現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月30日更新

フィヨルド都市ベルゲンの見逃せない観光スポット5選

0 views

 ノルウェーの現在の首都はオスロですが、かつて1217-1299年は、このベルゲンが首都でした。ハンザ同盟都市として発展し、その当時の波止場などが世界遺産に登録されるなど、歴史ある街です。
 
 そんなベルゲンの中で、ぜひとも訪れたい観光スポットをご紹介いたします。



ブリッゲン 



Alan


 ベルゲンで絶対はずせないのがこのブリッゲン。ノルウェーを紹介するガイドブックには必ず掲載される、ハンザ同盟時代の三角屋根の木造倉庫の町並みが可愛い地域です。
 現在は世界遺産に登録されています。
 


 お土産屋さんも多く、1階はお店、2階は未使用、もしくは住居となっています。
 


 海に面した側はカラフルに塗られており、対岸からの景観も絵になりますが、実際に路地に入ると、まるで木で作られた迷路のようで、探検する気分も味わえます。
 


 木造建築ゆえの老朽化が進み、修復前の物件がいくつか残っていますが、2階に荷物を上げるための滑車など、今も使われている昔の知恵なども見る事が出来ます。


 



ハゲンダルフィヨルド



Jon Kristian Bernhardsen


 フィヨルドはノルウェー語で”陸に深く入り込んだ湾”という意味です。氷河が削り取った谷で、とても素晴らしい自然の景観を見せてくれます。
 
 このハゲンダルフィヨルドは、数あるフィヨルドの中では女性的と言われ、優しい牧歌的な美しさを持っています。山と海、そして人の暮らしの匂いのする果樹園や農地との対比は、まさに絵画。
 訪れた人々が口々に「癒される」と言う景色は、一見の価値があるでしょう。
 
 ベルゲン駅を出発地とする1周ツアーなどもあり、船に乗って沿岸の小さな集落を望むというのも楽しみ方の1つです。ツアーが催行されている時期には、ベルゲンの観光案内所で周遊券を購入する事が出来ます。



ウルリケン山 Mount Ulriken



AnneCN


 ベルゲンの街と渓谷を一望する事ができます。ケーブルカーがあり、頂上付近まで気軽に登る事ができます。頂上までの道は、ちょっとした軽めの山歩きになりますので、ハイキングがお好きな方にもお勧めできます。
 
 標高が少し高いため、夏でも肌寒い場所です。登山部分も含め、靴や服装には気をつける必要があるでしょう。夏でも羽織る物が1枚あると安心です。


 またベルゲン内には、更に手軽に行けるフロイエン山もあります。こちらもケーブルカーが利用でき、体力に自信のない方も街の展望を楽しむ事ができます。徒歩で登れる高さでもありますし、頂上にはレストランもありますので、街の観光のコースの1つとして加えても楽しめます。



魚市場



Geof Wilson


 ノルウェーサーモンなど魚介類を楽しむなら、市場に立ち寄るのもお勧めです。前述のフロイエン山に登るためのケーブルカーの出発地にも近く、観光案内所もあります。


 市場らしく活気に溢れ、地元の魚が並ぶ姿は圧巻です。試食も多く、お土産物の販売も多いため、買い物を楽しむのにも最適な場所です。


 



KODE(コーデー)*ベルゲン美術館 Bergen Art Museum



Roine Johansson


 ノルウェーの各作家をはじめ、ムンク、ピカソの作品なども所蔵する、北欧最大規模の美術館です。
 建物は4つに分かれており、それぞれ現代美術、現代アート、北欧アーティストの20世紀の作品のように、大まかに分かれています。


 建物はすべて隣接しており、徒歩で気軽にすべてをまわる事も可能となっています。


 ミュージアムショップやカフェ、レストランなども充実しており、ここだけで1日を過ごす事ができる程、充実した内容を誇っています。




まとめ



 小さな街の中に色々な要素があり、自然から歴史、美術や食までをすべて網羅する事ができます。


 ベルゲンはノルウェーの金融の中心地です。学術や観光、そして色々な技術で有名で、中でも海洋石油産業、海底技術については国際的にも中心地といわれています。
 そのため、小さいながらも都会といった印象もあり、交通網も発達しているため、観光にはとても良い地域といえるでしょう。

2014年12月30日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop