現在17271個の困ったを解決できます!

2014月12月23日更新

ヨーロッパで人気なスポーツランキング

12921 views

 


ヨーロッパとひとくくりにいってもその数50ヵ国ほど、更に絞ってEU連合だけでも現在正式に加盟してる国は28ヵ国あります。


国が違えばそれぞれの文化や国民性もあるわけで、一概に「ヨーロッパ人」とひとくくりにできないところがあります。


それでもスポーツに国境はない、とよく言いますよね。


 


今回はヨーロッパで特に人気なスポーツをランキングでまとめてみました。



Maciek Lulko


 


 



1位 サッカー



文句なしの1位は、やはりサッカーでしょう。


ワールドカップのときはそれぞれがそれぞれの国で大盛り上がりを見せます。


連日パブでは中継が行われ、観戦目的のお客さんで店の外にまで人が溢れます。


また、ボール一つで手軽に遊べるのもあり、プレイをする人口も非常に多く天気のいい日の公園では


必ず少年たちがサッカーをしている光景が見られるほどです。


 


「見る・やる」どちらの点から言っても、サッカーは堂々の1位です。



Philipe Rouzet


 


 



2位 テニス



こちらも国は関係なしに、ヨーロッパ全体で人気のあるスポーツです。


テニスといったらグランドスラムですが、4つのグランドスラムのうち、


2つがフランスの『全仏オープン』とイギリスの『ウィンブルドン』で行われていることから、


テニスはヨーロッパが聖地といっても過言ではないのかもしれませんね。


競技人口の多さから言っても、テニスはやはり人気のようです。


 


 



3位 自転車競技



開催規模、観戦する人の圧倒的な数によって、3位は自転車競技です。


イタリアのジロ・デ・イタリア、フランスのツール・ド・フランス、スペインのブエルタ・ア・エスパーニャの三大ツールは


みなさんも耳にしたことがあると思います。


こちらの競技は前出の3ヵ国とベルギー、オランダ、ルクセンブルグなど、西ヨーロッパを中心に人気があります。


しかしテレビ放送もありますので、毎年多くの人が観戦しているようです。



Mchael Ziemann


 


 



4位 バスケットボール



世界的に見てもサッカーに次ぐ人気を誇るバスケットボール。ヨーロッパでも非常に人気があります。


本当のところ2位~4位までのスポーツのランク付けを非常に迷いましたが、観戦・プレイ・開催規模・歴史などを諸々含めて、


元々アメリカ起源のバスケットボールは4位にしました。


 


 




5位 ウィンタースポーツ



ヨーロッパで特に雪の降るスイスなどの北欧では、ウィンタースポーツが大人気です。


スキーやスノーボードはもちろんですが、それを抑えて人気なのがアイスホッケーです。


国だけで見てみれば、フィンランドやスウェーデンではサッカーに次ぐ人気です。



Jalan's Place


 


 


日本文化が社会に浸透しているフランスでは柔道・空手なども人気がありますし、


イギリスではクリケットも馴染み深いスポーツです。


みなさんがもしヨーロッパへ訪れたときに興味があれば、スポーツ観戦するのもまた楽しいかもしれませんね。


 

2014年12月23日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop