現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月30日更新

カップルで行きたい!ドイツのロマンチック街道の歩き方

287 views

絵本の扉が開かれる



グリム童話で有名なドイツ。きっと誰もが幼い頃に物語に触れたことでしょう。物語の中に出てくる王子様とお姫様・異国の知らない街並描かれたイラストに遠い国に憧れがきっとあったはず。今愛しい人と寄り添って扉の向こうへ行ってみませんか?



ローテンブルク




Jaeger-Meister


ローテンブルク・オプ・デア・タウバーは、城壁に囲まれた都市。その街並はまるで絵本の中に入ってしまったかのようなカラフルで愛らしいのです。中世の名残り残る街は、どこで写真をとっても絵葉書のよう。行くときは是非一泊して市内観光をゆっくり楽しめるようにしたい街です。


マルクト広場に面した市議宴会館にあるからくり時計。11時から22時までの毎正時にからくりが動きます。コレを楽しみにくる観光客も多く市内を巡りながら訪れてみませんか?






真夏でもクリスマス?!



ドイツといえばクリスマスマーケットが有名ですが、行ける季節がクリスマスシーズンとは限りません。でも『折角ドイツまで来たのだからせめて雰囲気だけでも、クリスマスを味わいたいのに』そんな二人にお薦めなのが、『一年間クリスマス』なお店。そこは真夏でもクリスマス一色信じられますか?



LenDog64


ローテンブルグのマルクト広場の近く『ケーテ ウォルファルト』このお店は1年通してクリスマス。大人気のお店は夏に行っても混雑しているほどです。ドイツの民芸でもあるくるみ割り人形やクリスマスのオーナメントなどクリスマス関連のものがそろいます。旅の記念に買ってかえり日本で旅の思い出を語りながら一緒のクリスマス過ごすこともできるのです。



シンデレラ城のモデル



白鳥城とも言われる真っ白なお城は有名なノイシュヴァンシュタイン城 があります。このお城はディズニーランドのシンデレラ城のモデルともいわれているお城で春~夏の新緑・秋の紅葉・冬の雪景色と四季折々の顔を見ることができます。






お城の麓から徒歩・バス・馬車と選択向かいます。到着するとマリエン橋へ向かいますがここからのお城がよくハガキ等にも使われるベストポジションな撮影場所です。二人で訪れた際は、お城をバックに二人寄り添った写真を撮ると旅の思い出としてきっと素敵な一枚になるでしょう。



やっぱりお楽しみは



ドイツグルメといえば、やはりソーセージにポテト・ワインにビールなどの楽しみが沢山あります。ソーセジにビールが男性の楽しみなら女子はやっぱりスイーツと雑貨でしょうか?



Boon Yew Chew


チョコレートにケーキ・パームクーヘンにアイス美味しいものがやっぱり沢山でもポイントは大きさ。日本の小ぶりのものと違ってかなり大きいものが出されるお店もあるので、前情報でチェック一つを頼んで恋人同士で仲良くシェアする食べ方がお薦め。ビールもお店によっては、日本では考えられないビアジョッキで出される場合もありますから折角の思い出の旅がお酒に飲まれないように注意してくださいね。



Christian Benseler




終わらない物語



ロマッチック街道は歴史的にも奥深い街が沢山。素敵な景色の中に溶け込んで、二人の物語を楽しむことができます。


 

2014年12月30日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop