現在17271個の困ったを解決できます!

2015月2月8日更新

オランダを代表する美術館「アムステルダム国立美術館」徹底ガイド

222 views

「アムステルダム国立美術館」は、オランダの首都アムステルダムにあります。


街の中心部に位置するこの美術館は、オランダの芸術と歴史を物語るすばらしい作品を


多数所蔵しています。



Jim Nix


 



歴史とつくり



1800年に創立された国立美術館は、1885年に現在の場所に移転しました。


ゴシック様式とルネサンス様式を取り込んだ、宮殿のように美しい建物は


オランダの高名な建築家ピエール・コイペルスによって設計されました。


200室を超える展示会場に、美術品や遺物が100万点以上収められており、


レンブラントやフェルメールの名画など、何百人もの美術家の作品が展示されています。


国内最高の美術品コレクションを収めた建物は、2013年4月のメインホール一般公開に


向けて、数年がかりの修復工事が行われました。


正面玄関のタイルで飾られたファザード、宮殿のような内装と吹き抜けの天井、


モザイク柄の床、ステンドグラスなども必見です。


このように、展示物だけでなく、建物自体の装飾品もすばらしいので、


ぜひご覧になってください。


 



コレクション



「アムステルダム国立美術館」のコレクションの中で、最高傑作といわれるのは


レンブラント・ファン・レインによる絵画のコレクションです。


大作「夜警」には、まるでキャンパスから跳びだしそうな警備兵の姿が描かれており、


その迫力には圧倒されることでしょう。


この、レンブラント・ファン・レインの「夜警」は、アムステルダム国立美術館改装工事


のため別棟で展示されていましたが、2013年3月、アムステルダム国立美術館本館に


戻りました。



Dennis Jarvis


ほかにも、ヨハネス・フェルメールの「牛乳を注ぐ女」は、圧倒的な静謐間が


漂っています。


「アムステルダム美術館」に収められているのは、オランダ絵画だけではありません。


8000点ものアジア美術品コレクションもあり、絵画のほかにも版画、彫刻、漆塗りの箱、


抹茶茶碗など、多彩なコレクションが取り揃えられています。


また、1000点近い西洋彫刻もあります。


オランダ室内デザインの歴史や、チュニック、懐中時計など、1万点もの


服飾品コレクションもあります。


 



アクセス



アムステルダム中央駅からトラムで10分くらいです。


スタドハウダースカーデ通りと美術館広場(ミュージアムプライン)の間にあります。


混雑を避けるならば、開館前に来館することをおすすめします。


また、公式ウェブサイトで前売り入場チケットを買っておけば、並ばずに入れます。


アムステルダム国立美術館は、有名な主だった作品を鑑賞するだけでもたっぷり半日は


かかると思います。


また、すぐ近くには「ファン・ゴッホ美術館」もあるので、ぜひそちらもご覧に


なってみてください。


 



ガイドツアーとマルチメディアツアー



アムステルダム国立美術館では、英語による各種ガイドツアーが用意されています。


また、日本語による、モバイル機器用マルチメディアツアーも利用することができます。


 




バリアフリー



アムステルダム国立美術館では、車椅子の貸し出しもあります。


館内もバリアフリーになっており、安心して観賞することができます。


 


このように、有名な作品も多数あるだけでなく、建物自体も楽しめる


「アムステルダム国立美術館」。


もしお時間があれば、ゆっくりじっくりご覧になってください。

2015年2月8日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop