現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月1日更新

イタリアで現地の家庭料理が味わえるレストラン10選

741 views

世界を魅了し、観光客の絶えない国、イタリア。


中でも、イタリアの食文化は世界中で最も愛されている料理の1つ。


そこで、現地の家庭料理がたっぷりと味わえる、美味しいレストランを10店厳選しました。



Da Enzo Al 29



まずはイタリアの首都、ローマから。


ローマの伝統料理はバラエティ豊かで奥が深い!


そんなローマならではの家庭料理を提供してくれるのが、ここ「Da Enzo Al 29 (ダ・エンツォ・アル・ヴェンティノーヴェ)」。


テーベ川を挟んだ、夜賑やかなトラステーヴェレ地区にあります。


地元の人が、ローマの家庭料理を食するならここ、と太鼓判を押すほど。


amatricianaアマトリチャーナ(豚のほほ肉とペコリーノチーズのトマトソースパスタ)、polpette ポルペッテ(ミートボール)、tiramisù ティラミスはぜひ味わってほしい品です。


30分は並ぶ覚悟で。それでも後悔しない美味しさに大満足間違いなしです。



公式サイト


住所:via Vascellari 29


ランチ:12:30~15:00


ディナー:19:30~23:00


定休日:日曜


tel:+39/06-5812260



Osteria Alla Grande



イタリアの大都市ミラノ。


最新のトレンドを発信するこの地で、昔から変わらずミラノの家庭料理を提供するのが「Osteria Alla Grande (オステリア・アッラ・グランデ)」。


中心街から少し離れた西側のバッジョ公園近く、地元の人たちでいつも賑わっているタヴェルナ(居酒屋)という言葉がぴったりの店内。


店内はビンテージ調に装飾され、まるで70年代のミラノにいるかのよう!


キッチンはオーナーの奥さんエレナが腕をふり、パスタの生地から手作りとこだわっています。


ravioliラヴィオリ、cotoletta alla milanese コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ(ミラノ風カツレツ)、cassoeula カッソエウラ(豚肉とキャベツの煮込み)、ossobuco オッソブーコ(牛肉の脊髄のまわりの肉を煮込んだもの)は、この店の人気メニュー。


ミラノ郊外の閑静な地区で、地元の人ミラネーゼと食する家庭料理に心まで温まるひと時です。



公式サイト


住所:via delle Forze Armate 405


定休日:日・月曜


tel:+39/02-48911166



Del Fagioli



ワインと共に、今や世界的に名の知れた、トスカーナの家庭料理。


お肉がベースの伝統料理がフィレンツェ中心街でも味わえる場所、それが「Del Fagioli(デル・ファジョーリ)」です。


ランチの時間は、仕事の合間のビジネスマン、職人さんたちでいつも満席。


木の造りでできた店内はアットホームな雰囲気で、入り口にあるキッチンの小窓から出てくる料理は魅力満載。


トスカーナ料理で最もポピュラーな「bistecca alla fiorentina ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(肉厚のステーキ)」の美味しさは保証付。


その他にも、pappardelle al cinghiale パッパルデッレ・アル・チンギアーレ(猪肉ソースのパッパルデッレ=きし麺のような平らなパスタ)、ribollita リボッリータ(冬野菜、白インゲンをトスカーナのパンと一緒に煮込んだもの)はぜひ試してみてほしい一品。


トスカーナの方言が飛び交うフィレンツェならではの雰囲気、味わってみてください。



Gail


住所:Corso dei Tintori 46/r


ランチ:12:30~14:30


ディナー:19:30~22:30


定休日:土・日曜


tel:+39/055-244285



Da Mamo



イタリアの観光地の1つ、水の都ヴェネツィア。


1年中観光客で絶えない中、真のヴェネツィアーノが足蹴く通うレストランがここ、「Da Mamo(ダ・マーモ)」。


リアルト橋とサンタ・マリア・デッラ・ファーヴェ聖堂の間にある、ヴェネツィアのムード感たっぷりの落ち着いた店内。


新鮮な魚をベースにしたヴェネツィア料理が美味しく食せます。


baccala' mantecata e polenta バッカラ・マンテカータ・エ・ポレンタ(タラとポレンタの鍋焼き)やtagliolini al nero di seppia タリオリーニ・アル・ネーロ・ディ・セッピア(イカスミソースのタリオリーニ=細い平なパスタ) は定番の人気メニュー。


ヴェネツィアの中心地で味わう本場のヴェネツイアン料理、贅沢なひと時過ごしてみては。



公式サイト


 住所:Calle dei Stagner 5251


ランチ:12:15~15:00


ディナー:19:00~22:15


定休日:なし


tel:+39/04-15236583



La Campagnola Pizzeria & Trattoria



豊かなナポリの地を、肌と舌で感じられる場所「La Campagnola (カンパーニョーラ)」。


ナポリの観光スポット「考古学博物館」から地下鉄で北へ、カブール駅の近くに位置します。


店内に入った瞬間からアットホームな雰囲気に手書きのメニューと、ナポリ独特の陽気さ、温かさに包まれます。


新鮮な海の幸を使った料理は絶品ばかり。


文句なしの元祖ナポリピザはもちろんのこと、前菜からデザートまで、ナポリの香りがふんだんに詰まったメニューはこれぞナポリ料理という品ばかり。


友人の家で食事をしているような、ゆったりとリラックスできる空間です。



公式サイト


住所:via Fuori Porta San Gennaro 13/14


tel:+39/081-457663



Sa Domu Sarda



イタリア人にとっても、サルデーニャ島は1つの独立した文化として認識されています。


そんなサルデーニャの伝統料理が味わえる場所、「Sa Domu Sarda(サ・ドーム・サルダ)」。


島一番の街、カリアリ地区にあります。


山の幸を使ったサルデーニャ料理を提供してくれる、地元の人行きつけのレストランです。


ぜひ試してほしいのは、サルデーニャの土地の旨みがたっぷり詰まった、前菜盛り合わせ、サルデーニャ独特のクスクスににたパスタ la fregola ラ・フレーゴラ。


そして食事の締めには、絶品デザートtorta al limoncello トルタ・アル・リモンチェッロ (レモンのリキュール、リモンチェッロのタルト)を。


サルデーニャでしか味わえない料理の数々に、この島の素晴らしさをより一層実感できます。



tripadviser


住所:via Sassari 51


ランチ:12:30~15:30


ディナー:20:00~0:00


定休日:なし


tel:+39/070-653400



Trattoria di via Serra



エミリア・ロマーニャ州の街、ボローニャはイタリアで食文化が最も発展している街の1つ。


中でも、生粋のボローニャ家庭料理を食せるのが「Trattoria di via Serra(トラットリア・ディ・ヴィア・セッラ)」。


ボローニャ中央駅の裏手にあり、食をとことん愛するオーナーが経営する温かい雰囲気のレストラン。


新鮮な食材で作られる品々は、地元の人たちを虜にさせます。


ボローニャ料理の王道、tortellini in brodo トルテッリーニ・イン・ブロード(詰め物パスタをブイヨンスープと一緒に食す)はぜひ味わってほしい一品。


デザートのzuppa inglese ズッパ・イングレーゼ(アルケミスにつけたスポンジケーキとアングレーズソースのケーキ)も、絶品です。


食のクオリティーが高いエミリア・ロマーニャ州で、本当の家庭料理に舌鼓できる場所です。



scott feldstein


住所:via Luigi Serra 9/b


ランチ:12:00~14:00(金・土・日のみ)


ディナー:19:00~23:00


定休日:月・火曜


tel:+39/051-6312330



Taverna di Colombo



リグリア州最大の街、港町として人びとの行き来が絶えない活気ある街、ジェノヴァ。


港から中心街へ向かう入り組んだ道の1つにある、「Taverna di Colombo(タヴェルナ・ディ・コロンボ)」。


地元の家庭料理を、ムーディーな雰囲気と、センスある音楽で堪能できるレストランです。


シンプルに作られた、ジェノヴァの家庭料理の数々は美味しすぎるものばかり。


またすぐ行きたくなる気にさせる、不思議な場所です。



junichi ishito


住所:vico della Scienza 6r


オープン:12:00~23:00


定休日:日曜


tel:+39/010-4225003



l'Aratro



プーリア州の最も人気がある観光地、アルベルベッロにあるプーリア家庭料理が味わえる場所、「l'Aratro (ラーラトロ)」。


この地を愛し、食にすべての情熱を注ぐ、素敵なオーナーが笑顔で迎えてくれます。


季節ごとに変わるメニューは、プーリアの香りがいっぱい。


プーリアの定番パスタorecchiette オレッキエッテ(耳たぶに似た形のパスタ)は絶品です。


メインのお肉料理の種類、クオリティーも抜群。


アルベロベッロ特有の白い三角塔の町並み「トゥルッリ」の中で、プーリアの家庭料理を堪能してみては。



公式サイト


住所:via Monte S.Michele 25/29


定休日:月曜


tel:+39/080-4322789




Trattoria a Cascinari



シチリア島、最大の街パレルモにある、家庭料理のお店「Trattoria ai Cascinari (トラットリア・アイ・カシナーリ)」。


お腹いっぱいシチリア料理を堪能したい人には、ぴったりのお店。


訪れる地元の人たちが、これぞシチリア料理、と口を揃える納得いく美味しさ。


ぜひ味わってほしいのは、panelle パネッレ(ひよこ豆の粉のフライ)やcroche' クロッケ(シチリア風ポテトコロッケ)など、大満足の前菜盛り合わせ。


そして、常連客が必ず食する、おすすめの一品はpolpette di meranzane ポルペッテ・ディ・メランザーネ(茄子の肉詰め)、capone panato カポーネ・パナート(ホウボウのフライ)。


シチリア、パレルモの味、忘れられない経験になること間違いなしです。



Chiara Chiaramonti


 住所:via d'Ossuna43-45


ランチ:12:30~14:30


ディナー:20:00~23:00


 イタリアは、地方料理の数、バラエティ豊富で個性が強く、奥が深い、魅力的な国です。


地元の人たちと混じり、自宅に招待されたようなアットホームな雰囲気の中、食を楽しむ、なんて素敵なひと時を体験してみては。

2015年2月1日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop