現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月17日更新

オーロラの都イエローナイフってどんな場所?

128 views

オーロラがどうして起こるかご存知ですか?
太陽から地球に吹き付ける太陽風と呼ばれる現象があります。


 


このエネルギーに含まれる粒子が、地球の大気圏の中に入り込んだときに大気中の分子や原子との衝突によって起こる発光現象です。


 


太陽風が地球の磁場によって北極に集められる過程で大気圏に入り込むため、オーロラは北極に近い高緯度の地域で発生します。
オーロラが発生する場所はオーロラオーバルやオーロラベルトと呼ばれており、北極を中心として帯状に広がっています。


 


そのオーロラオーバルの真下にある、最もオーロラ観測に適した街、それがカナダのイエローナイフです。



1.イエローナイフの歴史




Nils Dougan


 


イエローナイフは元々北米アメリカの先住民が住んでいた土地でした。彼らは黄銅のナイフを使用して生活していたため、後からやってきた入植者達に「イエローナイフ族」と呼ばれました。


 


ヨーロッパからの入植があった後は、金鉱脈が見つかりゴールドラッシュを背景に19世紀から発展していきます。


 


現在は金山は閉じられており、新しく見つかったダイヤモンド鉱脈、そして世界中からオーロラ目当てにやって来る人々相手の観光業によって町は栄えています。


 


街中にはオフィスビルなども目立ちます。ここまで街が大きくなったのは、やはり豊かな鉱脈に恵まれたため。新しい鉱脈が見つかると、そのたびにイエローナイフは発展してきました。オーロラと鉱山、豊かな自然に恵まれ、支えられている町なのです。



2.オーロラ鑑賞率世界一!




イエローナイフは冬の間中気候が穏やかで安定しているため、オーロラ鑑賞にはもってこいの場所。
現地までいってオーロラが見れなかった、となってはがっかりですが、抜群の気象条件の下、高確率でオーロラをきちんと鑑賞できます。


 


オーロラを見る以外にも、昼間はツアー会社によっては様々なアクティビティを楽しめるようです。
冬には犬ぞり体験やスノーシューで遊ぶこともできるパックを用意している旅行会社が多いです。


 


そしてカナダ発祥のスノーモービル体験もできます。せっかく雪国に行くのですから、雪国のスポーツや暮らし方を色々と体験してみたいですね。




3.オーロラ鑑賞はオーロラビレッジで




well lucio


 


イエローナイフの中心街から車で30分ほど行ったところがオーロラ鑑賞のためのベストスポット。
先住民が使っていた移動式のテント、ティピーからオーロラを鑑賞します。


 


ティピーの中には暖炉もあり、暖をとりながらオーロラが現れるのを待つことができます。
ツアーで行けば待っている間に暖かいスープや飲み物を出してくれます。


 


オーロラが見られるのは夜中の11時~2時頃。夜中はさすがに身にしみる寒さですが、オーロラのためだと思えば逆に楽しめるかも。一生に一度オーロラが見たい、でも寒さが苦手で不安・・という人でもバックアップ体制は万全すぎるほど整っています。


 


観光化されすぎて嫌だ、という人もいるかもしれませんが、逆に旅行会社のサービスを最大限に利用もできます。本格的な防寒具もツアーで行けば借りられます。どうしてもオーロラが見たい、という憧れをぜひ実現してみてください。


 


 


世界中どこで見ても、もちろん見られるオーロラは一緒ですが、周りの環境もやはり大切。


 


どんな土地で見るかで、感じるものも違ってくるはずです。イエローナイフはグレートスレーブという北米きっての美しい湖のほとりに広がる街です。イエローナイフから見るオーロラは、グレートスレーブ湖や湖畔の森の上にかかり、神々しいまでの輝きです。

2014年12月17日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop