現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月2日更新

幽霊が出没する!?ロンドン塔の血塗られた歴史と見どころをご紹介

18063 views

 血塗られた歴史を持つ「ロンドン塔


数々の王や貴公子、王妃と貴婦人たちが処刑されたことから黒い歴史が受け継がれている場所で有名です。


華やかなイメージがあるロンドンで1000年以上前に起きた「ロンドン塔」の歴史と見どころについてご紹介します。


 


Suzanne Gerber



ロンドン塔の歴史



ウィリアム1世がロンドンを外敵から守るため約20年かけて完成させた「ロンドン塔」


「女王の宮殿にして要塞」と呼ばれ、宮殿内には当時の武器や礼拝堂などがあります。1988年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。



Amelie DUVERNET


 


1282年から、監獄に使用されたり政治犯を幽閉したりと塔の歴史が黒い物と化していき、王や王女と身分の高い反逆者達の


処刑所となりました。そして、ロンドン塔では数多くの幽霊目撃情報が出始めたのです。


 


 Anne LANDOIS-FAVRET


 


ヘンリーの妻である「アン・ブーリン」は、ヘンリーとの間に男の子が恵まれず、反逆と姦淫の罪で残酷な拷問を受け


処刑されました。現在でも絞首刑にされたアン・ブーリンの幽霊が塔内を歩き回ると情報があります。



Lynda-Michelle 


 


エドワード5世とヨーク公リチャード」は叔父のリチャード三世により殺害され


当時12歳と10歳という若さなゆえその当時の非情さを感じます。


この幼い2人の幽霊は、真夜中に仲良く手をつないで塔内を散歩している姿をよく見かけるという目撃が数多くあります。



Snapshooter46


 


16歳の王妃でわずか9日間の王座だったという「ジェーン・グレイ」は大逆罪の罪で


ロンドン塔に幽閉された後、夫ギルフォードとともに処刑されました。


 在位わずか九日間のジェーン・グレイの異名は「九日間の女王」と呼ばれていました。



v_v_lee


 



ロンドン塔のカラス



世界最大級のワタリガラスがロンドン塔で飼育されていて


ロンドン塔のカラスはアーサー王が魔法によってカラスに変えられたことから


カラスを駆除することはアーサー王への反逆行為と言われ、ロンドン塔にいるカラスを駆除すると不吉なことが起こるとされていました。



Anne LANDOIS-FAVRET


 


ロンドン塔のカラスには専用の飼育「レイヴンマスター」がおり、現在も数羽飼育されています。



ロンドン塔の見どころ



塔内には当時の儀礼式な武器や、長い年月を経て様々な国王が使用していた宮殿の部屋が見学できます。


処刑城跡や数多くの幽閉があったとされる「タワー・グリーン」や、ロンドン塔内の防衛機能を知ることが出来ます。



Amelie DUVERNET


 


現在もイギリス王室が使用している宮殿であり、多くの観光客が見学に来ています。


「ロンドン塔」は、1625年以降は銀行や造幣所として使われていて現在は観光地として人気のスポットです。



 ロンドン塔の護衛兵「ヨーマン・ウォーダー」



14世紀以降からロンドン塔を守り続けている護衛兵がいます。


ヨーマン・ウォーダー」のガイド案内で当時の拷問情景や、ロンドン塔の歴史を内容深く知ることが出来ます。



<º))))><.·´¯`·.michelle.·´¯`·.><((((º>



世界最大のダイヤモンド「偉大なアフリカの星」



黒い歴史が数多く存在する「ロンドン塔」ですが


偉大なアフリカの星」と呼ばれる世界最大級のダイアモンドが保管されており、観光の目玉として人気の観光スポットです。



jbdodane


 


その他にもクラウン・ジュエル(the crown jewels)という英国王室の財宝が


14世紀以降ずっと守られ続け現在は展示されています。


 


Eugene Regis


 


1万2千個以上のダイアモンドが展示されている風景は、豪華で14世紀当時の王室財力に驚きです。


お土産品店には、クラウン・ジュエルをモチーフにした雑貨もあるのでぜひ足を運んでみてください。




おわりに



血塗られた歴史を持つ「ロンドン塔」


残酷で残忍な拷問が行われたことで有名ですが、その他にもまだ知ることのないロンドン塔の歴史


護衛兵のガイドにより詳しく知ることが出来ます。


華やかさと血なまぐさい黒い時代を過ごしてきたロンドン塔の歴史と見どころをぜひ堪能してください。

2014年12月2日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop