時間を過ごすために、今回のダイビング事故は忘れてはいけないのだと思います。あの日、有志で懸命に捜索していた、インストラクターの方々は、今もバリ島でインストラクターとして働いていらっしゃる方も居ると思います。非日常を過ごしに、旅行者は訪れるわけですから、インストラクターの方たちも笑顔で接してくれると思いますが、この事故の話を、聞いてみても良いのではないでしょうか。「忘れる」「無関心」ということが、また同じような事故を招きかねないと思うからです。そして、安全で楽しいバリ島ダイビングができたら、きっと良い思い出になりますよね。今回の事故によって、バリ島でのダイビングが安全で楽しものであることを願って。

2014年12月5日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop