現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月5日更新

大学生にこそバリ島がおすすめな5つの理由

632 views

春夏秋冬問わず、常夏だから、特に日本が寒くなると行きたくなっちゃう!人気のリゾート、バリ島!常夏、安い、安全、美味。アクティビティいっぱいで楽しいバリ島を紹介します。



1、時差が−1時間



時差が−1時間はかなり助かりますよね。飛行機で7時間という案外近い所。5日間もあったら、結構充実したプランが立てますよ。



Pohto byKenny (zoompict) Teo



2、種類豊富なアクティビティ



シュノーケリング、マリンウォーク、クルーズ、ダイビング、サーフィン、フィッシング、ラフティング、パラセイリング、バナナボート、エステ、マッサージ、民族衣装着用記念写真撮影、ゾウ乗り、乗馬、ジェットレブ(水圧で空を飛ぶ!)ジェットバイク、民族舞踊鑑賞、フォトツアー、寺院•遺跡巡り、占い、ライステラスツアーなど、ざっと探してみてもこの種類の多さ。自分だけのオリジナルプランで楽しみも倍増!



Pohto byJimmy McIntyre



3、食事



ナシゴレン、ミーゴレン、アヤムゴレン、チャプチャイなどなど、インドネシア料理は日本人の好みに合うものが多いと思います。屋台で焼いているサテは焼き鳥に似ているし、チャ•カンクンは空芯菜炒めで人気があります。その他、ナシチャンプルーも有名ですよね。インドネシア料理やバリ料理、食べてみてください。レストランからワルン、ストリートフード、色々な場所で是非どうぞ!雨期にはフルーツが美味しい時期になります。



Photo byHerman Saksono



4、幅広い宿泊施設



バリ島はとにかく、宿泊施設が多いので、5ツ星の高級ホテルに高級ヴィラからバックパッカー向けのゲストハウスまで泊まるところには困りません。ビーチ沿いにもお手頃なホテルがあったり、個人手配よりもツアーのほうが高級ホテル•ヴィラにはお得に泊まれると思います。ヴィラにはプライベートプール付きの所もあって、お手頃価格で提供している時期もあるのでチェックしてみてください。 


 


 Photo byVin Crosbie




5、買い物



DFS、ローカル市場、スーパーなど買物天国。もちろん、お土産選びにも困りません。便利なスーパーは「カルフール」です。大きなスーパーで食料品からお土産まで何でもそろいます。値札もついているので交渉の必要なしなのが楽ですね。値段交渉をして、インドネシア人とのやり取りを肌で感じたいかたは「パサール•オレオレ」という市場がおすすめ。オレオレはインドネシア語で土産という意味。その名のとおり、土産市場です。結構、ふっかけてくる商売魂ギラギラの人も居るので頑張って交渉してみましょう。筆者が個人的に好きな市場は「スカワティ市場」広い市場にお土産になりそうなものが溢れています。店に居るおばちゃんたちのパワーがすごくて熱気にぼーっとしてしまうけど、外国に来たなぁと感じるひと時です。機会があったら行ってみてくださいね。



Photo byRonald Tan


バリ島の魅力は数えきれないくらいあります。日本では体験できない思い出をいっぱい作ってくださいね。

2014年12月5日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop