現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月5日更新

日本人もおいしく食べられるインドネシア料理3選

441 views

インドネシア料理は、バリ料理、ジャワ料理、スンダ料理、マカサル料理、マナド料理、パダン料理、バタク料理のことです。日本でも有名なナシゴレンもインドネシア料理です。皆さんはインドネシア料理、何が好きですか?



◎ご飯もの



皆さんの認知度が高いナシゴレン



ナシゴレンは店によって味が違います。レストランで出しているナシゴレンは観光客用に味付けされているようです。万人うけする味です。地元の人も行くような食堂(ワルン)で食べた時、味が濃くてビックリしたのを覚えています。好みで食べ比べてください。



混ぜるご飯という意味のナシチャンプルー



ナシチャンプルーはご飯の周りに色々なおかずが乗っているプレートです。地元の人はこれを持ち帰り(ブンクス)している人が多いようです。ランチのお弁当として朝に買い求めている人も見かけます。好きなおかずを選んでブンクスできるのが良いですね。値段も安く、地元の人がよく出入りしている人気のワルンでも50円〜あります。紙に包んでくれるのですが、見た目は良くないですが、挑戦してみるのも面白いですね。



白いご飯を頼む時はナシプティと言えばOK。




Photo bySampo Sikiö



Photo byharry purnama



◎炒め物、揚げ物



ごはん(ナシプティ)に合うおかずもインドネシア料理では豊富。まずは、チャプチャイ(野菜炒め)八宝菜に似た味つけで、とても親しみのある味。チャ•カンクン(空芯菜炒め)日本でも人気の空芯菜炒め、ビールのお供にもぴったり。アヤムゴレン(鶏の唐揚げ)鶏にスバイスをつけて挙げてあります。イカンバカール(魚の炭火焼き)新鮮なシーフードを浜辺で食べられるレストランもあります。サテ(焼きとり)インドネシア料理ではピーナッツソースをかけて食べますがそれほど、甘くなくスパイスの効いた辛いソースもあるので、ビールに合うかもしれません。肉の種類は鶏(アヤム)豚(バビ)ヤギ(カンビン)魚(イカン)など色々な種類があります。忘れはいけない、ミーゴレン(焼きそば)日本の焼きそばより、少し甘めかもしれませんが、食べやすいです。



Photo byharry purnama



Photo byRonald Tan




◎スープ、サラダ等



カドカド(温サラダ)ピーナッツソースで合えたサラダ。甘いなと思ったらサンバルを加えて自分好みの味でお試しあれ。ソト•アヤム(チキンスープ)レモンとスパイスの効いた爽やかなスープ。インドネシア人に人気の一品です。


インドネシア料理で重要なのが、サンバル。色々な種類の野菜やスパイスを配合して作られており店によって味が違い、このサンバルによって店の善し悪しが決まるといっても過言ではありません。何にでもサンバルがついてくるので色々味見してください。



Photo byjun0ka


色々とインドネシア料理を上げましたが、もっとたくさんありますので、現地に行って食べてみてください。現地の人がひっきりなしに出入りしているワルンは日本人好みのおいしいワルンだと思います。衛生面に問題がなさそうなら食べてみる価値有りかもしれません。たまには、インドネシア料理で乾杯するのも良いのではないでしょうか?


 

2014年12月5日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop