現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月17日更新

美食の都♪リヨンのお勧め観光スポット7つ

92 views

リヨンは、パリに次ぐフランス第二の都市です。


地下鉄、トラム、バスなど利便性が高い一方で、川や大きな公園など、自然もたくさんある美しい町。


パリから電車で2時間前後で訪れることができます。


 


今回はそんなリヨンの魅力あふれる観光スポットを7つ後紹介します。



Connie Ma


 


 



ローヌ川、ソーヌ川



 


リヨンには町の中心部を挟むようにして双子の川が流れています。


それが新市街を流れるローヌ川と、旧市街を流れるソーヌ川。


夕暮れ時のこの辺の景色は非常に美しく、オレンジの光が川面と町並みにとても映えます。


 



この近くのお勧めのレストラン



Le Musee(フレンチ) 2, Rue Forces, 69002 Lyon, France/ 04 78 37 71 54


ホームページ: http://www.lyonresto.com/restaurant-Lyon/restaurant-Le-Musee-Lyon/restaurant-Le-Musee-Lyon-54.html


 


 


料理、サービス、値段、雰囲気、どれも評判のいいレストランです。


 


 


 



テットドール公園



 


フランス最大の市民公園です。地図を見てもその大きさは歴然です。


テットドールとは、『金色の頭』という意味です。


ピクニックはもちろんですが、サイクリングやランニングも楽しめるほか、無料の動物園・植物園・バラ園などの施設もあり、


1日かけて充分楽しめる場所です。


 


ちなみにその動物園の近くには屋台が並んでいて、クレープやチュロス、綿菓子などの甘い匂いが立ち込めています。


また、湖の近くにはカフェもありますので、美しい景色を見ながら休憩がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。



Franek N


 


 


 



ヴューリヨン



 


ヴューとは『古い』という意味で、その名の通り、リヨンの古い情緒ある町並みが残ったエリアになります。


ユネスコ世界遺産に指定されているほどです。


このあたりは、歩くだけで充分楽しめるくらいたくさんのレストランやカフェ、お菓子屋さんが並んでいます。


 


 


 



ベルクール広場



 


リヨンはなんと、『星の王子様』の作者、サンテグジュペリの生まれ故郷なのです!


こちらの広場の片隅に、彼の銅像が立っています。


クリスマス時期のこの広場でのイルミネーションは有名で、フランス全土から観光客が訪れます。



Laiwan NG


 


また、この辺りで冬に屋台で売られているホクホクの栗もぜひ試していただきたい一品です。


 


 



ノートルダム・ド・フルヴィエール大聖堂



 


ベルクール広場に行くと自然と目にすることができる丘の上の荘厳な建物で、リヨンで最も有名な観光名所の1つです。


その高い丘からは、展望台のようにしてリヨンの町を一望できます。


クリスマスの時期には町を上げてイルミネーションが各地でショーのように盛大に行われますが、


それもこの丘から眺めることができ、見事な夜景となります。


 


そしてこの辺りはちょうどヴューリヨンの辺りになるのですが、リヨンの郷土料理のレストランもたくさんあります。


お店の前に置かれてるメニューには『LYONNAISE』(リヨネーズ)と書かれているのですぐに見つけられます。ぜひ試してみてください。


 


 



ベルナシオン



 


リヨンで1番…いえ、フランスで1番(いや、世界で1番?)おいしいと言われているチョコレート屋さんです。


せっかくリヨンに来たからには、ここは絶対はずしてはいけないお店です。


なぜならこのチョコレート屋さんは、パリにすら店舗を出しておらず、世界中でリヨンだけにしかないのです。


ケーキなどが楽しめるサロンも隣接しているので、絶対行ってみて下さい!



Yuichi Sakuraba


 


店舗情報
チョコレート「BERNACHON(ベルナシオン)」
住所:42 Cours Franklin Roosevelt 69006 Lyon
ホームページ:http://www.bernachon.com/


 


 



カニュ博物館



 


リヨンは別名、『絹の町』と言われるほど絹織産業で栄えていた町でした。


カニュ博物館は現在でも機能している工房でもあり、実際に職人さんが機械を使っているところを見学できます。


また、絹織物の歴史も説明してくれるので、服飾に興味のある方にはお勧めの場所です。


 


 




まとめ



 


フランス旅行といえばパリ、となりがちだと思いますが、


首都を離れれば離れるだけ『フランス』というものが色濃く感じられるものだと思います。


また、町のいたるところにはトリックアートなる壁絵もたくさんありますので、散歩も楽しめると思いますよ。


もし機会があれば、2~3日でもリヨンを訪れるプランを組み込んでいただき、足を伸ばしてくださいね。

2014年12月17日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop