現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月5日更新

魅力いっぱい!フィジーのホームステイ&暮らし

1715 views

常夏の国、Fiji(フィジー)


今日はFijiでの暮らしとホームステイについてお伝えします。


ところで、Fiji(フィジー)にはインド人とフィジー人がいることをご存知でしょうか?


生活ぶり、性格も大幅に異なります。それぞれ、特徴を踏まえてお伝えします。



 



フィジー人



 



食事



タロイモやイモ類を主食としており、伝統的な生活を営んでいる方もいます。


まだ貧しい家庭も多く、「お腹いっぱい食べれれば満足」という家庭も。


ホームステイ先でも、日本で想像するような「バランスの良い食事」を摂ることは難しいかな、と思います。


無論、家庭により差はあると思いますが……。


郷に入ったら郷に従え、といったところでしょうか。


 


 


ビタミン不足になる人も多いので、ビタミン剤等のサプリメントを持参することをお勧めします。


忘れたときには、写真のようなフレッシュジュース屋さんに行くと肌荒れもなく、安心です。



 



商売



明るくフレンドリーなフィジー人。


その日楽しければOK!という人も多く、残念ながら商売には長けていません。


お金を「明日でいいよ~」とおまけしてしまい、つぶれてしまうお店も多いのだそうです。


 


 


私が出会ったフィジー人は、みんないつも笑顔で楽しそうに見えました。


日々をポジティブに楽しんで生きている姿をうらやましく感じます。


そのフレンドリーな明るい性格に惹かれ、フィジーに在住を決める人もいるそうです。


 



インド人



食事



基本的に3食カレーです。


日によって「魚カレー」「豆カレー」「かぼちゃカレー」など、レパートリーも豊富です。


 


 


宗教に関してですが、厳格な人もいれば、にわかな人もいます。


お肉に関しては、「It's secret!(内緒ね)」と食べている家庭もあります。


私の滞在先もそうでした。


 



商売



一般的に商売上手といわれるインド人。


フィジー人よりも商売では長けていることも多く、暮らしぶりは豊かに見えました。


 


加えて、一般的にホワイトカラーを好む傾向があります。


また、「日本での仕事は何?」と聞かれたり、「月給いくら?」とあいさつ代わりに聞かれることもしばしばです。


日本=裕福と思われている面もあるように感じます。


「日本では仕事、儲かるんだろう?」とよく聞かれました。



 



ホームステイ



私の滞在先は、インド人でした。


家族構成は、中高生の男の子2人、お父さん、お母さんです。


 


仕事は、深夜まで働く商魂のあるタクシードライバーのお父さん。


抜かりないメイクで、てきぱきと働く「ショップ店員のお母さん」です。


 


かなり裕福な暮らしぶりでした。


リビング20畳近く、いるかの脚モチーフのテーブル。


部屋、5部屋以上。(全部入っていないので、正確には不明です。)


 



 


公用語が英語なので、ホームステイ先も英会話の勉強になります。


「ここあってる?」等、英語の勉強にも付き合っていただきました。


 また、現地変わならではの食事も食べられるので、そこもホームステイの醍醐味かと思います。


 



カヴァパーティ



昔は伝統的に行っていたようですが、今は「なんとなく」行っている家庭も多いようです。


お客様が来たら、みんなで同じカップで回し飲みをしたり。


 


私の滞在先は「なんちゃってカヴァパーティ」だったので、気楽に楽しめました。


味は「舌がしびれる」という表現が一番近いです。


※体調不良になることもあるので、飲んだ後の運転や海水浴は控えましょう。


 




+α お土産&UGGブーツ



お土産



ホームステイや旅行でFiji(フィジー)を訪れるなら、お土産は欠かせません。


フィジーではチョコレートが輸入の関係で高いです。


日本のチョコレートを持参すると喜ばれることが多いです。


高いものでなく、明治やブルボン、ロッテ等、スーパーやコンビニで買えるものを数種類持っていきました。


 



UGGブーツ



日本で購入するより、かなり安いです。


私は3即買いましたが、1万5千円かからなかった気がします。


ただ注文してから3日くらいかかるので、ついたら即購入することをお勧めします。


サイズもカラーもデザインも豊富です。



 


まだまだ魅力がたくさんあるフィジー。


是非、長期休暇を利用して、出かけてみてください!


海辺で遊ぶ子どもたち、本当に可愛らしかったです。


 


 


 

2014年12月5日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop