現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月30日更新

世界三大がっかり名所コペンハーゲンの人魚姫の像

125 views

世界三大がっかり名所とは



シンガポールのマーライオン、ブリュッセルの小便小僧、そしてコペンハーゲンの人魚姫像の3つは、不名誉にも三大がっかり名所などと呼ばれています。


「がっかり」の理由は、地域のシンボルあるいは名所として扱われているにも関わらず、実物がとても小さかったり、


あまりにも簡素であるためのようです。


 


今回はそんながっかり名所のひとつである、コペンハーゲンの人魚姫像の「がっかり」具合について検証します。


 



アンデルセンの「人魚姫」



 Ed Yourdon


「醜いアヒルの子」「裸の王様」「マッチ売りの少女」。皆さんも子供の頃、1冊くらいは読んだことがあるのではないでしょうか。


デンマークを代表する作家アンデルセンの作品は、世界中で愛され続けています。


そんなアンデルセンの作品「人魚姫」に登場する主人公をモチーフに作られたコペンハーゲンの人魚姫像は、どのガイドブックを開いても必ずその写真が載っている有名な観光スポットです。


子供の身長ほどしかない小さな像にこれほどまで人が集まってくるのは、どうしてなのでしょう。


 



人魚姫の物語



 Heather Cowper


6人姉妹の人魚の末娘は、ある日船上にいた人間の王子に恋をします。


嵐で難破した船から王子を救い出した娘でしたが、人間の前に姿を現してはいけないという掟に従い、王子の前から去っていきます。しかしどうしても王子に会いたい娘は魔女の力を借り、「王子が他の娘と結婚したら海の泡になってしまう」のと引き換えに、人間の足を手に入れ王子に会いに行きます。


魔法の力によって声も失ってしまった娘は王子に自分が命を救ったことも伝えられず、王子は運命のいたずらによって他の娘と結婚の約束をしてしまうのです。


姉の人魚たちは王子を殺せば人魚に戻ることができる短剣を娘に託しますが、愛する王子を手にかけることが出来ない娘は、海の泡となって消えていくのでした。


 



人魚姫像の波乱万丈な人生 その1



 Eifion


1960年頃から、人魚姫の像は芸術テロの憂き目にあってきました。


全身を赤やピンクに塗られたり、ブラジャーとパンツを描かれたり。


1964年には頭部を切断され、新たに頭部が作り直されました。


さらに、1984年には腕を切断され(後に犯人から返却)、2003年には台座が爆破されました。


シンボルとしては比較的小型で、観光地のため多くの人々が集まる人魚姫の像は、芸術テロを行う人々の恰好の標的だったのかもしれません。


 



人魚姫像の波乱万丈な人生 その2



 Miss Copenhagen


それまで一度もデンマークを離れたことのなかった人魚姫像ですが、2010年に開催された上海万博のデンマーク館での展示が決まり、初めて国外へ持ち出されました。


しかし上海万博においても、従業員に抱きつかれたり、よじ登られたりと散々な思いをしたのです。


ちなみに当時人魚姫像が不在の本国では、像のあった場所で人魚の代わりにポーズをとった人が裸で岩の上に座ったりと、様々なデモンストレーションが行われ話題を呼んでいたようです。


 



がっかりしているのは人魚姫像の方?



 Tuan Hoang Nguyen


コペンハーゲンの人魚姫の像が世界3大がっかり名所と呼ばれる所以は、アクセスがあまりよくないこと、名所といわれているにも関わらず案内が不便であること、そして像そのものが小さく地味であることなどが挙げられます。


 


また港湾の中にあるため写真を撮ろうにも工場の煙突などが背景にしっかりと入ってしまう景色の悪さも、このような不名誉な呼称の要因であるかもしれません。


 


しかし、人魚姫の物語や、これまで彼女が被ったあらゆる災難を思い起こすと、一番がっかりしているのは人魚姫自身かもしれないですね。


 




がっかりかがっかりでないかは、あなた次第



 das_sabrinchen


いかがでしたか?


人魚姫の像は、美しいですが確かに地味で小さく、像自体にインパクトはありません。


しかし人魚姫の物語や、像が歩んできた歴史に思いを馳せると、また違う側面が見えてくるのではないでしょうか。


また人魚姫の像のあるカステレット要塞付近は雰囲気もよく、晴れた日中のお散歩にはピッタリの場所です。


是非ご自身の目で確かめてみてくださいね。


 

2014年12月30日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop